ルマン24時間レース・無料放送の見方を解説【おすすめは1つだけ】

悩んでいる人
・ルマン24時間レースを無料ネット配信で見る方法が知りたい!
・ルマン24時間レースをネット配信、テレビ放送しているサービスの違いが知りたい!

このような疑問を解決します。

本記事では、ルマン24時間レースをネット配信、テレビ放送しているサービスをまとめています。

ルマン24時間レースを無料で見る方法を解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ルマン24時間レース・無料放送の見方

ルマン24時間レース・無料放送の見方

ルマン24時間レースを無料で視聴できるサービスは以下の3つです。

上記の3サービスで、ルマン24時間レースは無料視聴できます。

ただし、TOYOTA GAZOO RacingのYouTubeチャンネルは、オンボード映像のみとなります。

またWEC公式YouTubeチャンネルは、アーカイブのため後日UP。

したがって、レースの全体映像をライブで無料視聴したい方は、J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録しましょう。

とは言え、視聴方法は複数あります。
他のサービスも紹介しながら詳しく解説していきます。

【14日間無料】J SPORTSオンデマンド(Amazonプライム)

料金(税込)2,178円
無料期間14日間無料
ライブ
見逃し
視聴方法スマホ
タブレット
パソコン
テレビ
アプリ

J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録することで、14日間無料で視聴できます。

したがって、ルマン24時間レースを無料視聴することができます。

登録にはAmazonプライム会員(月額500円・30日間無料)とAmazonプライムのJ SPORTSオンデマンド(月額2,178円・14日間無料)が必要。

どちらも無料期間の解約が可能。

レース全体映像を視聴するには、こちらが1番利用しやすいでしょう。

また、ルマン24時間以外のWEC、スーパーGTなどのライブ映像、過去の動画も見放題になります。

14日間無料で解約も可能!

【無料】TOYOTA Gazoo Racing(YouTube)

TOYOTA Gazoo RacingのYouTubeチャンネルでは、オンボードのみ無料ライブ配信しています。

J SPORTSの映像と併せて視聴すれば、よりルマン24時間レースが楽しくなります。

TOYOTA GAZOO RacingのYouTubeはこちら

【アーカイブ】WEC公式YouTube

WEC公式YouTubeチャンネルではダイジェスト、ハイライトを視聴することができます。

またレース後、レースの全模様がアーカイブ配信されます。

いつ配信されるかは、海外サイトのため未定。

ちなみに2021年の模様は、数か月後にUP。
現在も視聴することができます。

WEC公式YouTubeチャンネルはこちら

【無料なし】J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

【無料なし】J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

料金(税込)1,980円
無料期間なし
ライブ
見逃し
視聴方法スマホ
タブレット
パソコン
テレビ
アプリ

J SPORTSオンデマンド公式サイトでも、ルマン24時間レースはネット配信されます。

こちらは無料期間がなく、登録後即月額料金1,980円が発生します。

Amazonプライムの無料体験期間がない方や、25歳以下は半額のため、こちらから登録するのがおすすめ。

モータースポーツが見放題のため、スーパーGT、スーパーフォーミュラ、WEC、WRCなども見放題になります。

コンテンツ量は豊富なので、月額1,980円分の元はとれる印象です。

【無料なし】WEC公式サイト

【無料なし】WEC公式サイト

料金(税込)9.99ユーロ
約1,281円
無料期間なし
ライブ
見逃し
視聴方法スマホ
タブレット
パソコン
アプリ×

WEC公式サイトでは、ルマン24時間レース、予選、決勝がライブで視聴可能です。

公式コンテンツだけあって、配信内容は最も豊富です。
ただし、英語のため利用しづらいのが難点。

とは言え、24時間予選、決勝全て視聴したい方はこちらがおすすめです。

【加入月無料】J SPORTS(BS放送)

料金(税込)2,515円+429円
無料期間加入月 ※解約は不可
ライブ
再放送

上記はスカパーの料金。

2021年はBSスカパー、J SPORTSで放送がありました。

テレビの大画面でルマン24時間レースを見たい方は、J SPORTSへの登録は必須。

J SPORTSの登録は、BS放送で見れるスカパーがおすすめです。

加入月無料で月額2,944円で利用できます。

ルマン24時間を含む、スーパーGT、スーパーフォーミュラ、耐久レース、フォーミュラEの他、野球、サッカーなど多くのスポーツが見放題になります。

スカパーの詳細はこちら(加入月無料)

J SPORTSをスカパーから視聴する詳細はJ SPORTS(ジェイスポーツ)を無料で見る方法5選【確実にスポーツが見れます】でまとめています。

【ダイジェストのみ】地上波テレビ

【ダイジェストのみ】地上波テレビ

番組名EXITのモータースポーツ応援宣言
日時毎週日曜
22:55~23:00
チャンネルテレビ朝日
メーテレ
出演者EXIT(りんたろう―、兼近大樹)
柴田阿弥
放送地域東京、神奈川、群馬、茨城、千葉、栃木、埼玉
愛知

地上波テレビでWECに関する唯一の番組は「EXITのモータースポーツ応援宣言」です。

2022年よりWRCの他、耐久についても放送されるようになりました。

とは言え、放送時間は5分(CMを含む)です。

かなり短い内容です。

【配信なし】DAZN

DAZNでルマン24時間レースの配信はありません。

無料視聴したい方は、J SPORTSを利用しましょう。

ルマン24時間レースの概要

ルマン24時間レースの概要

3分でわかるルマン24時間レースの紹介

  • 世界3大レースの一つ
  • 最速400㎞になることも
  • 24時間のため過酷
  • 一般道とサーキットを合わせたコース設定
  • 安全性も重要な要素の一つ

WECシリーズの一戦で、世界三大耐久レースと呼ばれる自動車レースの中の一つ。

デイトナ、スパ・フランコンシャル24時間レースと同様に、世界で最も人気のある24時間耐久レースです。

コースは常設サーキットと、閉鎖した一般道を組み合わせた一周約13kmのコースを24時間で何周出来るか競うレース。

24時間で約5,000kmほどを走り切る過酷なレースです。
5,000kmというと東京と大阪の約10倍にあたります。

モナコサーキットと同様に非常に難しい一般道サーキットとして有名です。

24時間という長丁場のレースですが、最後までマシンを労りゴールするかという事に重点を置かれます。したがって、自動車の進化した安全技術を披露する場にもなっています。

出場する車体は、基本的に一般販売されている車体をレーシングカーとして制作。

多くのマシンを見ることができるのも特徴の一つです。

魅力

  • 24時間のため人間の限界を見ることができる
  • 美しい景色
  • 300㎞を超えるスピード
  • 多種多様なマシン
  • 一般道とサーキットの融合
  • 過去には俳優や有名人も参戦

300キロオーバーのレースを見ることはもちろんのこと、コース脇には一般の住宅もチラホラあり日常的な風景を見ることもできます。

お客さんもコース脇付近にテントを設営し、キャンプを楽しみながら思う存分レースを楽しんでいます。

ルマンの最大の魅力は強烈なストレスにさらされる、人間や車の死闘を見ることにあります。

過去には一人で24時間耐久レースを行ったり、映画俳優が参戦を試みるなど話題にも事欠きません。
このレースを題材にした映画やゲームもあります。

夕方から夜、更に深夜から夜明けに掛けてのレースシーンは、自動車レースとしての魅力だけでは無く、自然の美しさ等も充分に感じる事が出来るレースです。

日程

イベント日にち
公開車検6月3日(金)・4日(土)
テスト6月5日(日)
ピットウォーク6月7日(火)
プラクティス6月8日(水)
ハイパーポール6月9日(木)
トラックサイド・エンターテインメイト6月10日(金)
決勝6月11日(土)16:00~
6月12日(日)終了

【まとめ】ルマン24時間レース・無料放送の見方

ルマン24時間レースを無料視聴できるのは、以下のサービスです。

レースのライブ中継を見るなら、JSPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録するのがおすすめです。

お試しで利用できます。

他のサービスについては、ルマン24時間レースをより楽しみたい場合に登録を検討しましょう。

日ごろのストレスを、ルマン24時間中継で吹き飛ばしましょう!

14日間無料で解約も可能!