プロ野球のWHIPとは?計算方法と読み方、意味を野球歴30年の私が徹底解説

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・セイバーメトリクスのWHIPって何ですか?
・WHIPの目安が知りたい
・2020年、歴代のランキングが知りたい

このような疑問を解決します。

記事の内容

  • 野球におけるWHIPの意味と読み方
  • WHIPの目安
  • 2020年、歴代のWHIPランキング

以上をそれぞれ解説します。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します
現在も毎日野球観戦しています

本記事は、NPB(日本野球機構)、ネット情報、本の情報を総合的にまとめました。

本記事を読むと、WHIPの概要、WHIPの目安、2020年、歴代ランキングが分かる内容となっています。

WHIPは、セイバーメトリクスの一つの指標になります。「セイバーメトリクスって何?」と思った方は»セイバーメトリクスの基本をご覧ください。

それでは、本題に入ります。

野球のWHIPとは?

セイバーメトリクスのWHIPとは?

【WHIP】
Walks plus Hits per Inning Pitchedの略
「ウィップ」「ダブリュー・エイチ・アイ・ピー」と呼ばれます。どちらでもOKです。

WHIPとは野球において投手の成績を評価する指標の一つで、1回に、何人走者を出したかを表す数値です。

防御率が1試合で何点取られたのかを表す指標に対して、WHIPは1イニングに出した走者の数を表します。したがって、投球の安定感や内容を表します。

かんたんに言うと、WHIPが1であれば「毎回1人のランナーを出す「、「WHIPが2だと毎回2人のランナーを出す」といった数値で、なるべく走者を出さない投手が優秀になります。
例えば、防御率はいいけどWHIPの数値が高い投手は、「ランナーを多く出塁させているけど、点は与えていないよね」といったことが分かります。この結果、成績はいいけど見ていてハラハラするような投手ということが分かります。

日本では公式記録として採用されていませ。しかしセイバーメトリクスの視点から注目されています。打率や防御率だけでなく、WHIPが分かるとより客観的に投手を評価できます。

ちなみにメジャーリーグや台湾プロ野球では、公式記録となっています。

関連記事 セイバーメトリクスの基本とは?

計算方法

=(与四球+被安打)÷投球回

与四球と被安打を足した数値を投球回で割ることで求められます。

【ポイント】
死球やエラーなどの出塁は数えません。

例です。
投手Gが先発し8イニングを投げ、被安打8、与四球2の内容だったとします。これを計算式に当てはめると

(与四球2+被安打8)÷8=1.25

この結果、G投手のWHIPは1.25です。

もう一例です。
投手Bがリリーフ登板し10試合、合計14回2/3イニング投げ、被安打10、与四球3の内容でした。この場合は

(与四球3+被安打10)÷14.6(2/3は0.6で計算)=0.89

投手BのWHIPは0.89となります。

WHIPの目安

目安は以下のようになっています。
数値自体は非常に分かりやすく、低ければ低いほど優秀な投手になります。

WHIP評価
1.00素晴らしい
1.10非常に良い
1.25平均以上
1.32平均
1.40平均以下
1.50悪い
1.60非常に悪い
1.2を切ればチームのエース級
1.0を切れば日本を代表する投手です。

しかし1.60でも悪い投手となるので、範囲自体は非常に狭くなっています。

WHIPの問題点

WHIPは、問題点の多い指標と言われます。

  1. 野手の守備に左右される
  2. 死球は含まれない
  3. 長打、単打、四球が同様にカウントされる

詳しくみていきます。

①野手の守備に左右される

極端ですが、味方の守備が下手(守備範囲が狭い)であれば、安打になる可能性が高くなります。したがって投手の成績にも関わらず、味方の野手の守備力によって数値が変わります。

セイバーメトリクスの考え方では、ホームラン以外の打球は運の要素が大きくなるとされ、味方の守備力や守備位置によって成績が変わるwhipは、問題のある指標とされています。

②死球は含まれない

WHIPでは計算式に死球が含まれません。
したがって、死球のランナーを出してもWHIPの数字は変わりません。

これは「死球は打者の責任で、投手には関係ない」としているからです。

これは、微妙なところで投手にも責任がありそうな気がしますが、このようになっています。

③長打、単打、四球が同様にカウントされる

長打を打たれるとそれだけ失点に繋がりやすいですが、WHIPにおいては単打と同じ扱いのため、WHIPが低くても失点が多い投手である可能性もあります。

例えば1回に3塁打+ヒットで1点失った投手と、四球+単打で失点0の投手が同じWHIPになるわけです。

WHIPは「1回あたりの走者の数を表す数値」ですが、あくまでも投手が打者を出塁させない能力を表した指標で、投手の全てが評価されるわけではありません。

個人的な見解ですが、先発投手より中継ぎや抑え投手を評価する時に向いている指標です。

ここまで見ると、何となく問題の多い指標と言うことが分かります。

ここからはWHIPに関する記録を、見ていきましょう。

WHIPに関する記録(ランキング)

whipに関する記録

日本のwhip歴代ランキングを調べてみました。
公式記録にはなっていないので、参考記録です。

歴代記録

通算2000イニング以上
選手WHIP通算成績防御率
1村山実0.95222勝147敗2.09
2野口二郎0.964237勝139敗1.96
3稲尾和久0.988276勝137敗1.98
4杉浦忠0.99187勝106敗2.39
5藤本英雄1.01200勝87敗1.90
6土橋正幸1.02162勝135敗2.66
7江夏豊1.03206勝158敗2.49
8小山正明1.03320勝232敗2.45
9荒巻淳1.04137勝107敗1.04
10皆川睦男1.06221勝139敗2.42

1位 村山実

村山 実(むらやま みのる、1936年12月10日 – 1998年8月22日)は、兵庫県神戸市北区生まれのプロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者。

闘志むき出しで全身を使った「ザトペック投法」で知られ、二代目「ミスタータイガース」と呼ばれる。

史上9人目及び戦後唯一のシーズン防御率0点台(0.98)、通算防御率セ・リーグ記録(2.09)、通算WHIP日本記録(0.95)、歴代最多タイ記録で史上3人目の沢村栄治賞3回受賞など、複数の大記録を保持している。

2位 野口二郎

野口 二郎(のぐち じろう、1920年1月6日 – 2007年5月21日)は、日本のプロ野球選手。愛知県名古屋市生まれ。

通算237勝。シーズン無四球(13無四球)、シーズン完封(19完封)の日本記録保持者。また、史上3人目のシーズン防御率0点台を達成した。

明、二郎、昇、渉とプロ野球選手を輩出した野口四兄弟の次兄。中等学校野球で2度の優勝を飾り、プロ入り後は多投の中で好記録を残したことから「鉄腕」と称された。

3位 稲尾和久

稲尾 和久(いなお かずひさ、1937年6月10日 – 2007年11月13日)は、大分県別府市出身のプロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者・評論家。血液型はB型。

シーズン42勝はヴィクトル・スタルヒンと並ぶNPBタイ記録、シーズン20与敬遠はNPB記録。

現役時代は西鉄ライオンズの主戦投手としてチームの3年連続日本一に貢献し、連投・多投の中で好成績を挙げたことから「鉄腕」の異名で呼ばれた。

4位 杉浦忠

杉浦 忠(すぎうら ただし、1935年9月17日 – 2001年11月11日)は、愛知県西加茂郡挙母町(現:豊田市)出身のプロ野球選手(投手、右投右打)・コーチ・監督、解説者・評論家。

日本プロ野球史上5人目の投手5冠を達成し、「史上最強のアンダースロー」「魅惑のアンダースロー」などと呼ばれた。

5位 藤本英雄

藤本 英雄(ふじもと ひでお、1918年5月10日 – 1997年4月26日)は、韓國・釜山生まれ、山口県下関市彦島出身のプロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者。韓国名は李 八龍。

日本名は後に中上 英雄(なかがみ ひでお)。

日本プロ野球史上初の完全試合達成者(最年長記録)。

シーズン防御率0.73、通算防御率1.90、シーズン19完封、通算勝率.697の日本記録保持者。

史上3人目の投手5冠、史上7人目のシーズン防御率0点台を達成している。

1949年に1リーグ制の最後の沢村栄治賞も受賞者した。尚、史上最年少監督も務めた。

2020年のWHIPランキング

最新の2020年のランキングも、掲載しておきます。

セリーグ

規定投球回以上

選手名WHIP勝敗防御率
1大野雄大0.8711勝6敗1.82
2菅野智之0.8914勝2敗1.97
3西勇輝0.9811勝5敗2.26
4森下暢仁1.0910勝3敗1.91
5九里亜蓮1.228勝6敗2.96
6青柳晃洋1.287勝9敗3.36

パリーグ

規定投球回以上

選手名WHIP勝敗防御率
1山本由伸0.948勝4敗2.20
2涌井秀章1.1411勝4敗3.60
3有原航平1.178勝9敗3.46
4田嶋大樹1.184勝6敗4.05
5高橋光成1.208勝8敗3.74
6千賀滉大1.2111勝6敗2.16
7石川歩1.237勝6敗4.25
8美馬学1.2610勝4敗3.95

WHIPは問題もあるが分かりやすい指標

問題点もありますが、勝ち数や防御率でも上位の投手で評価できる数値かなと思います。計算もかんたんにできるので、誰でも分かりやすい指標ですね。

特に中継ぎや抑え投手の防御率と比べてみると、「安定感の割にハラハラする投手なんだよな」と言うことが分かります。

是非いろいろな楽しみ方をみつけて、野球を楽しんでいきましょう。

関連記事 »セイバーメトリクス一覧

最後まで読んでいただきありがとうございます。