【必見】出塁率の目安はいくつ?計算方法やエラーの場合も紹介

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・出塁率について詳しく知りたい
・出塁率の計算方法、目安が知りたい

このような疑問を解決します。

記事の内容

  • 出塁率の概要
  • 出塁率の計算方法と目安の数字
  • エラーで出塁した場合は、どうなる?

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説
現在も毎日野球を見ています

本記事は、NPB(プロ野球機構)、データサイト、本の情報を総合的にまとめました。

本記事を読むと、野球の出塁率の概要、目安、計算方法が分かる内容となっています。

セイバーメトリクスの視点から少し難しい話もしますので、ぜひチェックしてみてください。

「セイバーメトリクスって何?」っと思ったら»セイバーメトリクスの基本【分かりやすく解説】をご覧ください。

それでは、本題に入ります。

出塁率の目安

出塁率の目安

早速ですが、出塁率の目安から紹介します。

2019年の平均出塁率は.325です。
ここを基準に考えてみると、以下のようになります。

かなり優秀.450
優秀.400
平均的な打者.330
悪い打者.280
まずい打者.250

あくまでも目安です。年度や会社、データによって変わる可能性もありますが、成績を見る際の参考にしてください。

  • 4割を超えると優秀
  • 3割5分を超えるといい打者
  • 3割3分あたりで平均的
  • 3割を切ると悪い打者

以上のイメージです。

打率が低くても、出塁率が高ければチームに貢献していることが分かります。

出塁率の計算方法

出塁率=(安打+四球+死球)÷(打数+四球+死球+犠飛)

「アウトにならない確率」を指す指標なので、分母には「犠打以外の成績」、分子には「アウトにならなかった数」です。

分かりづらいので、例で説明します。

100打数20安打(単打12、ニ塁打3、三塁打1、本塁打4)3四球、1死球、2犠飛の選手がいたとします。
【出塁率の計算式】
出塁率(.222)={安打(20)+四球(3)+死球(1)}÷{打数(100)+四球(3)+死球(3)+犠飛(2)}

小数点第4位を切り捨てて、出塁率は.222となります。

打率と同じで、整数部分の0は省略されることもあります。

基本的には打率より数字が高くなります。

しかし犠飛も分母に含まれるので、犠飛数が四死球を上回ると、出塁率が打率より低くなることもあります。ですが打撃で犠飛は少ないので、四死球が1以上なら可能性は低くなります。

出塁率とは

出塁率が重要なわけ

【出塁率】
出塁率とは英語でOn-base percentage / OBPと呼ばれます。成績表にOBPと書かれている箇所があれば、出塁率のことです。

野球において打者を評価する指標の一つで、全打席の中でバッターが塁に出た割合です。具体的には打数、四球、死球、犠飛の合計のうち、安打、四球、死球で出塁した割合を表します。

  • 打率:ヒットの確率
  • 出塁率:ヒット+四死球の確率
以上のようになり基本的には、全打席のヒット+四死球でランナーに出た割合です。

プロ野球では公式記録になっていて、シーズン中の出塁率が最も高い選手が最高出塁率として表彰されます。

出塁率はセイバーメトリクスの発達により、近年大きな注目を集める数値になっています。

他のセイバーメトリクスについては保存版】セイバーメトリクス指標一覧【基本から分かりやすく解説】でまとめています。

エラー・犠打・犠飛の出塁率

エラー・犠打・犠飛の出塁率

エラーと犠飛、犠打によって出塁率は変わります。ちょっとややこしいので詳しく説明します。

  • エラーで塁に出た場合は、出塁率が下がる(計算の対象)
  • 犠打(送りバント)は、出塁率に含まれない
  • 犠飛(犠牲フライ)は、出塁率に含まれる

詳しく説明します。

エラー

エラーは出塁した数に入りません。
すなわちエラーで塁に出た場合は、出塁率が下がります。

エラーは、相手のミスで出塁したランナーなので、ミスがなければ凡退したと考えます。したがって、エラーで出塁しても、出塁率は上がりません。逆に下がります。

同様にFC(フィルダースチョイス)も出塁した数に含まれません。

犠打(バント)

犠打(送りバント)では、出塁率は下がりません。なぜなら、犠打は打数にカウントされません。

かんたんに言うと、「もともと打者がアウトになるつもりで、走者を進塁させた」と、とらえるからです。

例外として、犠打(バント)をして記録がヒットになった場合は、ヒットなので出塁率が上がります。

犠飛(犠牲フライ)

逆に犠飛(犠牲フライ)は出塁率が下がります。

犠飛は、打ちにいった(ヒットを狙った)結果アウト、ランナーが進塁したと考えます。

まとめると、犠飛は打数にカウントし出塁率が下がります。犠打は打数にカウントしないため、出塁率は下がりません。

出塁率が大切な理由

野球において最も重要なことは、「得点を増やす」と「失点を減らす」です。

得点が多くなると、勝つ確率が上がります。
誰でも理解できると思います。

当たり前のことを言って、すいません。
しかし重要なことなので。

この得点と関連性が、高いのが出塁率です。

出塁率が高い

アウトになる確率が低い

永遠に攻撃ができる

得点を多く奪える

このようなイメージです。

従来の成績、打率や打点は得点との関連性が低いことから、出塁率や長打率が注目されるようになりました。

ちなみに
打率と得点の相関関係は、7割2分
出塁率は8割3分

程度と言われてます。

出塁率が分かると野球の楽しみ方が増えます

野球中継を見ると、出塁率が大きく取り上げられることはありませんが、はっきりいってかなり重要な数字です。

テレビ中継では、打者を評価する際に打率を表示しますが、打率より重要です。打率が低くても出塁率が高い打者は、チームの勝ちに貢献している打者と言うことです。

テレビでは、表示されませんがコアな野球ファンは、出塁率の重要性が分かっています。テレビを見る際は、出塁率に注目しながら見ていきましょう。

セイバーメトリクスの視点から野球を見ると、違った楽しみ方ができますよ!セイバーメトリクスについては【保存版】セイバーメトリクス指標一覧【基本から分かりやすく解説】で解説しています。

野球中継を楽しむ参考になればと思います。