【2021年】DAZN(ダゾーン)でプロ野球を見た感想を利用者が解説

悩んでいる人
・DAZNでプロ野球を見た感想が知りたい
・野球を見ることができる他の配信サービスと比べてDAZNはどうなの?
・実際に使ってみた本音を聞きたい

このような疑問を解決する記事を書きました。

たっけー

この記事で紹介する「DAZNでプロ野球を見た感想」を読めば、公式サイトにのっていない「DAZNでプロ野球を視聴した際のリアルな感想」が分かりますよ。

なぜならこの記事はDAZNを使っている私が、実際に使った感想を元にしているからです。

お得な情報もありますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

それでは、本題に入ります。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

DAZN(ダゾーン)はプロ野球を観戦するならお得な配信サービス!

DAZN(ダゾーン)はプロ野球を観戦するならお得な配信サービス!
https://www.dazn.com/

DAZNでプロ野球を見た結論は、コスパ最強でおすすめの配信サービスです。広島カープファン以外は、誰でも満足できる内容です。

ちょっとDAZNの回し者みたいな感じですけど、全くそんなことはありません。ただの野球好きです。

私自身実際に使ってみて、無料期間と月額料金、視聴できる試合数が多いのでプロ野球好きなら、どんな方でも満足できると思っています。

私も野球が開催される日は、DAZNを利用してプロ野球を見ています。
なので「プロ野球をお得に見たい」という方は、DAZNの登録がおすすめです。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

DAZNで見ることができるプロ野球の試合

DAZNで見ることができるプロ野球の試合

DAZNで視聴できるプロ野球の試合は、以下の通りです。

料金月払い:1,925円
年間払い:19,250円
無料期間1か月
レギュラーシーズン広島カープの主催試合以外全試合
※ナゴヤドームで行われる巨人戦については一部視聴不可
交流戦広島カープの主催試合以外全試合
CS(クライマックスシリーズ)広島カープの主催試合以外全試合
オールスター視聴不可
日本シリーズ視聴不可
メジャーリーグ視聴不可
オープン戦基本広島の主催試合以外
全試合配信されるわけではない

プロ野球は上記の試合が配信されるので、登録する際は参考にしてみてください。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

【悪い点】実際に使って感じたDAZNでプロ野球を見た感想

【悪い点】実際に使って感じたDAZNでプロ野球を見た感想

以下では、実際に普段から使って感じた「DAZNでプロ野球を見た悪い点」を紹介します。

DAZNに登録しようか考えてる方は、後で後悔しないためにも、まずは悪い点をチェックしてみてください。

【DAZNでプロ野球を見た悪い点】

  1. 配信試合数が多すぎる
  2. 広島カープの主催試合が見れない
  3. 一部中日対巨人戦の見れない試合がある
  4. 録画できない
  5. 2軍の試合配信が少ない
  6. オールスター・日本シリーズの試合は見れない
  7. メジャーリーグが見れない

1:試合数が多すぎる

DAZNで配信される試合数が多くて見きれません。

配信されるプロ野球の試合は、広島カープの主催試合(ホーム)以外、全試合見ることができます。

シーズン中なら確実に1日5~6試合配信されることになります。私は特に応援している球団がないので、いろいろなチャンネルをちょっとづつ見ています。

ですけど、逆に配信される試合が多すぎて、どの試合をみたらいいか分かりません。「月額料金の元がとれているのだろうか」とたまに不安になります。

そのぐらいコスパ抜群です。

2:広島カープの主催試合が見れない

DAZNで配信されているプロ野球の試合は、広島カープの主催試合(マツダスタジアムなど)を除くプロ野球全球団の試合です。広島カープのファン以外なら満足できる試合数が配信されます。

DAZNでは広島カープの試合は見れない(JSPORTSで視聴可能)

広島カープの主催試合を唯一配信しているのがJSPORTSオンデマンドです。カープの主催試合を視聴したい方は、JSPORTSオンデマンドに登録してみてください。

3:一部中日対巨人(ジャイアンツ)戦の見れない試合がある

ナゴヤドームで行われる中日対巨人戦については、一部試合ですが配信されません。ですので中日の試合を見たい方は注意してください。

ナゴヤドームで行われる巨人戦だけなので、東京ドームで行われる中日戦やナゴヤドームで行われる巨人戦以外の試合は配信されます。

4:録画できない

DAZNは録画することができません。しかし後程紹介する見逃し配信が、録画の変わりになります。

5:2軍の試合が少ない

DAZNでは1軍の試合は多く配信されますが、2軍の配信数は少なくなっています。西武ライオンズの2軍戦が配信される程度なので、非常に少なくなっています。

2軍の試合を見るなら、スカパープロ野球セットパ・リーグTVがおすすめです。

6:日本シリーズ・オールスターは配信されない

DAZNでは日本シリーズ・オールスターは配信されません。日本シリーズやオールスターについては地上波放送があるので、テレビで見るのがいいかと思います。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

7:メジャーリーグ(MLB)は配信されない

2021年シーズンはDAZNでメジャーリーグの試合を見ることはできません。他のサービスを利用することになります。

メジャーリーグの試合を見る方法については【無料あり】メジャーリーグ(MLB)の試合をネット・テレビで視聴する6つの方法でまとめています。

実際に利用して感じたDAZN(DAZN)でプロ野球を見た良かった点9つ

実際に利用して感じたDAZN(DAZN)でプロ野球を見た良かった点9つ

以下では実際に利用して感じた「DAZNでプロ野球を見たよかった点」を紹介していきます。

他のサービスと比べた感想を元に説明します。「プロ野球をお得に視聴したいな!」と思っている方は、ぜひ確認してみてください。

  1. 配信試合数が多い
  2. 巻き戻し・早送り・一時停止機能が便利
  3. 見逃し配信がある
  4. ライブで楽しめる
  5. さまざまな機器で楽しめる
  6. 2台同時視聴可能
  7. オープン戦も視聴可能
  8. エキシビジョンマッチも視聴可能
  9. オフシーズンもオリジナル番組が配信

良かった点1:配信試合数が多い

DAZNで配信されるプロ野球球団

DAZNでは、プロ野球の配信試合数が多くなっています。

正確に言うと、「月額料金の割に視聴できる試合数が多い」と言うことになります。広島カープの主催試合以外は配信されるので、2021年は786試合配信されることになります。

正直ほぼ全試合と言っても過言ではありません。

またDAZNに登録すると全てのコンテンツを利用できるので、サッカーやバレーボール、モータースポーツ、ラグビーなど様々なスポーツを観戦することができます。

DAZNで配信されるスポーツ一覧

普段見ることのなかったスポーツ中継も、気軽に楽しむことができます。

「野球以外興味ない」という方には、必要ないかもしれませんが、トータル130ジャンル、年間10,000試合以上配信しています。

良かった点2:巻き戻し・一時停止・早送り

DAZNでは地上波放送やスカパーと違うのが、すぐに巻き戻してその場面を確認することができます。

ファインプレーやホームランのシーン、気になったプレーをもう一度見る時に、便利な機能です。早送りや一時停止などの機能も使えます。

DAZNの見逃し2

良かった点3:ライブで楽しめる

DAZNは野球を含め年間10,000試合以上配信していますが、ほとんどのスポーツを生配信で楽しむことができます。もちろんプロ野球も、全試合生中継で楽しむことができます。

DAZNのプロ野球ライブ配信

※阪神タイガースの主催試合は数分間の遅延があるようなので、注意してください。

良かった点4:見逃し配信がある

DAZNの見逃し配信

仕事などで試合を見逃してしまった場合は、見逃し配信で視聴できます。

見逃し配信は、テレビでいう所の「録画・再放送」のようなものです。ライブ中継が終了した後に、一定期間であれば何度でも視聴できる機能です。

野球の場合、ハイライト動画は7日間、フルタイムの試合動画は30日間となります。

良かった点5:さまざまな機器で視聴可能

DAZNの視聴可能機器

DAZNではさまざま機器で、試合観戦することができます。

スマホでも見ることができるので、「外出先や仕事の休憩中にプロ野球を楽しむ」といったことができます。またテレビの大画面で、家族や友達と見ることもできます。

一度登録すると、どの端末からも視聴可能です。

良かった点6:2台同時視聴可能

同時に2つの機器から視聴可能で、同時に行っている試合を、テレビとスマホ同時に見ることができます。

DAZNは2つのデバイスで同時視聴可能

ライバルチームの試合結果が気になるときに、「テレビとスマホ」「スマホとパソコン」など同時に利用しつつ、違う試合を見ることができます。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

良かった点7:オープン戦も視聴可能

DAZNではオープン戦の試合も配信されます。シーズン開幕前の選手の仕上がり具合やチーム状況を確認することができます。

基本的には広島カープの主催試合以外配信されます。

良かった点8:エキシビジョンマッチも配信

2021年のオリンピック開催に伴う中断期間に行われる「エキシビジョンマッチ」もDAZNでは配信されます。

DAZNで配信されるエキシビジョンマッチの試合は、パリーグ5球団の31試合となっています。

良かった点9:オフシーズンもオリジナル番組が配信

DAZNではオフシーズンも、球団ごとにオリジナル番組が配信されています。

年間払いに登録すると、オフシーズンも継続することになりますが、オリジナル番組が配信されるので十分楽しむことが可能です。

また試合しか見ない方は、DAZNには一時停止機能があり、オフシーズンに一時停止するとその期間の料金がかかりません。

野球好きに嬉しい機能です。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

DAZN(ダゾーン)とスカパープロ野球セットどちらがお得

スカパープロ野球セットとDAZNどちらがお得

DAZNと比較されるのが「スカパープロ野球セット」です。

どちらも登録していまして、私の結論から言うとDAZNの方が試合数、月額料金を考えるとお得です。

コスパよく見れるのは圧倒的にDAZNですね。

※スマホの場合は、右にスクロールできます。

DAZNスカパープロ野球セット
月額料金(税込)1,925円4,483円
無料期間1か月加入月
試合広島の主催試合以外全試合プロ野球全試合
視聴可能機器スマホ
テレビ
タブレット
パソコン
ゲーム機
スマホ
テレビ
タブレット
パソコン
公式サイトhttps://www.dazn.com/https://baseball.skyperfectv.co.jp/

違いは月額料金と試合数で他は、ほとんど変わりません。

このように見ると月額料金が2,000円以上安くなるので、DAZNが圧倒的にお得になります。広島ファン以外は、間違いなく満足できそうです。

プロ野球をコスパよく見るなら、DAZNが1番ということになります。

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

またカープファンならDAZN+JSPORTSオンデマンド(カープの主催試合配信)で全試合見ることもできますよ!

JSPORTSを使った感想や登録方法は【無料あり】J SPORTSの失敗しない視聴方法を使用者が解説でまとめています。

DAZN(ダゾーン)に登録してプロ野球を楽しもう!

紹介した「DAZNの感想」のとおり、DAZNに登録すれば、プロ野球をお得に視聴することができますよ!

最後にもう一度確認しておきましょう。

【DAZNのでプロ野球を見た悪い点】

  1. 配信試合数が多すぎる
  2. 広島カープの主催試合が見れない
  3. 一部中日対巨人戦の見れない試合がある
  4. 録画できない
  5. 2軍の試合配信が少ない
  6. オールスター・日本シリーズの試合は見れない

【DAZNでプロ野球を見てよかった点】

  1. 配信試合数が多い
  2. 巻き戻し・早送り一時停止
  3. 見逃し配信がある
  4. ライブで楽しめる
  5. さまざまな機器で楽しめる
  6. 2台同時視聴可能
  7. オープン戦も視聴可能
  8. エキシビジョンマッチも視聴可能
  9. オフシーズンもオリジナル番組が配信

DAZNの登録は、以下のボタンから登録手続きを進めてください!

1か月の無料期間中に解約しても、料金はかかりません。

プロ野球を配信しているその他のサービスについては【無料あり】野球を中継しているネット・テレビサービスまとめでまとめています。

また球団ごとの視聴方法が気になる方は以下からご覧ください。

巨人
阪神
ヤクルト
中日
広島
横浜

ソフトバンク
西武
ロッテ
楽天
オリックス
日本ハム