【一人でできる!】室内、屋外で行う野球のバッティング練習7選

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・室内で一人で行える、バッティングの練習方法が知りたい
・屋外で一人で行える、バッティングの練習方法が知りたい

このような疑問を解決していきます。

記事の内容

  • 自宅で一人で行うバッティング練習
  • 屋外で一人で行うバッティング練習

以上の内容をそれぞれ解説します。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します
現在も草野球でプレー中

練習は一人でする孤独な野球人です。自身の経験とネット情報をまとめた記事になります。

自宅と屋外、一人でできる、おすすめのバッティング練習方法を紹介します。本記事はバッティング技術を上達させたい草野球プレーヤーに向けた記事となっています。

現代では、バットで素振りやボールを打つ、といった事だけが練習ではありません。例えば、筋トレやストレッチも大切なトレーニングです。

バットを振る練習とフィジカルが向上するトレーニングを、合わせて行うことが大切です。バッティング技術がトータル的に上がるトレーニングを紹介します。

ちなみに一人で出来る守備練習とピッチング練習については、以下をご覧ください。

【関連記事】
»家、屋外でできるピッチング練習9選
»自宅、屋外で行うおすすめ守備練習7選

それでは、本題に入ります。

室内で一人で行うバッティング練習5選

室内で一人で行うバッティング練習5選

バッティング練習を紹介するために大切な考え方ですが、「打撃技術が上がっているのか?」「飛距離は伸びているのか?」「ミート率が上がっているのか?」といったことを忘れずに練習してください。

いろいろグッズや練習方法を紹介しますが、自分に合う練習かを常に考えることが最も大切です。ですので、本記事の内容も「やってみて合わなければやめる」といった考えで実践してもらえたらと思います。

そんな感じでグッズなども紹介しますが、とりあえず購入してみるのがおすすめ。そして合わなければやめるのが、効率よくバッティング技術が上昇します。

ちょっと長くなりましたが、室内で行えるバッティングの練習方法を紹介します。

  • 素振り(テレビ中継を見ながらタイミングをとる)
  • トスマシーン
  • 置きティー
  • 筋トレ
  • ストレッチ

ありきたりなメニューになりましたが、詳しく説明します。

素振り

素振り

バットが振れるスペースがあるなら、素振りは最強の練習です。イメージトレーニングをしながら振るのがいいですね。

またバットを振るスペースがなくても「野球中継を見ながらタイミングをとる」といった練習もできます。「タイミングを合わせる練習がしたい」と思った時に、おすすめの練習方法です。

下半身の動きだけ確認しながら、イメージトレーニングをすることもできます。
自分の工夫次第でいろいろな練習ができます。

関連記事 »バッティングが上達するおすすめ練習方法

素振りのデメリットをあげると、ボールを打つ感触がないということでしょうか。

そこでボールを使った、トレーニングを見てみましょう。

トスマシーン

トスマシーン

トスマシーンを使ってやわらかいボールを打つことにより、一人で練習できます。

柔らかいボール

トスマシーンを使うメリット

  • 一人で練習できる
  • 家の中でボールを打てる

一人で練習でき、家の中でもバットを振れることがトスマシーンの最大のメリットです。

しかしデメリットもあります。

トスマシーンを使うデメリット

  • バットを振るスペースがないと、練習できない
  • マシーンの音や振動がある
  • トスマシーンの精度が低く、タイミングがとりづらい

そもそも広い家に住んでいないと、家でバットを振ることができません。小さい子供なら練習可能です。しかし大人が練習するのは、難しそうです。

室内で使うと音や振動があるので、注意が必要です。家の状況によりますが、使いづらいといった可能性もあります。

またトスマシーンの精度は、人が投げるトスに比べるとだいぶタイミングがとりづらいです。私自身も何種類か試したことがあるのですが、「タイミングを合わせづらい」と思ったことが、多々ありました。

それでも家の中で動くボールを打ちたいと思ったら、トスマシーンがおすすめです。

»アマゾンでトスマシーンの詳細を見る
»楽天でトスマシーンの詳細を見る

プラスチック制のボールとネットがあれば、家の中でも練習できますね。

»プラスチックボールをアマゾンで見る

»アマゾンで野球用ネットを見る

家の中でボールを打つトレーニングとして、最もおすすめは置きティーです。

置きティー

置きティー

置きティーは、ボールを置きティーの上に置いてバッティング練習をすることができます。

置きティーのメリット

  • 1球1球、打った感触を確認しながら練習ができる
  • 自分のポイントが分かる
  • 一人で練習できる

1球1球打った感触を確かめながら、バッティング練習ができます。

常に同じポイントのボールを打つので、繰り返し練習することで自分が打つべきポイントが分かります。置いてあるボールを打つので、ミスした場合は自分のスイングに原因があることが分かります。

自分のスイングの癖や打てなくなった時も、不調の原因が分かるのでおすすめの練習です。

個人的には、最もおすすめの練習方法です。

置きティーのデメリット

  • バットを振るスペースがないと、使えない
  • 動くボールを打つことができない

動くボールを打つことができないので、そこがマイナスですね。しかし「自主練で軽く練習する」といった意味なら、効果のある練習です。

置きティーで練習をするなら、タナーティーがおすすめです。
»Tanner Tee(タナーティー)のレビューを見る

筋トレ

筋トレ

筋トレもバッティング練習に欠かせないトレーニングの一つです。

技術ばかりに目がいきますが、フィジカルを上げる方がかんたんな気がします。もちろん最低限のミート力は必要ですが、筋力が上がれば打球速度が上がり、ヒットの確率が上がります。

フィジカルの差を諦めるのではなく、超えていけるような選手を目指したいですね。

関連記事 »野球選手に必要な背筋力を上げるトレーニング6選

小学生でもできる、筋力トレーニングもあります。

詳しくは»自宅でできる野球選手におすすめの筋力トレーニング5選をご覧ください

ストレッチ

ストレッチ

ストレッチも、バッティングの上達に欠かせないトレーニングの一つです。

「バッティングに柔軟性が必要?」と思いますが、可動域が広がることによって、体を大きく使うことができます。

体を大きく使うことができれば、飛距離や打球速度が上がります。
ケガの防止にもつながるので、ストレッチも毎日行う必要があります。

野球選手におすすめのストレッチ法があります。

詳しくは 野球選手が行うストレッチ5選をご覧ください。

ここまで室内で行う、練習方法を見てきました。
ここからは、屋外で行う練習方法を見ていきます。

屋外で一人で行える打撃練習3選

屋外で一人で行える打撃練習3選

基本的に室内で行える練習方法は、屋外でも行えます。

屋外しかできない、一人で行うバッティング練習を説明します。

  • バッティングセンター
  • メディシンボールスロー
  • ダッシュ

詳しくみていきます。

バッティングセンター

バッティングセンター

王道で誰でも行っている、練習方法だと思います。手軽に誰でも練習できますね。

しかし何となくバットを振っているだけでは、バッティングの上達はありません。

例えば

  • 今日はホームランを狙ってみよう
  • 反対方向を意識して打ってみよう
  • 遅い球でバッティングフォームを意識しよう
  • ホームランを狙ったスイングをしよう
  • 速球で目を慣らそう
  • ヒット性の当たり、8割以上を目指そう

といった感じで目的を持って練習することが大切です。
1回、1回の取り組み方で将来の技術が変わってきます。

バッティングセンターで練習する際の注意点は»あなたの野球が上達しない理由をご覧ください。

メディシンボールスロー

メディシンボールスロー

メディシンボールスローは、飛距離UPのおすすめ練習方法です。

科学的根拠もあり、プロ野球選手も多くの選手が取り組んでいます。

重さを変えることによって、小学生から社会人まで取り組むことができます。

いろいろな練習バリエーションがあるので、詳しくは »メディシンボールを使った野球トレーニング5選をご覧ください。

ダッシュ(走力を上げる)

一見バッティングに関係なさそうですが、走力を上げることによってバッティングの飛距離が伸びます。

総合的な身体能力を上げることによって、バッティングの飛距離や球速も伸びます。

走力を上げるトレーニング方法や理由については、以下をご覧ください。
»野球における走り方のコツとは【99%の人が走力を上げる方法】

一人の時間を有効に使うことによってバッティング技術が上昇する

一人で出来るバッティング上達方法を紹介してきました。

もう一度おさらいすると、室内なら以下のトレーニングがおすすめです。

  • 素振り(テレビ中継を見ながらタイミングをとる)
  • トスマシーン
  • 置きティー
  • 筋トレ
  • ストレッチ

屋外なら以下のトレーニングがおすすめです。

  • バッティングセンター
  • メディシンボールスロー
  • ダッシュ

普通のトレーニングだからこそ、しっかり練習できると試合で力を発揮することができますよ!ぜひ参考にして練習に取り組んでみてください。

一人でできる守備やピッチングについては、以下をご覧ください。

»自宅、屋外で行う守備練習7選
»家、屋外でできるピッチング練習9選

筋トレや休養、栄養補給といったことも大切になります。

トレーニング後はプロテインを忘れずにとりましょう!