【2021年】DAZNでプロ野球を見たレビューと登録方法を解説

たっけー
この記事を書いている私は野球歴30年です
毎日DAZNやスカパー、他の配信サービスを使ってプロ野球を観戦しています
悩んでいる人
・DAZNでプロ野球を見たレビューが知りたい!
・DAZNでプロ野球を見たメリット・デメリットが知りたい!
・DAZNは他の配信サービスと比べてどうなの?
・実際に使ってみた本音を聞きたい

このような疑問を解決する記事を書きました。

この記事で紹介する「実際に利用して感じたDAZNのメリット・デメリット」を読めば、公式サイトに掲載されていない「DAZNでプロ野球を視聴した際のリアルな評価」が分かりますよ。

なぜならこの記事はDAZNを使っている私が、実際に使って感じた本音だけを紹介するからです。

まずは「DAZN」ってどんなサービスなの?という概要から話すので、「DAZN」について気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

それでは、本題に入ります。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

DAZN(ダゾーン)はプロ野球を観戦するならお得な配信サービス!

DAZN
https://www.dazn.com/

DAZNでプロ野球を見た結論は、コスパ最強でおすすめの配信サービスです。広島カープファン以外は、誰でも満足できる内容です。

ちょっとDAZNの回し者みたいな感じですけど、全くそんなことはありません。ただの野球好きです。

私自身実際に使ってみて、無料期間と月額料金、視聴できる試合数が多いのでプロ野球好きなら、どんな方でも満足できると思っています。

私も野球が開催される日は、DAZNを使ってプロ野球を見ています。
なので「プロ野球をお得に見たい」という方は、DAZNの登録がおすすめです。

実際に使って感じたDAZNのデメリット2つ

実際に使って感じたDAZNのデメリット2つ

以下では、実際に普段から使って感じた「DAZNのデメリットを2つ」紹介します。

DAZNに登録しようか考えてる方は、後で後悔しないためにも、まずはデメリットをチェックしてみてください。

【DAZNのデメリット】
・試合数が多くて見きれない
・メジャーリーグが視聴できない

デメリット1:試合数が多くて見きれない

一つ目のデメリットは、配信される試合数が多くて見きれない点です。

配信されるプロ野球の試合は、広島カープの主催試合(ホーム)以外、全試合見ることができます。

シーズン中なら確実に1日5~6試合配信されることになります。私は特に応援している球団がないので、いろいろなチャンネルをちょっとづつ見ています。

ですけど、逆に配信される試合が多すぎて、どの試合をみたらいいか分かりません。「月額料金の元がとれているのだろうか」とたまに不安になります。

そのぐらいコスパ抜群です。

デメリット2:メジャーリーグが視聴できない

二つ目ですが、メジャーリーグの試合を視聴することができません。2019年まではDAZNでメジャーリーグの試合も配信されていましたが、現在は配信されていません。

ダルビッシュや大谷を見れないのが残念です。
プロ野球の配信試合数が多いので、しょうがないですね。

ちなみにメジャーリーグの試合を見る方法については 【2021年最新】メジャーリーグの視聴方法で解説しています。

実際に利用して感じたDAZNのメリット5つ

実際に利用して感じたDAZNのメリット5つ

以下では実際に利用して感じた「DAZNのメリット5つ」を紹介していきます。

他の配信サービスと比較した意見なので、「プロ野球をお得に視聴したいな!」と思っている方は、ぜひ確認してみてください。

  1. 無料期間が1か月ある
  2. 料金が安い
  3. 配信試合数が多い
  4. ライブで楽しめる
  5. 見逃し配信がある
  6. いろいろな機器で楽しめる

メリット1:無料期間が1か月ある

DAZNには無料期間が1か月あります。
この期間に解約すると、完全無料で視聴することができます。

無料期間中は有料会員と同じように、全てのコンテンツを使用することができます。使ってみて「あまりよくなかったな」と思ったら、解約すると完全無料で利用することができます。

無料期間があるので、安心ですね。

メリット2:料金が安い

すでに話していますが、他の配信サービスに比べて圧倒的に安くなっています。

最後に比較表で比べますが、「スカパープロ野球セット」と比べると、2,000円以上安くプロ野球を観戦することができます。

またDAZNに登録すると全てのコンテンツが使用できるので、サッカーやバレーボール、モータースポーツ、ラグビーなど様々なスポーツを観戦することができます。

DAZNで配信されるスポーツ一覧

普段見ることのなかったスポーツ中継も、気軽に楽しむことができます。

「野球以外興味ない」という方には、必要ないかもしれませんが、トータル130ジャンル、年間10,000試合以上配信しています。

メリット3:配信試合数が多い

DAZNで配信されるプロ野球球団

メリットの3つ目は、プロ野球の配信試合数が多くなっています。

正確に言うと、「月額料金の割に視聴できる試合数が多い」と言うことになります。広島カープの主催試合以外は配信されるので、2021年は786試合配信されることになります。

正直ほぼ全試合と言っても過言ではありません。

メリット4:ライブで楽しめる

DAZNのライブ配信

DAZNはプロ野球を含め130ジャンル、年間10,000試合以上配信していますが、ほとんどの種目をライブ配信(生中継)で楽しめます。

もちろんプロ野球も、全試合生中継で楽しむことができます。また地上波やスカパーと違うのが、巻き戻しできることです。

試合の途中からでも巻き戻して、最初から見ることも可能です。

DAZNの見逃し2

メリット5:見逃し配信がある

DAZNの見逃し配信

仕事などで試合を見逃してしまった場合は、見逃し配信で視聴できます。

見逃し配信は、DAZN内での「録画・再放送」のようなもので、ライブ中継が終了した後に、一定期間であれば何度でも視聴できる機能です。

巻き戻しや早送り、一時停止などの機能も使えます。

DAZNの見逃し2

ファインプレーやホームランのシーン、気になったプレーをもう一度見る時に、おすすめの機能です。

メリット6:いろいろな機器で楽しめる

DAZNの視聴可能機器

DAZNではいろいろな機器で、試合観戦することができます。

スマホでも見ることができるので、「外出先や仕事の休憩中にプロ野球を楽しむ」といったことができます。またテレビの大画面で、家族や友達と見ることもできます。

一度登録すると、どの端末からも視聴可能です。
同時に2つの機器から視聴可能で、同時に行っている試合を、テレビとスマホ同時に見ることができます。

DAZNは2つのデバイスで同時視聴可能

ライバルチームの試合結果が気になるときに、おすすめの機能です。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

DAZNに関するQ&A5つ

DAZNに関するQ&A5つ

実際に利用している身として、DAZNに関する質問にも答えていきますね。

DAZNに登録しようとしている方は、ぜひチェックしてみてください。

  1. 登録方法のおすすめは?
  2. 料金の違いはありますか?
  3. 通信料や画質はどうですか?
  4. 月額料金の支払い方法を教えてください
  5. 野球のオフシーズンに配信している番組は?

質問1・2:登録方法と料金の違い(おすすめ)を教えてください?

DAZNの登録方法は、複数あります。
基本的に考えるプランは2つです。

月間プラン:1,925円(税込)
年間プラン:1,9250円(税込)

この2つの視聴方法から考えればOKです。

ドコモユーザー用の「DAZN for docomo」は、2020年からDAZNの一般プランと同額の1,925円になり割引がなくなりました。

auユーザー向けの「au 5G DAZN」プランもありますが、こちらは5G対応スマートフォンを利用中の方しか登録できません。

したがってDAZNのホームページから登録する方法で問題ありません。

年間プランの場合は、2か月間の無料期間がありますが、オフシーズンも登録を継続することになります。オフシーズンもオリジナル番組が配信されますが、試合しか見ない方は、月間プランの登録がおすすすめです。

質問3:通信料や画質はどうですか?

通信料

DAZN公式サイトでは、以下のように説明されています。

通信環境や通信回線の種類、解像度にもよるが、60分間ノンストップでDAZNの動画を視聴したとすると、データ通信量は500MB~2.5GB(=2,500MB)程度になる。

公式サイトでは、Wi-Fiからの視聴をおすすめしています。モバイルWi-Fiルーターを使用している場合は、通信制限に達してしまうので、推奨していません。

DAZNを視聴するのであれば、Wi-Fi環境は必須と言えそうです。

画質

DAZNの見逃し2

私が使っている場合は、ほぼ問題なくきれいに映っています。
DAZNの画質がきれいかどうかは、一概には言えず「視聴している方の通信環境に依存する」と言うような答えになってしまいます。

ちょっと申し訳ない答えになりますが、普段YouTubeや他の配信サイトで動画を見ている方は、問題なくみれると思います。

質問4:支払い方法を教えてください

最もおすすめは、クレジットカード払いです。クレジットカードで支払いをすると、手軽に手続き進めることができます。

クレジットカードがない場合は、DAZNプリペイドカード、DAZNチケットが便利です。DAZNプリペイドカードはセブンイレブンやローソンなどのコンビニの他、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどの家電量販店でも売っています。

DAZNプリペイドカードの販売店はこちらから

DAZNチケットは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニで買うことができます。

質問5:オフシーズンに配信している番組は?

DAZNではオフシーズンも、球団ごとにオリジナル番組が配信されています。

年間払いに登録すると、オフシーズンも継続することになりますが、オリジナル番組が配信されるのでDAZNを楽しむことができます。

また試合しか見ない方は、月間プランに登録して、オフシーズンは一時停止をするのがおすすめです。

DAZNには一時停止機能があり、オフシーズンに一時停止するとその期間の料金がかかりません。

野球好きに嬉しい機能です。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

DAZN(ダゾーン)の基本情報

DAZN
https://www.dazn.com/

今までの情報をかんたんにまとめました。

月額1,925円
無料期間1か月無料
年間払いなら2か月
視聴できる試合・オープン戦(広島カープ主催試合を除く)
・公式戦全試合(広島カープ主催試合を除く)
・クライマックスシリーズ(広島カープ主催試合を除く)
見逃し配信あり
MLB
その他のスポーツサッカー、バスケット、F1等
無料番組無し
視聴環境テレビ・PC・スマホ・ゲーム機
・広島の主催試合以外、プロ野球の全試合視聴することが可能。
・日本シリーズは放送されない
・他のスポーツも視聴できる

DAZN(ダゾーン)の登録方法を画像を使って説明

詳しい登録方法を説明します。そんなに難しくないので、安心してください。

DAZNの公式サイトにアクセスする

スマホ画面で説明しますが、パソコンでも同じです。

DAZNの登録方法1

「規約に同意します」の意味なので「同意します」をタップ(クリック)します。

DAZNの登録方法2

1か月の無料体験を始める」をタップ

支払方法とプランを決めます

DAZNの登録方法3

年間プランを選択する場合は、画面を右にスクロール

DAZNの登録方法4

申し込みたいプランと、支払い方法をタップします。

登録日より1か月は、無料です。

年間プランは、2か月分無料になるイメージです。

【支払い方法】
・クレジットカードまたは、デビットカードPAYPAL
・携帯と一緒に請求

DAZNプリペイドカード、DAZNチケットの場合は「クレジットカードまたは、デビットカード」を選択します。

プランと支払い方法をタップすると、アカウントの作成画面に移ります。

DAZNの登録方法5

上から順に

  1. Eメール
  2. メールの再確認
  3. パスワード

最後に「次のステップへ」をタップします。

お支払い情報画面に移ります。

DAZNの登録方法6

【支払い方法を選択】
・クレジット/デビットカード
・PAYPAL
・ギフトコード(DAZNプリペイドカード、DAZNチケット)

自分が払う方法をタップします。

以下はクレジットカードで支払う場合です。

DAZNの登録方法7

【クレジットカード払い】
①カード番号
②有効期限
③セキュリティーコードを入力

最後に「無料体験を開始」をタップ

以下の画面に変われば登録完了です。

DAZNの登録方法8

以上で会員登録は、完了です。

スカパープロ野球セットとDAZNどちらがお得

スカパープロ野球セットとDAZNどちらがお得

DAZNと比較されるのが「スカパープロ野球セット」です。
私の結論から言うと、DAZNの方が試合数、月額料金を考えるとお得です

疑問に思うかもしれないので、表で比べてみます。

※スマホの場合は、右にスクロールできます。

DAZNスカパープロ野球セット
月額料金(税込)1,925円4,483円
無料期間1か月加入月
試合広島の主催試合以外全試合プロ野球全試合
視聴可能機器スマホ
テレビ
タブレット
パソコン
ゲーム機
スマホ
テレビ
タブレット
パソコン
公式サイトhttps://www.dazn.com/https://baseball.skyperfectv.co.jp/

違いは月額料金と試合数で他は、ほとんど変わりません。

このように見ると月額料金が2,000円以上安くなるので、DAZNが圧倒的にお得になります。広島ファン以外は、間違いなく満足できそうです。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

DAZN(ダゾーン)に登録してプロ野球を楽しもう

紹介した「DAZNのメリット」のとおり、DAZNに登録すれば、プロ野球をお得に視聴することができますよ!

最後にもう一度確認しておきましょう。

【DAZNのデメリット】
・試合数が多くて見きれない
・メジャーリーグが視聴できない
  1. 無料期間が1か月ある
  2. 料金が安い
  3. 配信試合数が多い
  4. ライブで楽しめる
  5. 見逃し配信がある
  6. いろいろな機器で楽しめる

DAZNに登録したい方は、以下のボタンから登録手続きを進めてください!

手順を見ながら進めたい方は、こちらの導入手順に戻ってください。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。