久しぶりの野球で怪我をしないために【再開の目安や対策】

こんにちはたっけーです。

先日、自粛も明けたことで久しぶりに練習しました。

約3か月ぶりですかね。

楽しみウキウキで行ったわけですが、

結果つらい練習になりました。

【結論】準備はしっかりしておきましょう!

ちなみに

脱臼なんですね!

こんな感じで、プロ野球選手でも怪我をするぐらいですから、一般の野球人はもっと気を付けないといけないですね。

自粛中はジムに行けず

  • 自宅での自重トレーニング
  • 自宅でのストレッチ
  • 公園での懸垂
  • 軽いランニング

等を行っていました。

動きは問題なし

意外と動けていたので安心しました。

がしかし

  • グローブと手の間がこすれて、皮がむける
  • 久しぶりにはいたスパイクのおかげで、靴ずれをおこす

もう後半の1時間は地獄でした((+_+))

おじさんは
怪我の心配もあるけど、こんな「レベルの低いところから気にしないいけない」と思いました。

テーピングでごまかしていたのですが、気になってしょうがなかったです。

そんなこんなで、ボロボロで帰ってきた久しぶりの野球でした。

久々に野球をする、注意点をまとめてみました

この記事は、野球歴30年のたっけーが書いています

徐々にステップアップしていく

久しぶりの野球

1番大事なことは怪我をしないこと

焦る気持ちは分かるが、ほんとに軽い練習から始めていく。
初日はランニングとストレッチ、ダッシュぐらいのメニューでもOK

そこから1週間、2週間かけてキャッチボールやバッティング練習を増やしていく

当たり前のことですが

  • 1か月、2か月後を見据えて練習する
  • 人それぞれなので、「このやり方が絶対いい」はない。

周りからみてオーバー練習している人がいたら、止めるのも大事

何度もいいますが、
怪我をしないように。
怪我をしたら、初めからやり直しになりますから
練習再開に向けての目安を詳しく知りたい方は、こちらのサイトが分かりやすく説明しています。
少しでも違和感があったらやめる
  • 少しが、だんだん大きくなってきます
  • 少しなら短い時間で回復します
  • 大きくなると回復に長い時間がかかります
練習をやめる勇気も必要

肩や肘が痛くなったら

練習をやめる

休んで専門の病院に行きましょう!
休んですぐよくなる場合でも、病院にいくといいです。

よくなるとめんどくさいし、自分は大丈夫と思ってしまいますが、
長い野球人生を考えると早めに病院にいった方がいいです

そこから症状や原因が分かるので、怪我の予防や次に痛くなった時に問題が分かります。

私も肩痛で悩んでいた時期がありましたが、

  • 病院にいって問題が分かると、安心します
  • リハビリの仕方も、教えてくれます

肩、肘が痛くなったら休んですぐに病院に行くべし

防げる怪我には気を付けましょう!

プレー中の怪我はしょうがないですが、予防できる怪我は防げるように気を付けて、楽しい野球生活を送りましょう。

肩や肘の怪我の予防には、こんなものもあります。

参考になったらうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。