都市対抗野球で活躍したレジェンド選手達

こんにちはたっけーです。

今回は都市対抗野球野球を全力で応援するために、過去の社会人野球で素晴らしい活躍をした、レジェンド選手をまとめました。

この記事を読むことによって、社会人野球がもっと面白くなること間違いなし。
初心者の方は、「今年の都市対抗野球に行ってみたい」、と思うような記事になっています。

レジェンド選手の選定にあたっては、筆者の主観で選んでいるのであしからず。

たっけー

この記事は、野球歴30年のたっけーが解説しています。

ネット情報をまとめました。

それでは、本題にに入っていきます。

社会人野球レジェンド選手とは

社会人野球レジェンド選手とは

社会人のレジェンド選手と聞くと、不思議に思うことがあります。

なぜ「プロに行けなっかたのか」ということです。

選手によっては

「行かなかった」

という言葉が当てはまるかもしれませんが。
様々な理由があると思いますが、選手の人間性にも注目です。

社会人野球のレベルは、「ノンプロ」とも呼ばれるようにプロ野球のレベルに限りなく近い。2や3軍クラスの対戦なら社会人チームが勝つなんてこともよくあります。

なぜプロ野球ではなく、社会人野球を選んだのか

「プロにいける実力がなかったから、社会人なんだよ」
という人もいますが、あえて社会人野球を選んでいる選手もいます。

なぜ社会人野球にそこまで執着したかを考えながら、
記事を読んでいただくとより興味が湧くのでは、と思っています。

今回紹介する選手たちは、おそらくプロ野球でも成功したであろう選手達です。
推測になりますが、それだけ圧倒的な成績を残した選手達です。

プロ野球と同じくらい選手の入れ替わりが激しく、
社会人野球で長年活躍するのは非常に難しいことです。

普通であれば、プロにいけず腐ってしまいそうな状況の中、もくもくと社業や野球を通して、長年、活躍する姿は感動に値します。

1発勝負の中に野球人生をかけ、活躍した選手達を紹介していきます。

西郷泰之

西郷泰之
社会人野球ドットコム

東京都出身。練馬リトルシニアから日本学園高校卒業後、三菱自動車川崎(後・三菱ふそう川崎)に入社。

1995年に初めて日本代表入りすると、日本代表チームでも中核を打って社会人野球を代表するスラッガーとなり、日本代表キャリア18を誇る。

30代に入ってもその強打は衰えることなく、2007年の第78回都市対抗野球大会では、東芝に補強されて全試合で4番を任されて3本塁打を放ち(8打点)、打撃賞を獲得した。

なお、都市対抗野球大会での個人通算ホームラン数14本は、杉山孝一(新日鐵名古屋)と並ぶ大会記録である。

2008年シーズンをもって三菱ふそう川崎が活動休止したのに伴い、当初は引退を決意していたものの、Honda・安藤強監督の熱心な誘いに折れ、Hondaへ移籍した。

成績

都市対抗野球大会では6回の優勝を経験している(三菱ふそう川崎3回(2000,03,05年)、Honda1回(2009年)、いすゞ自動車(補強)1回(2002年)、東芝(補強)1回(2007年))。

また、決勝進出6回すべてで優勝しており、優勝請負人との異名を持つ。

都市対抗において
10年間で6度の優勝経験は史上最多、上記のとおり通算14本塁打は史上最多タイ。

社会人ベストナイン受賞6回も史上最多タイと、社会人野球における数々の記録を保持しているため、2005年頃から「ミスター社会人野球」と称されるようになった。

2014年、故障等を乗り越え41歳にして都市対抗野球大会10年連続出場を達成した。

過去の成績がとにかくすごい。
都市対抗では無類の勝負強さを発揮し、数々のチームを優勝に導いた選手。

チームの休部にもめげず、移籍したHondaでも優勝するという偉業を達成。

社会人野球のみで20年以上現役を続けた、素晴らしい選手です。

杉浦正則

杉浦正則
フォト蔵

1991年に大学を卒業し、社会人、日本生命に入社。

1992年バルセロナオリンピックで日本代表に選出される。
抑えとして活躍し銅メダル獲得に貢献した。

同年の都市対抗でもリリーフとして起用されるが、熊谷組との決勝では先発し完投勝利。

7年ぶり2度目の優勝を飾り、同大会の橋戸賞に選ばれる。

1996年アトランタオリンピックでも日本代表に選出され、銀メダルを獲得。

1997年の都市対抗でも決勝に進出。
日本通運の高橋薫との投げ合いを制し優勝、2度目の橋戸賞を獲得した。
同年は社会人ベストナインにも選出されている。

たびたびプロ入りの誘いがあったが、オリンピックで日の丸を背負うことを目標として、拒み続けた。

アトランタでの銀メダル獲得後には、
日本のある球団から白紙の小切手を提示され、「社会人として6年間、会社に勤めているんだからお金の価値は分かるよね」と言われたという。

1997年の日本選手権を観戦したボビー・バレンタイン(ニューヨーク・メッツ監督)が、
杉浦のピッチングに感銘を受けて「来シーズンからメッツで投げて欲しい」とコメントしたが、杉浦は意に介さなかった。

このようなアマチュア精神を称え杉浦は「ミスターアマ野球」と呼ばれる。

オリンピック通算5勝は世界記録である。

杉浦が在籍していた10年間、日本生命は都市対抗野球大会に連続出場を果たし、このうち2回優勝している。

結果も凄いですが、プロを拒否してまで社会人野球にこだわる姿勢は、凄まじい執念です。
それだけ社会人野球に、魅力があったのでしょう。

池邉啓二

2014年までの在籍した10年間全てで、
都市対抗野球大会に出場、優勝を5回経験(自チーム3回・補強選手2回)。

社会人ベストナインを3度獲得し、また大学・社会人を通じて9回の日本代表選出経験を持つなど、西郷泰之に次ぐ社会人野球を代表する野手として「ミスター社会人」と呼ばれた。

2014年、秋季神奈川県大会終了後に引退することを発表した。

筆者と同い年ということもあり、同年代のスーパースターです。

社会人時代は、すごい成績というよりもいいところで打つイメージ。
大きな舞台で結果をだす素晴らしい選手でした。

西郷選手に匹敵する、社会人野球を代表する選手の一人。

大久保秀昭

1992年に日本石油に入社。
持ち前の強打と巧みなリードで、1年目からレギュラーを獲得。

都市対抗野球大会史上初の、代打満塁本塁打も打っている。

在籍5年間で社会人ベストナインを4度受賞する名選手となった。

1996年に行なわれたアトランタオリンピック出場し、川村丈夫(当時、日本石油)、杉浦正則らとバッテリーを組み、銀メダル獲得に貢献。

2005年オフ、古巣の新日本石油ENEOSから監督就任。

早速その年横浜を戦力外通告された、谷口邦幸投手の獲得、田澤純一、大城基志をチームのエースに育てるなど、選手育成の手腕を発揮している。

都市対抗野球大会では第79回大会(2008年)、第83回大会(2012年)、第84回大会(2013年)と3度の優勝を果たしている(史上最多タイ)。

2015年(正式には前年12月1日付)より母校・慶應義塾大学野球部の監督を務め、3度のリーグ優勝。

2019年12月より、JX-ENEOS野球部(2020年6月25日よりENEOS野球部に改称)の監督に復帰。

選手での活躍もさることながら、監督としての成績が素晴らしい。
今年からENEOS野球部に復帰ということで、新たな記録が増えていくことでしょう。
これからの活躍にも期待です。

関連記事 »2020年都市対抗野球の注目チーム【最新版】

【まとめ】社会人レジェンド選手

どの選手も社会人野球愛にあふれて、社会人野球の発展に寄与した素晴らしい選手たちです。

現在は社業についている?選手やコーチをやっている選手もいると思うのですが、監督として社会人野球に帰ってくることを期待したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事 【2021年】都市対抗野球の観戦方法とネット配信サイトを紹介