出塁率の重要性、計算の仕方と2020年、歴代ランキングを紹介

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・野球においてなぜ出塁率が重要なのか知りたい
・出塁率の計算方法が知りたい
・2020年、歴代の出塁率ランキングが知りたい

このような疑問を解決します。

記事の内容

  • 野球において出塁率が重要なわけ
  • 出塁率の計算方法と目安の数字
  • エラーで出塁した場合は、どうなる?
  • 2020年と歴代の出塁率ランキング
  • 加重出塁率とは

以上をそれぞれ解説します。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説
現在も毎日野球を見ています

本記事は、NPB(プロ野球機構)、データサイト、本の情報を総合的にまとめました。

本記事を読むと、野球の出塁率の重要性、計算方法、2020年の出塁率ランキングが分かる内容となっています。

セイバーメトリクスの視点から少し難しい話もしますので、ぜひチェックしてみてください。

「セイバーメトリクスって何?」っと思ったら»セイバーメトリクスの基本【分かりやすく解説】をご覧ください。

それでは、本題に入ります。

出塁率が重要なわけ

出塁率が重要なわけ

野球において最も重要なことは、「得点を増やす」と「失点を減らす」です。

得点が多くなると、勝つ確率が上がります。
誰でも理解できると思います。

当たり前のことを言って、すいません。
しかし重要なことなので。

この得点と関連性が、高いのが出塁率です。

出塁率が高い

アウトになる確率が低い

永遠に攻撃ができる

得点を多く奪える

このようなイメージです。

従来の成績、打率や打点は得点との関連性が低いことから、出塁率や長打率が注目されるようになりました。

»OPSなども盛んに使われています。

ちなみに
打率と得点の相関関係は、7割2分
出塁率は8割3分

程度と言われてます。ちょっと前の本の情報なので、間違っていたらすいません。

ここからは、出塁率について、もう少し深堀しましょう。

出塁率とは

出塁率とは

出塁率は、On-base percentage :OBP

成績欄にOPBと記載されていたら、出塁率のことです。

計算方法

出塁率=(安打+四球+死球)÷(打数+四球+死球+犠飛)

難しく書いていますが、エラーや打撃妨害以外で出塁した数を、打席数(犠打を除く)で割った数値です。

繰り返しになりますが、出塁率は「アウトにならない確率」を表しています。

ポイント

  • エラーで塁に出た場合は、出塁率が下がる(計算の対象)
  • 犠打(送りバント)は、出塁率に含まれない
  • 犠飛(犠牲フライ)は、出塁率に含まれる

詳しく説明します。

エラーは、出塁率が下がる

エラーで出塁した場合は、出塁率が下がります。

エラーは、相手のミスで出塁したランナーなので、ミスがなければ凡退したと考えます。したがって、エラーで出塁しても、出塁率は上がりません。逆に下がります。

犠打は出塁率に含まれない

犠打(送りバント)では、出塁率は下がりません。なぜなら、犠打は打数にカウントされません。

かんたんに言うと、「もともとアウトになるつもりで、走者を進塁させた」と、とらえるからです。

逆に犠飛は、打ちにいった結果、ランナーが進塁したと考えます。

そのため、犠飛は打数にカウントし出塁率が下がり、犠打は打数にカウントしないため、出塁率は下がりません。

出塁率の目安

次のランキングも含めて、みていただくと分かりやすいです。

2019年の平均出塁率は.325です。
ここを基準に考えてみると、以下のようになります。

かなり優秀.450
優秀.400
平均的な打者.330
悪い打者.280
まずい打者.250

あくまでも目安です。会社やデータによって変わる可能性もありますが、成績を見る際の参考にしてください。

【2020年】出塁率ランキング

セリーグ

出塁率ランキング
選手名チーム出塁率
1村上宗隆ヤクルト.427
2青木宣親ヤクルト.424
3鈴木誠也広島.409
4佐野恵太横浜.395
5梶谷隆幸横浜.387
6大島洋平中日.382
7坂本勇人巨人.379
8丸佳浩巨人.375
9高橋周平中日.368
10サンズ阪神.363

パリーグ

選手名チーム出塁率
1近藤健介日本ハム.465
2吉田正尚オリックス.453
3柳田悠岐ソフトバンク.449
4西川遥輝日本ハム.430
5浅村栄斗楽天.408
6マーティンロッテ.382
7小深田大翔楽天.364
8島内宏明楽天.3634
9鈴木大地楽天.3632
10栗山巧西武.362

【歴代】出塁率ランキング

通算

選手出塁率
1王貞治.4463
2落合博満.4225
3張本勲.3994
4糸井嘉男.3927
5松中信彦.3915
6小笠原道大.3895
7清原和博.3889
8松井秀喜.3878
9榎本喜八.3859
10青木宣親.3583

シーズン記録

1985年以降、規定打席以上
選手チーム出塁率
1落合博満ロッテ1986年.487
2落合博満ロッテ1985年.4806
3バース阪神1986年.4805
4落合博満中日1991年.4728
5小笠原道大日本ハム2003年.4725
6柳田悠岐ソフトバンク2015年.4694
7ペタジーニヤクルト1999年.4687
8丸佳浩広島2018年.468
9カブレラ西武2002年.467
10ペタジーニヤクルト2001年.466

【番外編】加重出塁率

»セイバーメトリクス的に出塁率を見ていきます。

加重出塁率とは、wOBA(Weighted On Base Average)のことです。ちょっと難しい話になっていますが、かんたんに説明します。

出塁率ですと、四球で出たランナーと3塁打で出たランナーは、同じ1になります。しかし、実際は、3塁打で出たランナーの方が、得点が入りやすいはずです。

出塁の内容を「得点の入りやすさ」によって数値化したのが、加重出塁率です。

例えば、四球が1だとしたら、ホームランは1.5といったイメージです。

計算式

wOBA(NPB版)={0.692×(四球−故意四球)+0.73×死球+0.966×失策出塁+0.865×単打+1.334×二塁打+1.725×三塁打+2.065×本塁打}÷(打数+四球−故意四球+死球+犠飛)

まじ意味不明となった方、すいません。
数字もシーズンや会社によって変わります。

分からない方は、「こんなものもある」ぐらいでOK。

興味がある方は、»セイバーメトリクスをご覧ください。

wOBAの目安

wOBA
非常に優秀.400
優秀.360
平均.330
問題あり.300
かなり問題あり.280

出塁率が分かると野球の楽しみ方が増えます

野球中継を見ると、出塁率が大きく取り上げられることはありませんが、はっきりいってかなり重要な数字です。

テレビ中継では、打者を評価する際に打率を表示しますが、打率より重要です。打率が低くても出塁率が高い打者は、チームの勝ちに貢献している打者と言うことです。

テレビでは、表示されませんがコアな野球ファンは、出塁率の重要性が分かっています。テレビを見る際は、出塁率に注目しながら見ていきましょう。

出塁率が分かると、OPSや長打率といった数値にも目がいきますよね。

関連記事 »OPSの概要

野球中継を楽しむ参考になればと思います。