野球の世界ランキングはなぜ日本が1位なのか?wbscランキングの決め方も解説

  • 2022年1月20日
  • 2022年1月21日
  • MLB
MLB 野球の世界ランキングはなぜ日本が1位なのか?wbscランキングの決め方も解説

悩んでいる人
・野球の世界ランキングで日本が1位の理由が知りたい
・野球の世界ランキングの決め方を知りたい

このような疑問を解決します。

本記事を読めば、野球の世界ランキングで日本が1位の理由、野球の世界ランキングの決め方が分かります。

それでは、本題に入ります。

野球の世界ランキングはなぜ日本が1位なのか?WBSCランキングの決め方も解説

野球の世界ランキングはなぜ日本が1位なのか?wbscランキングの決め方も解説

野球の世界ランキングで日本が1位の理由は、U-12からメジャーリーガーが参加する大会のトータルポイントで決められるからです。

したがって、トップレベルで本当に世界1位かは、微妙なところです。

世界ランキングを決める基準を紹介しながら詳しく解説します。

WBSCランキングの決め方

WBSCの世界ランキングは、以下国際大会の過去4年間の合計ポイントで決められます。

  • WBC(ワールドベースボールクラシック)
  • ワールド・ベースボール・クラシック予選
  • WBSCプレミア12
  • WBSC U-23ワールドカップ
  • WBSC U-21ワールドカップ
  • WBSC U-18ワールドカップ
  • WBSC U-15ワールドカップ
  • WBSC U-12ワールドカップ
  • オリンピック

国際大会で獲得できるポイントは順位ごとに設定されているが、「大会の格」と「大会出場チームのランキング」によって変動します。

大会ごとに加算されるポイントが違い、最高位のWBCではU-12ワールドカップに比べると、6倍ものポイントが加算されます。

もう少し細かいので、気になる方はWBSCの公式サイトで確認してみてください。

U-12からメジャーリーガー参加の大会までトータルで計算される

加算されるポイントは違いますが、全てのカテゴリーで優勝を目指すような国に有利なランキングです。

まさに日本が当てはまります。

逆にドミニカなどはメジャーリーガーになることが全てで、育成に力を入れています。

このような国は、U-12などアンダー世代の勝敗には全くこだわっていないので、ランキングが低くなります。

しかし、WBCなどバリバリのメジャーリーガーをそろえた大会では、圧倒的な成績を残しています。

ちなみに2021年11月のランキングでドミニカは6位。

このように見ると、WBSCのランキングがトップ世代の世界1位なのかは微妙なところでしょう。

たっけー
とは言え、1位と言うことはうれしですね。

メジャーリーガー不参加の大会の成績が含まれる

また日本の場合、トップ世代であっても、メジャーリーガーが参加しない大会の成績が優秀です。

オリンピックやプレミア12などが挙げられます。

直近のランキングでは、これらの大会が日本で開催されたのも大きいです。

しかし、メジャーリーガーが参加しない大会であることも大きな要因の一つでしょう。

やはり誰もが納得するためには、WBCでの優勝が必要になります。

日本の場合各年代バランスよく強い

野球の日本代表は侍ジャパンと呼ばれ、トップチームだけでなく社会人や大学、中学生まで全てこのように呼ばれます。

日本の場合、全ての世代で世界No1を目指していますよね。

そこで、直近の国際大会の成績は以下のとおりです。

  • U-12ワールドカップ:準優勝(2019年)
  • U-15ワールドカップ:4位(2018年)
  • U-18ワールドカップ:5位(2019年)
  • U-23ワールドカップ:2021年は不参加・2018年は準優勝
  • プレミア12:優勝(2019年)
  • オリンピック優勝(2022年)

上記のとおり、日本が1位の理由は、プレミア12優勝とオリンピック優勝+育成年代での安定した成績によります。

我々日本人にとって受け入れがたい事実です。

メジャーリーガーがそろったWBCでは勝てず、参加しない大会でポイントを加算しています。

今後はオリンピックがなくなり、プレミア12にメジャーリーガーが参加するとランキングに変化があるかもしれません。

とは言え、現状ではWBCの優勝こそ本物の世界一でしょう。

【まとめ】野球の世界ランキングはなぜ日本が1位なのか?WBSCランキングの決め方も解説

野球の世界ランキングについて解説しました。

日本が1位の理由は、プレミア12優勝とオリンピック優勝+育成年代での安定した成績です。

また世界ランキングの基準は、以下の大会のトータルポイント制になります。

  • WBC(ワールドベースボールクラシック)
  • ワールド・ベースボール・クラシック予選
  • WBSCプレミア12
  • WBSC U-23ワールドカップ
  • WBSC U-21ワールドカップ
  • WBSC U-18ワールドカップ
  • WBSC U-15ワールドカップ
  • WBSC U-12ワールドカップ
  • オリンピック

トータルなので、WBSCランキングが本当の世界1位と言えるかは微妙なところです。

とは言え、1位はうれしいことですね。

今後はWBCで、もう一度世界1位に輝いてほしいですね。

それでは、本日はここまで。