日本シリーズがつまらないと言われる理由は?【制度に問題あり】

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
日本シリーズの時期になりましたけど、野球が面白くありません。日本シリーズもつまらなくなったと感じます。どうしたら野球が面白くなりますか?

日本シリーズの問題点を解説しつつ、このような悩みを解決します。

本記事の内容

  • そもそも日本シリーズとは何?
  • 日本シリーズがつまらなくなった、と言われる理由
  • 日本シリーズの問題点
  • どうしたら日本シリーズが楽しくなるのか

以上をそれぞれ解説します。

本記事の執筆者

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します。
現在も毎日野球観戦しています。

NPB(日本野球機構)情報とネット情報をまとめました。

本記事を読むと、日本シリーズがつまらなくなったと感じる理由が分かります。理由が分かると、日本シリーズ、プロ野球の問題点もみえてきます。

日本シリーズがつまらないと感じている人は、ネット上でもそこそこいるようです。私自身は、つまらないと感じないのですが、まとめた情報を解説します。

少しでも皆様の役に立てれば、と思います。

それでは、本題にはいります。

そもそも日本シリーズとは

そもそも日本シリーズとは

つまらない理由を考える前に、日本シリーズの重要性、どんな大会なのかもう一度立ち止まって確認します。

正式名称を「日本選手権シリーズ」

各年のプロ野球、日本一を決める試合です。
当たり前ですよね。

セリーグとパリーグの分裂を受けて、1950年にそれぞれのリーグ優勝者で日本一を決めるシリーズとして制定された。

そもそも日本シリーズの試合方式は、創設当初からほとんど変わっていない。なので多くの人が日本シリーズの開催方式に、不満があるわけではありません。

なぜ日本シリーズがつまらないのか

交流戦とクライマックスシリーズ(CS)の導入です。交流戦とクライマックスシリーズ(CS)の開催により、日本シリーズの価値が下がったと感じる人が多いようです。

交流戦とクライマックスシリーズ、2つを軸に話を進めていきます。

日本シリーズがつまらなくなった主な理由2選

  • 交流戦の導入
  • クライマックスシリーズ(CS)の導入

深堀りします。

交流戦の導入

交流戦があることによって、全チームとシーズン中に対戦。結果として、日本シリーズの価値が下がりました。

導入当初は、珍しさもあって楽しんでいたが、今となっては「見あきてしまった」というような意見です。そのとおりで、昔ならオールスター以外で対戦することがない選手やチーム同士の対戦は、わくわくしました。

見ているこちらも、新鮮さがありました。

1987年、日本シリーズでの清原の涙は、印象的でちょっと感動しました。

話がそれましたが、こういったことも現在の制度では、ありえないのです。

日本シリーズで巨人対ソフトバンクと言われても、感動がありません。何なら「またか」という人もいると思います。

つまらない理由として、何となく納得できます。

交流戦や野球の問題ついては、以下の記事でも解説しています。

»野球がつまらないスポーツと言われる理由

クライマックスシリーズ(CS)の導入

「シーズン優勝をしても、日本シリーズにでれないなんておかしい」という意見。

そもそもチーム数の多いアメリカでは公平だけど、チーム数の少ない日本では同リーグとの対戦です。同リーグのチームとやる意味が分からない。
  • 3位のチームが日本シリーズに出ると、しらける
  • 1、2位のチームを応援していた人は、応援する気がなくなる
  • 勝率5割を切ったチームでも、日本シリーズに出場することができる

消化試合を無くす意味では有効ですが、シーズン試合、日本シリーズの価値が下がったことは、間違いないでしょう。

つまらない理由として、何となく理解できます。

クライマックスシリーズ(CS)がつまらなくなった理由は、以下の記事でも解説しています。

»野球がつまらないスポーツと言われる理由

その他にも多くの理由があります。

その他の理由

  • ソフトバンクが強い
  • パリーグが強い(セリーグが弱い)
  • 巨人が強い(弱い)
  • 自分の応援しているチームが負けたので、興味がなくなった
  • 試合がスイープ(0勝4敗)で終わって、盛り上がらなかった
  • 何となく地味な、日本シリーズの対戦カードになった

こちらの理由は、制度の問題というより、個人の価値観的な理由です。

詳しくみていきます。

ソフトバンクが強い

クライマックスシリーズ(CS)導入の2007年~2019年まで、13年間のパリーグ成績です。

CS出場回数優勝回数
ソフトバンク12回6回
日本ハム9回4回
西武8回1回
楽天4回1回
オリックス2回0回
ロッテ6回1回

以上のとおりで出場回数も多く、積極的に選手を集めていることもあり、面白くないと思っている人も多いようです。

日本ハムも、そこそこ多い気がしますが・・・。

パリーグが強い(セリーグが弱くてつまらない)

クライマックスシリーズが始まった2007年から調べると

日本シリーズの成績

パリーグ:優勝10回
セリーグ:優勝3回

球団別

セリーグ:巨人2回、中日1回
パリーグ:ソフトバンク6回、日本ハム1回、楽天1回、ロッテ1回

ソフトバンクの強さと共に、パリーグの強さが際立っていますね。むしろパリーグというよりは、ソフトバンクが強い!?といった感じです。

パリーグが強い要因

  • DH制の採用
  • パリーグの方が良い投手が多く、レベルが高い

DHを含めたチーム運営が、日本シリーズに活きるといった意見です。いい打者が一人増えるので、得点チャンスが増えます。逆にセリーグは、代打要員はいるけど、DHほど強力ではないといった感じでしょうか。

投手もパリーグの方が、いい投手が多く結果的に打者のレベルが上がる、といった意見もありました。賛否ありそうですが、どう思いますか?

結果が全てとはいえ、セリーグはつらいですね。

巨人が強い(弱い)

人気球団の宿命だと思いますが、日本シリーズに出ると、ファンは「応援しよう」となり、アンチはつまらない「見るのをやめよ」となります。

これは、しょうがないですね。本来ならセリーグチームのファンは、巨人でも応援するのがいいような気もしますが・・・。

試合がスイープ(0勝4敗)で終わった

2019年の話ですが、「盛り上がらずに終わった」と言えるかもしれません。ラグビーにもっていかれました。

選手は一生懸命プレーしているので、我慢しましょう。

応援しているチームが出ていなければ、第7戦までいった方が盛り上がるのは、事実でしょう。

自分の応援しているチームが負けたので、興味がなくなった

これに関しては、何もありません。
人それぞれですね。

同じリーグのチームを応援してもいいような気がしますが、どうでしょう。

何となく地味な、日本シリーズの対戦カード

応援しているチームの方に申し訳ないですが、地味と感じてしまう対戦カードも人によって、あるかもしれません。

2010年のロッテVS中日は、地味な対戦カードだったかもしれません。

しかしロッテが「プロ野球史上最大の下克上」を合言葉にCS3位から日本一になり、違った意味で盛り上がったシリーズになりました。

対戦カードは地味でしたが、試合やメンバーをみると、なかなか楽しい試合でした。気になる方はこちらから2010年日本シリーズ

いろいろみてきました。
ここからは、どのようにしたら日本シリーズが楽しめるか考えてみます。

日本シリーズがつまらないと感じたら

日本シリーズがつまらないと感じたら

2点提案します。

  • 違うカテゴリーの野球を見る
  • 違うスポーツを見る

共通しているのは、1度プロ野球から離れてみるということです。

詳しく説明します。

違うカテゴリーの野球をみる

  • 高校野球
  • 大学野球
  • 中学野球
  • 社会人野球

等ですね。

違う野球を見て、プロ野球から離れると、プロ野球の良さが分かるかもしれません。

高校野球ファンは多いと思いますが、個人的に都市対抗野球がおすすめです。

今年は、無料で見れませんが、例年ですと無料でレベルの高い野球が見れます。応援も華やかですから、見たことがない人は、一度行くことをおすすめします。

»【最新情報】2020年、都市対抗野球の観戦方法と魅力

違うスポーツを見る

上記と同じ意味合いですが、違うスポーツを見るとプロ野球の良さが分かるかもしれません。サッカーやバスケットが、いいかもしれません。

他人事ですいません。
嫌々プロ野球を見るぐらいなら、離れてみるのも有効だと思います。よかったらまた見て、つまらなかったらプロ野球はそこまでだったと思いましょう。

時間は貴重なので。

【まとめ】日本シリーズがつまらないと感じたら

いろいろ説明してきましたが、日本シリーズがつまらなくなった理由は主に

  • 交流戦の導入
  • クライマックスシリーズ(CS)導入

しかし収入、観客動員数も伸びていることから、この制度が無くなることはないでしょう。

自分が日本シリーズを楽しめるように、工夫するしかないということです。

本日は以上です。

野球がつまらないと感じたら、以下の記事もおすすめです。

»野球がつまらないスポーツと言われる理由

最後まで読んでいただきありがとうございました。