野球のWHIPとは?計算方法と読み方、目安を野球歴30年の私が徹底解説

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・セイバーメトリクスのWHIPって何ですか?
・WHIPの目安・計算方法が知りたい

このような疑問を解決します。

記事の内容

以下のような内容を解説します。知りたい箇所をタップしてもらうと説明箇所に飛びます。

ざっくり知りたい方は、順に読み進めてください。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します
現在も毎日野球観戦しています

本記事は、NPB(日本野球機構)、ネット情報、本の情報を総合的にまとめました。

WHIPは、セイバーメトリクスの一つの指標になります。「セイバーメトリクスって何?」と思った方は»セイバーメトリクスの基本をご覧ください。

それでは、本題に入ります。

野球のWHIPとは?

野球のWHIPとは?

【WHIP】
Walks plus Hits per Inning Pitchedの略
「ウィップ」「ダブリュー・エイチ・アイ・ピー」と呼ばれます。どちらでもOKです。

WHIPとは野球において投手の成績を評価する指標の一つで、1回に、何人走者を出したかを表す数値です。

防御率が1試合で何点取られたのかを表す指標に対して、WHIPは1イニングに出した走者の数を表します。したがって、投球の安定感や内容を表します。

かんたんに言うと、WHIPが1であれば「毎回1人のランナーを出す「、「WHIPが2だと毎回2人のランナーを出す」といった数値で、なるべく走者を出さない投手が優秀になります。
例えば、防御率はいいけどWHIPの数値が高い投手は、「ランナーを多く出塁させているけど、点は与えていないよね」といったことが分かります。この結果、成績はいいけど見ていてハラハラするような投手ということが分かります。

日本では公式記録として採用されていませ。しかしセイバーメトリクスの視点から注目されています。打率や防御率だけでなく、WHIPが分かるとより客観的に投手を評価できます。

ちなみにメジャーリーグや台湾プロ野球では、公式記録となっています。

関連記事 セイバーメトリクスの基本とは?

計算方法

=(与四球+被安打)÷投球回

与四球と被安打を足した数値を投球回で割ることで求められます。

【ポイント】
死球やエラーなどの出塁は数えません。

例です。
投手Gが先発し8イニングを投げ、被安打8、与四球2の内容だったとします。これを計算式に当てはめると

(与四球2+被安打8)÷8=1.25

この結果、G投手のWHIPは1.25です。

もう一例です。
投手Bがリリーフ登板し10試合、合計14回2/3イニング投げ、被安打10、与四球3の内容でした。この場合は

(与四球3+被安打10)÷14.6(2/3は0.6で計算)=0.89

投手BのWHIPは0.89となります。

目安

目安は以下のようになっています。
数値自体は非常に分かりやすく、低ければ低いほど優秀な投手になります。

WHIP評価
1.00素晴らしい
1.10非常に良い
1.25平均以上
1.32平均
1.40平均以下
1.50悪い
1.60非常に悪い
1.2を切ればチームのエース級
1.0を切れば日本を代表する投手です。

しかし1.60でも悪い投手となるので、範囲自体は非常に狭くなっています。

問題点

WHIPは、問題点の多い指標と言われます。

  1. 野手の守備に左右される
  2. 死球は含まれない
  3. 長打、単打、四球が同様にカウントされる

詳しくみていきます。

①野手の守備に左右される

極端ですが、味方の守備が下手(守備範囲が狭い)であれば、安打になる可能性が高くなります。したがって投手の成績にも関わらず、味方の野手の守備力によって数値が変わります。

セイバーメトリクスの考え方では、ホームラン以外の打球は運の要素が大きくなるとされ、味方の守備力や守備位置によって成績が変わるwhipは、問題のある指標とされています。

②死球は含まれない

WHIPでは計算式に死球が含まれません。
したがって、死球のランナーを出してもWHIPの数字は変わりません。

これは「死球は打者の責任で、投手には関係ない」としているからです。

これは、微妙なところで投手にも責任がありそうな気がしますが、このようになっています。

③長打、単打、四球が同様にカウントされる

長打を打たれるとそれだけ失点に繋がりやすいですが、WHIPにおいては単打と同じ扱いのため、WHIPが低くても失点が多い投手である可能性もあります。

例えば1回に3塁打+ヒットで1点失った投手と、四球+単打で失点0の投手が同じWHIPになるわけです。

WHIPは「1回あたりの走者の数を表す数値」ですが、あくまでも投手が打者を出塁させない能力を表した指標で、投手の全てが評価されるわけではありません。

ここまで見ると、何となく問題の多い指標と言うことが分かります。

WHIPは問題もあるが分かりやすい指標

問題点もありますが、勝ち数や防御率でも上位の投手で評価できる数値かなと思います。計算もかんたんにできるので、誰でも分かりやすい指標ですね。

是非いろいろな楽しみ方をみつけて、野球を楽しんでいきましょう。

関連記事 »セイバーメトリクス一覧

最後まで読んでいただきありがとうございます。