2022ジロ・デ・イタリアを無料ネット配信・テレビ放送で視聴する方法

悩んでいる人
・世界3大自転車ロードレース「ジロ・デ・イタリア」を無料ネット配信で見る方法が知りたい!
・テレビ放送で見る方法が知りたい!

このような疑問を解決します。

イタリアの美しい景色や、街並みを見ながら過酷なレースが展開される「ジロ・デ・イタリア」。

筆者も毎日、ジロ・デ・イタリアを視聴しています。

本記事ではロードレースジロ・デ・イタリア」を無料ネット配信、テレビ放送で見る方法をまとめています。

ジロ・デ・イタリアを視聴できる全てのサービスもまとめています。

ジロ・デ・イタリアを14日間無料で視聴可能!

2022ジロ・デ・イタリアを無料ネット配信・テレビ放送で視聴する方法

ジロ・デ・イタリアを無料ネット配信・テレビ放送で視聴する方法

ジロ・デ・イタリアをネット配信、テレビ放送しているサービスは以下です。

※右にスクロールできます。

J SPORTS
(Amazon)
J SPORTSオンデマンド
(公式サイト)
J SPORTS(BS放送)GCN+
月額料金2,178円1,980円2,944円
※一例でスカパー
900円
無料期間14日間なしスカパーは加入月
ひかりTVは2か月
auひかりTVは2か月
※ただし解約は不可
なし
ライブ
見逃し
※再放送
特徴無料期間あり
JSPORTSオンデマンドと同じ配信内容
英語解説もあり
英語解説もあり英語解説なし
日本語実況のみ
サイクルレース専門チャンネル
使いづらい

ジロ・デ・イタリアを無料ネット配信で視聴できるのは、J SPORTSオンデマンドAmazonプライムから登録することです。

Amazonプライムの無料体験期間(14日間)を利用することで、無料視聴できます。

直近に行われたサイクルスポーツ、「パリ~ルーベ」、「ラ・フレーシュ・ワロンヌ」「パリ~ルーベ ファム」「エシュボルン・フランクフルト」なども見逃し視聴できます。

番組表で確認しましたが、AmazonプライムとJSPORTSオンデマンド公式サイトの配信内容は変わりません。

無料体験期間は14日間。

したがって、ジロ・デ・イタリア全期間を無料で見ることはできません。

とは言え、解約もできるためお試しで視聴はできます。

J SPORTSオンデマンド(Amazonプライムの番組表)

他にもネット配信しているサービスがあります。
有料のサービスを紹介しながら、全ての視聴方法を解説します。

【無料】J SPORTSオンデマンド(Amazonプライム)

料金(税込)2,178円
無料期間14日間無料
ライブ
見逃し
視聴方法スマホ
タブレット
パソコン
テレビ
支払い方法クレジットカード
キャリア決済
など
アプリ
特徴Amazonプライム会員特典も受けられる
他のサイクルレースも視聴可能

J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録することで、ジロ・デ・イタリアを無料で見ることができます。

視聴するには、Amazonプライム会員(月額500円・30日無料)とJSPORTSチャンネル(月額2,178円・14日間無料)が必要になります。

上記で紹介した通り、他のサイクルレースも視聴できるので、お得に利用できます。

休息日は「休息日TV(ハイライト番組で1週間の振り返り)」サイクルレースオリジナル番組「月チャリ」の配信もあります。

毎日ジロ・デ・イタリアを楽しむことが可能。

毎日20:00~21:00頃からその日のレース終了まで配信。
その日の前半は、ハイライト配信。

先ほど紹介したとおり、無料期間が14日間しかないため、ジロ・デ・イタリア全日程を無料視聴できません。

とは言え、ジロ・デ・イタリアを無料視聴したい方や、お試しで利用したい方はこちらから登録を進めましょう。

14日間無料!

【有料】J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

【有料】J SPORTSオンデマンド(公式サイト)
https://jod.jsports.co.jp/
料金(税込)1,980円
無料期間なし
ライブ
見逃し
視聴方法スマホ
タブレット
パソコン
テレビ
支払い方法クレジットカード
キャリア決済
楽天Pay
アプリ
特徴多くのサイクルレースも見れる
オリジナル番組あり

J SPORTSオンデマンド公式サイトに無料期間はありません。

しかし、サイクルレースに関する配信数は多めです。

ジロ・デ・イタリアだけでなく、ツールドフランス、ブエルタ・ア・エスパーニャ、UCI世界選手権、ストラーデビアンケなどなど多くのレースが配信されます。

オリジナル番組「月チャリ」は分かりやすく見所などを紹介してくれるので、初心者も利用しやすいです。

見逃し配信にも対応しています。

早朝で見れないレースなどは、あなたのタイミングで後から見返すことができます。

休養日には休息日TVの配信があるので、隅々までジロ・デ・イタリアを楽しみたい方におすすめです。

2つのチャンネルが開設されるため、英語解説も聞くことができます。
ジロ・デ・イタリアの配信内容はAmazonプライムと変わりません。

25歳以下の方は、半額で利用できるため、こちらがおすすめです。

【有料】GCN+

【有料】GCN+
https://welcome.globalcyclingnetwork.com/giro
料金(税込)月額:900円
年間払い:5,500円
無料期間なし
ライブ
見逃し
視聴方法スマホ
タブレット
パソコン
テレビ
支払い方法キャリア決済
アプリ

2022年も番組表を確認すると、配信が決定しています。

GCN+の番組表

GCNは、グローバルサイクリングネットワークの略です。

アメリカのディスカバリーチャンネルのグループ企業が運営元で、GCN Japanが2019年より設立されています。

GCNではジロ・デ・イタリアを含む、多くのサイクルロードレースをライブ・見逃しネット配信しています。

ジロ・デ・イタリア以外のサイクルレースも合わせて見たい方はこちらがおすすめです。

ただし、アプリのダウンロードが必要でたびたび不具合があり、「レースが視聴できない」などのトラブルも発生しています。

J SPORTSに比べると、使いづらさと不具合の多さは気になりますが、月額900円で利用できるのがメリットです。

筆者は使いづらいので、J SPORTSで視聴しています。

とは言え月額料金が安いです。
安い料金で視聴したい方はこちらがおすすめ。

ちなみにアカウントを作らないと詳細は見れません。

YouTube(ハイライトのみ)

上記で紹介したJ SPORTS、GCN+はYouTubeチャンネルを開設しているため、ハイライト動画を無料で視聴できます。

サクッとハイライトだけ確認したいときは、以下のYouTubeチャンネルを確認しましょう。

J SPORTSのYouTubeチャンネルはこちら

GCN JapanのYouTubeチャンネルはこちら

【加入月無料】J SPORTS(BS放送)

料金(税込)2,515円+429円
無料期間加入月
※加入月の解約は不可
ライブ
再放送
視聴方法テレビ
支払い方法クレジットカード
口座引き落とし
アプリ×

※上記はスカパーから登録した場合の料金

ジロ・デ・イタリアはJ SPORTSでテレビ放送されます。

テレビの場合、英語解説・実況放送はありません。

番組表を見ると、日本語番組については同じ内容が放送されます。

J SPORTSをテレビで視聴するには、スカパー、ケーブルテレビ、ひかりTVなどに登録する必要があります。

おすすめは、BS放送で視聴できるスカパーです。

BS放送が映れば、加入月無料で月額2,944円で利用できます。

テレビの大画面でジロ・デ・イタリアを含むサイクルレースを見たい方は、スカパーからJ SPORTSに登録するのがおすすめです。

スカパーの公式サイトはこちら(加入月無料)

J SPORTSをスカパーから視聴する詳細はJ SPORTS(ジェイスポーツ)を無料で見る方法5選【確実にスポーツが見れます】でまとめています。

地上波・BS-NHK

地上波やBS放送でジロ・デ・イタリアは放送されません。

テレビで視聴する場合は、上記サービスを利用しましょう。

ジロ・デ・イタリアの概要

【有料】J SPORTSオンデマンド(公式サイト)
https://jod.jsports.co.jp/

フランスのツール・ド・フランス、スペインのブエルタ・ア・エスパーニャと並ぶグランツールのひとつで、毎年5月にイタリア全土をピンク色に染めるもの。

それがジロ・デ・イタリアであり、「コルサ・ローザ(ばら色のレース)」だ。1909年に誕生したイタリア一周レースは、大戦による2度の中断も新型コロナウイルスによる日程変更をも乗り越え、この春もまた、勇者たちの戦いを美しく演出する。

ずいぶんと長い間、イタリア人によるイタリア人のためのレースだった。

外国人選手の総合制覇は第33回大会まで待たねばならなかったし、ほんの最近……1997年から2007年までの11年間もイタリア人が表彰台の最上段を独占した。

以来、国際化は大きく進み、特に過去10年はイタリアを含む7カ国の選手が総合優勝を飾っている。

中でもコロンビア、オランダ、英国はジロの勝利者リストに初めて名を連ね、カナダ(2012年へシェダル)とエクアドル(2019年カラパス)も、史上初めてグランツール覇者を生み出した。

ツール・ド・フランスが史上最高峰の自転車レースなのだとしたら、ジロ・デ・イタリアこそ最も美しく最も過酷な大会だ。

5月の空や海は、まさにイタリアを象徴する「青」で光り輝き、他のグランツールでは滅多に実現できないような、旧市街や歴史的遺跡がその懐にプロトンを迎え入れる。アルプスやドロミテの山々はいまだ頂に白き冠を抱き、レース自体が雪に見舞われることも決して珍しくはない。

また大会最標高地点「チーマ・コッピ」を含む標高2000m級がいくつも連なる山越えステージに、さらに未舗装登坂路、勾配20%超の激坂、距離200km超え……の難条件を詰め込むことさえ、開催委員会は厭わない。

すべての苦難を乗り越えた勇敢な者だけが、勝者の証「マリア・ローザ」に身を包むことを許される。そして21日の激戦の終わりには、黄金の螺旋型オブジェ「トロフェオ・センサ・フィーネ」、つまり「終わりのないトロフィー」に、新たな勝者の名前が刻み込まれるのだ。

J SPORTS

日程

詳細を確認する場合はこちらを選択
ステージ1
5/6(金)
ブタペスト(ハンガリー)~ヴィシェグラード(ハンガリー)
ステージ2
5/7(土)
ブダペスト(ハンガリー)~ブタペスト(ハンガリー)
ステージ3
5/8(月)
カポシュバール(ハンガリー)~バラトンフェレド(ハンガリー)
5/9(月)休息
ステージ4
5/10(火)
アーヴォラ~エトナ(サビエンツァ避難所)
ステージ5
5/11(水)
カターニア~メッシーナ
ステージ6
5/12(木)
バルミ~スカーレア(リヴィエラ・デル・チェドリ)
ステージ7
5/13(金)
ディアマンテ~ポテンツァ
ステージ8
5/14(土)
ナポリ~ナポリ
ステージ9
5/15(日)
イゼルニア~ブロックハウス
5/16(月)
休息日
ステージ10
5/17(火)
ベスカーラ~イェーズィ
ステージ11
5/18(水)
サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニャ~レッジョ・エミリア
ステージ12
5/19(木)
パルマ~ジェノヴァ
ステージ13
5/20(金)
サンレモ~クオネ
ステージ14
5/21(土)
サンテナ~トリノ
ステージ15
5/22(日)
リヴィローロ・カヴァネーゼ~コーニュ
休息日
5/23(月)
ステージ16
5/24(火)
サロー~アプリカ
ステージ17
5/25(水)
ポンテ・ディ・レンニョ~ラヴァローネ
ステージ18
5/26(木)
ポルゴ・ヴァルシュガーナ~トレヴィーゾ
ステージ19
5/27(金)
マラーノ・ラグナーレ~サンチュアリオ・ディ・カステルモンド
ステージ20
5/28(土)
ベッルーノ~マルモラーダ
ステージ21
5/29(日)
ヴェローナ

【まとめ】2022ジロ・デ・イタリアを無料ネット配信・テレビ放送で視聴する方法

美しい景観の山道、街中など3週間に渡って毎日100~200キロ走行する「ジロ・デ・イタリア」。

美しい景色で癒されると共に、世界最高峰の駆け引きやバトルを楽しむことができます。

ぜひ世界最高峰のサイクリングレースをライブ中継でお楽しみください。

筆者もサイクリングレース初心者ですが、J SPORTSでレース中継を楽しんでいます。

J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録することで、無料で見ることができます。

まずは、無料体験から始めてみてください。

それでは、日ごろのストレスを「ジロ・デ・イタリア」観戦で発散しましょう!

14日間無料!