【一人でできる!】自宅、屋外で行う野球のおすすめ守備練習7選

  • 2020年6月21日
  • 2021年2月22日
  • 守備

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・自宅で一人で行える、守備の練習方法が知りたい
・屋外で一人で行える、守備の練習方法が知りたい

このような疑問を解決していきます。

記事の内容

  • 自宅で一人で、行える守備トレーニング
  • 屋外で一人で、行える守備トレーニング

以上の内容をそれぞれ解説します。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します
現在も草野球でプレー中

一人で練習するのが好きな、野球人です。自身の経験とネット情報を集めて、本記事を作成しました。

自宅と屋外、一人でできる、おすすめの守備練習の方法を紹介します。小学生から社会人まで、実践できる内容となっています。

ちなみに一人で行うバッティングと、ピッチングの練習方法については、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
»【一人でできる】家、屋外でできるおすすめピッチング練習9選
»【一人でできる!】室内、屋外で行う野球のバッティング練習7選

それでは、本題に入ります。

自宅で一人で行える守備練習方法

自宅で一人で行える守備練習方法

自宅で一人で行える、練習方法を紹介します。

  • 30cmスロー
  • グローブの上でボールを、はずませる
  • 寝た状態から、天井にボールを投げる

ショボい練習と思わずに、できる練習をコツコツやることが大切ですね。

詳しくみていきます。

30cmスロー(グローブにボールを投げる)

ボールを、グローブに投げるだけです。

言葉だと分かりづらいですが、暇な時にやる、一人でボールをグローブに投げるやつです。

投球時の指先の感覚と、キャッチングの練習になります。

投げるだけでも、練習になります。しかし投げる場所を変えて、グローブの芯に投げたり、わざと土手の部分でとってみるだけで、練習になります。

当てどりの練習をしてみるのも、いいですね。

連続してできた回数を数えながら行うと、あきないかもです。

グローブの上でボールを、はずませる

ボールをグローブの上で、はずませます。投げ手は使いません。

グローブの上でボールを転がしたり、はずませたりすることによって、グラブトスやグラブさばきの練習になります。

とり方も普通にとったり、逆シングルでとったりすると、いい練習になります。

寝た状態から、天井にボールを投げる

寝た状態で天井にボールを投げて、キャッチします。

マンションなら、天井に当たると、上の階の人の迷惑になるので、注意してください。

指先の感覚と、キャッチングの技術が上がります。

投げる位置を変えたり、とり方も普通にとったり、逆シングルでとったりすると、いい練習になります。

いろいろな種類のグローブを持っている方は、なるべく小さいグローブで行うのもおすすめです。

以下のような感じで、行いましょう!!

【番外編】2人以上の場合

2人以上ならボールを転がしてもらったり、投げてもらえば、いくらでも練習できると思います。

やわらかいボールを使うのも、おすすめです。

次の屋外編も参考に、取り組んでみてください。

室内で行える、守備練習をみてきました。次に屋外で行う、練習をみていきます。

屋外で一人で行える守備練習

屋外で一人で行える守備練習

内野練習と外野練習に分けて説明していきます。

外野の守備練習

外野の練習は限られていて、かなり難しいですが、説明していきます。

キャッチングの練習

  • 自分で真上に投げて、ボールをキャッチする
  • 自分でフライを打って自分でとる

以上の二つです。

「すごい有効な練習か?」と言われると微妙ですが、フライの練習はできると思います。

キャッチングに関しては、「最低2人」ほしいですね。

スローイングの練習

スローイングは、距離をとることができるなら、ネットや壁に向かって投げることができます。

ただ投げるだけでなく、ランナーをイメージしてホームや3塁に投げる練習をしましょう。

壁があれば、壁に投げるのもおすすめです。

球速を測ってみるのも、いいかもです。

関連記事 »野球上達の確認方法

走る

ボールを使うのをやめて、フットワークの練習をするのもおすすめです。

ボールをイメージして、左右に素早く動いてみたり、前後に動きながら走るといった練習がよさそうです。

切り返しの練習なども、よさそうです。
外野練習に関しては、1番おすすめの練習方法です。

内野の守備練習

内野練習であれば、壁をみつけたいですね。

壁当ては、最強の練習です。
公園のトイレの壁で、3メートルぐらいのスペースがあれば練習できます。

ググると、壁当てのできる公園が分かります。
※近くに壁がない時の対処法も、後ほど紹介します。

壁当てのメリット

以下は、壁当てのメリットです。

  • 一人でも練習できる
  • 疲れたら休めるし、飽きたらやめれる
  • あらゆるゴロの練習ができる
  • ピッチングの練習になる
  • イップスの改善になる可能性がある
  • エラーしても誰にも怒られない

最強ですよね。

壁当てのデメリット

以下は、壁当てのデメリットです。

  • ボールを当てる壁が、なかなかみつからない
  • 一人の時、モチベーションが続かない
  • 長い距離を投げることが、できない
  • 暴投すると球を拾いにいくのが、めんどくさい

といった感じでメリット、デメリットがあります。

壁当てはおすすめで、野球を始めたばかりの人や、練習相手がいない時に行うといいですね。

おすすめの壁当て練習

あらゆるゴロを自分で作りだすことができます。

  • ショートバンド
  • ハーフバンド
  • イージーゴロ
  • 左右に振ってみる

【取り方】

  • 普通にとる
  • 逆シングル
  • 横を向いてとる
  • ランニングキャッチ

まだまだ、あるかもしれません。

【スローイング】
  • 普通に投げる
  • スナップスロー
  • ランニングスロー
  • ジャンピングスロー

下からのトスまで練習できます。

まだまだ、あるかもしれません。

壁当ては最高の練習

ここまでくると、「壁当て最強じゃね」って思いませんか?

自分の想像力次第で、無限の練習方法になります。

メジャーリーガーになったつもりで、スーパープレイの練習をするのもいいですね。

一番の効果はどんな取り方、投げ方をしても怒られたり周りの目を気にせず、練習できるとこではないでしょうか。

チームにはいっていると、
ミスをしたり変なボールを投げると、怒られたりすることってありませんか。

壁当てでこっそり練習して、
チーム練習で試したり、試合で試してみるのはおすすめです。

それでも怒られるかもしれませんが( 一一)

スローイングに自信のない人でも、プレッシャーを受けずにコツコツ練習できます。

イップスにもおすすめ

「うまくキャッチボールができない」といった時も、壁当てなら誰にも怒られずにできますね。

イップスの人は近い距離から壁に投げていく練習が、いいかなと思います。

※イップスは人それぞれで合う、合わないがあるので合わなかったら、即中止してください。

壁当てができる場所がない場合の対策

近くに「壁当て出来る場所がない」という人も多いかもしれません。

そんな時は、壁当てができる商品(ネット)を使うのがおすすめです。

自作するといった方法もありますが、強度、はね返りが弱かったりするので、結果的に壁当てネットの方がお得です。

»楽天で壁当てネットの詳細を見る
»アマゾンで壁当てネットの詳細を見る

一人時間を有効に使って野球の上達を目指そう

コロナ過の中では、一人の時間をどれだけ有効に使えるかで、野球の上達が変わってきます。

だからこそ、やれることは少ないですが、一人でコツコツ練習に取り組むことが大切です。

この機会に、日頃のトレーニングを見直してみるのもいいですね。

»もう一度トレーニングを確認する場合は、こちらから。

一人でできるピッチング、バッティング練習の方法は、以下をご覧ください。
»【一人でできる】家、屋外でできるおすすめピッチング練習9選
»【一人でできる!】室内、屋外で行う野球のバッティング練習7選

筋トレや休養、栄養補給といったことも大切になります。

【関連記事】
»野球の技術が上昇するトレーニング20選とコツを紹介