野球のピッチャーからホームベースまでの距離と歩数は何歩?

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・プロ野球のピッチャーからホームまでの距離が知りたい
・小学生、中学生のピッチャーからホームまでの距離が知りたい(歩数はどれくらい?)
・ベースのサイズや塁間の距離も合わせて知りたい

このような疑問を解決します。

記事の内容

  • ピッチャーからホームまでの距離(小学生や中学生とプロ野球の違い)
  • 塁間やグランウンドのサイズの違い

以上をそれぞれ解説します。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します。
現在も毎日野球観戦しています

この記事は、公認野球規則(野球のルールが書いてある本)、「少年野球ルールの本」といった本、ネット情報を総合的にまとめました。

本記事を読むと、ピッチャーからホームベースまでの距離とカテゴリーによる違い、その他グランドの距離について分かる内容となっています。

ピッチャーからホームベースの距離だけでなく、塁間や球場のあらゆる距離についても画像付きで紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

それでは、本題に入ります。

野球のピッチャーからホームベースまでの距離(ソフトボールも有)

野球のピッチャーからホームベースまでの距離(ソフトボールも有)

年齢とカテゴリーによる距離は、以下のようになっています。

カテゴリープレートからホームまでの距離塁間外野までの距離
中学生以上18.44m27.431m76.199m以上(97.534m以上が理想)
ボーイズリーグ(中学部)18.44m27.431m規定なし
ボーイズリーグ(小学部)15.367m22.86m規定なし
少年軟式(高学年)16m23m両翼70m、センター85m
少年軟式(低学年)14m21m両翼70m、センター85m
リトルリーグ14.02m18.29m60.95m以上
ソフトボール男子14.02m18.29m76.20m以上
ソフトボール女子13.11m18.29m67.06m以上
ソフトボール(小学生)10.67m16.76m53.34m以上

カテゴリーによって、微妙に距離が変わってきます。
これはケガの防止や、大人と同じ距離の野球ができないためです。

参考ですが、ソフトボールは男女で距離が変わります。

詳しくみていきます。

小学生(低学年)

低学年は小学1~4年生です。

このカテゴリーでは、ピッチャーからホームベースまでの距離は14mとなっています。

小学生(高学年)

高学年は小学5~6年生です。

このカテゴリーでは、ピッチャーからホームベースまでの距離は16mとなっています。

小学5年生になると、2m伸びることになります。

ボーイズリーグ

ボーイズリーグは、硬式のボールを使って試合をします。

ボーイズリーグの小学生の部では、ピッチャーからホームベースまでの距離は15.367mです。

中学生以上(高校野球~プロ野球)

中学生以上は、ピッチャーからホームベースまでの距離は全て同じで18.44mです。

18.44mの歩数は何歩?

悩んでいる人
歩数にすると、どのくらいの距離でしょうか?

人にもよりますが、成人男性ですと22歩前後といった感じです。

歩幅の目安は「身長×0.45」です。

引用 OMRON

分からない場合は、歩幅の目安から計算してみてください。

1800.44cm÷(身長×0.45)=

で、だいたいの歩数が分かります。

余談ですが、投手のスッテプ幅は6足ぐらいが、一般的と言われています。

グランドの距離

投手とホームの距離だけでなく他の距離を見てみましょう。

プロ野球・社会人野球・高校野球・一般軟式・リトルシニア・ボーイズリーグ

プロ野球・社会人野球・高校野球・一般軟式・リトルシニア・ボーイズリーグ

少年軟式

少年軟式

ソフトボール

ソフトボール

マウンドの規格

ピッチャーが投球する、周りより高くなった場所のことです。
このマウンドと、ピッチャープレート(投げる際に触れる板)も、大きさが決まっています。

プロ野球・社会人野球・高校野球・一般軟式・リトルシニア・ボーイズリーグ

プロ野球・社会人野球・高校野球・一般軟式・リトルシニア・ボーイズリーグ

少年軟式

18.44mになった理由

なんか18.44mって、すごい微妙な距離ですよね。
私も気になって調べてみたのですが、所説あるようですが以下のとおりです。

当初の距離は13.7mだったが、1881年にニューヨークジャイアンツのアモス・ラジー選手の球が速く、もっと距離を遠くしろと苦情がありました。

そんな中、対戦相手にデッドボールを当ててしまい、4日間意識不明になってしたまったとのことです。

しかたなく距離を下げていたのですが、当時の委員会が60.0フィートと書かれていた文字が汚く60.6フィートと勘違いしてしまいました。

それがそのまま18.44mになったようです。
他にも所説あるようです。

今、考えると18.44mって絶妙な距離ですよね。ホームへの距離、一塁や二塁への距離、アウトカウント、ホームラン、打率、全ての数値が絶妙なバランスで野球が成り立っています。

当たり前に楽しめている野球の原点が、分かるような内容ですね。

到達時間

18.44mと言うのが分かったところで、ピッチャーが投げてから、キャッチャーミットに収まるまでの時間はどのくらいでしょう。

仮に150キロのボールとすると、0.44秒です。

0.44秒の間にバッターは、ストライクかボールを見極めて、バットを振るか決めなければいけません。

バッターは大変ですし、打率が3割前後になる理由の一つかもしれません。

野球のルールが分からない時

野球のルールでどうしても分からないルールがある場合は、公認野球規則(野球のルールが書いてある本)を読むのがおすすめです。ほぼ全て解決します。

少年野球なら「少年野球ルールの本」という書籍がおすすめです。

野球のピッチャーとホームベースの距離を知って上達しよう!

距離が分かったところで、ピッチング練習をしましょう。
投手の役割や練習方法は、以下の記事で解説しています。

関連記事 野球における投手(ピッチャー)の役割とは?向いている性格と練習方法を紹介

野球上達の参考になればと思います。