バッティングセンターで打てない理由と初心者におすすめの練習方法

悩んでいる人
・バッティングセンターで、打てなくて困っています
・初心者がバッティングセンターで、打てるコツが知りたい

このような疑問を解決します。

記事の内容

  • 初心者がバッティングセンターで打てるコツ
  • バットにボールが当たらない(打てない)時の対処法
  • ホームランの狙い方

以上をそれぞれ解決します。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します。
現在も草野球でプレー中です。

この記事は、自身の経験とネットの情報を、総合的にまとめて作っています。

本記事を読むと、初心者がバッティングセンターで打つコツや、打てない時の対処法が分かる内容となっています。

それでは、本題に入りましょう。

初心者がバッティングセンターで打てない(当たらない)理由

初心者がバッティングセンターで打てない(当たらない)理由

結論 打てない理由を知る

「意味が分からない」となりそうなので、詳しく説明します。

打てない(ボールに球が当たらない)=打てない理由があります。

逆に打てるスイングは打てる打ち方をしているので、ボールに当たります。
必ずバッティングには理由があります。

したがって、この理由が分かれば、誰でも必ず打てます。
しかしこの理由が間違っていると、一生打てません。

例えば打てない理由が、バットの振り方にあるのにタイミングや構えがおかしいと自分で認識していると、どんなに練習してもボールが当たりません。

イメージとして、国語のテストなのに算数の勉強をしている感じです。

よくあるのが「アッパースイングだから打てない」、「上からたたいたほうがイイ」こんなことをよく言われますが、間違っていることがほとんどです。※あっている場合もあり。

ではどうやって打てない理由をみつけるのか?

ここからは野球歴30年で分かったバッティングについて、詳しく説明します。
マジでおすすめの記事になります。

次で説明します。
そしてかなり長い分になりますが、一つづつ確実に確認しながら試してみてください。

【大切】自分を知る

自分を知るために、バッティングフォームを動画にとりましょう。

バッティングセンター

こんな感じでスマホを置いて、バッティングフォームの動画をとります。「恥ずかしい」とか思ったらいけません。最速で打てるために、動画撮影は大切な作業です。

待っている人がいたら、素早く行いましょう。

とり終わったら動画を確認します。動画を見ると「ださいな」「これでは打てないな」といったことが分かります。

その動画をうまい人と比べたり、YouTubeでプロ野球選手の動画と比べます。

関連記事 »あなたの野球が上達しない理由

バッティングセンターで打つ

動画をとる

うまい人と比べる

この3つを繰り返し、行うことが大切です。正直1回、2回で打てるようになるのは、難しいです。

打つ前の準備と注意点

打つ前の準備と注意点

ここからは、バッティングセンターで打てるコツを一つづつ説明していきます。
全てを少しずつ試していけば、誰でも打てるようになります。

打つ前に気を付けることは、以下です。

  1. 打てなくて当たりまえ
  2. 球速の選び方
  3. バットの選び方と持ち方
  4. 高さの選び方
  5. 打っている人を観察

準備①:打てなくて当たりまえ

初めは誰でも打てません。

打てないことは、恥ずかしいことではないので、打てなくてもあきらめないでください。むしろ1、2回いったぐらいで、ボールに当たる人の方が珍しいです。

打てる人は、当たり前ですが回数をこなしています。だからこそ打てます。

ですので初心者の場合は、「ある程度回数をこなす」といったことも必要です。

ルールさえ守れば、当たらなくても何回でもチャレンジしましょう!
その際は、楽しみながらバッティングができると、いいですね。

準備②:球速の選び方

バッティングセンターでは、打つボールが選べます。球速はバッティングセンターによって違いますが、一般的には80km/h~130km/hです。

悩んでいる人
速さはどのくらいがおすすめですか?

初心者ならそのバッティングセンターで、1番遅い速度がおすすめです。特に100km/h以下の速度がおすすめです。

まれに「遅すぎて打てない」といったこともあるので、100km/hぐらいなら試してみる価値もあります。その際は、遅い速度から試すようにしましょう。

混んでるから、空いているところにしたら速い速度だったということがないように。

ちなみに100km以上の速度は速すぎるので、遅い速度で打てるようになったらチャレンジしましょう。

準備③:バットの選び方と持ち方

バット選びもかなり大切です。
初心者や女性、子供にありがちなのが、バットが重すぎることです。

バットの選び方

バッティングセンターでは、打席内にバットが1本から3本あるのが一般的です。お金を投入する前に、バットを選びます。その際は、最も軽いバットを選びましょう。

軽いバットは、子供用の可能性もありますが、それでも「軽いバット=バットを振りやすい」になるので、ボールに当たりやすくなります。

打っている最中に変えることもできるので、軽いバットから初めて、あなたが打ちやすいバットでOKです。

バットの持ち方

バットの持ち方です。
持ち方は手の平で握る(パームグリップ)と指先でにぎる(フィンガーグリップ)の2種類あります。

フィンガーグリップ
フィンガーグリップ
パームグリップ
パームグリップ

特徴はざっくりですが
パームグリップ=長距離打者
フィンガーグリップ=アベレージヒッター

このようなイメージです。

初心者であれば、バットにボールが当たりやすいフィンガーグリップがおすすめですが、何となく持ちやすい位置でOKです。

握りの強さは、軽く握る程度です。極端に言うと、バットを最低限持っているぐらい軽く握ります。

強く握ったからといって、速い球が打てる、バットスイングが速くなるではありません。
感覚の部分もあるので、自分で微調整しましょう。

準備④:高さの選び方

打席の種類にもよりますが、打席の高さを調整できる場合があります。一般的に、お金の投入口付近に高さの調節ができるボタンがあります。

このボタンを押すことによって、ボールの高さを調節できます。初心者であれば、当てることが大切になるので、自分が打ちやすい位置に高さを設定します。

打っている最中でも変更できます(一部不可)。バットを振っていると、何となく打ちづらい高さ、打ちやすい高さが分かるので、自分の打ちやすい高さに調整します。

打ちやすい高さは、打っている人の身長によって変わります。ですので、前に打っていた人が背の高い人だったら設定がそのままで、自分には全く合っていない高さということもあります。

ボールを打つために意外と重要です。

準備⑤:打っている人を観察

待っているときは、前に打っている人をよく観察します。

  • なぜ打てるのか?
  • かまえは?
  • タイミングは?
  • 打ち終わりの形は?

こんな感じで、打てる人を観察することによって、上達のスピードが上がります。

また打てない人を見た場合は、打てない理由を自分なりに考えると自分のバッティングに活かすことができます。

ボールの球筋を見ることも、大切です。

ボールの速さや球筋を見ておくことで、打席でも緊張せずにバットを振ることができます。また足を上げてタイミングをとる練習をしてみるのも、おすすめです。

打つ時の打席位置と構え方

打つ時の打席位置と構え方

打席内の立つ位置を考えてみます。

恐怖心がある場合

ボールが恐い場合は、以下を意識してみてください。

  • とにかく遅い球を打つ
  • ベースから離れて打つ
  • 数をこなして慣れる

詳しく説明します。

遅い球を打つ

いきなり速い球を打つと余計に恐怖心が付きますから、バッティングセンターの遅い球を何回も打ちましょう。

慣れてきたら少しずつ速い球にしていく。
まずは遅い球で慣れることが大切です。

ベースから離れて打つ

ボールが怖い場合は、無理にベースよりに立つ必要はありません。

バットが届かない範囲では意味がないですが、「自分が怖くない」と思うような位置に立つのもいいです。

「スイングする」というよりは、「バットに当ててみる」と言う感覚でもいいかもしれません。
軽く当てる感じです

ハーフスイングでボールの当たる感触を体に覚えさせましょう。

そこから徐々に怖くなくなってきたら、ベースに近づきます。

実際バットは結構長い(約1m)ので、離れても正しいスイングができればボールに当たります。

慣れるまでバッティングセンターに通って数を打つ

やっぱり1回、2回で打てるようにはなりません。
残念ですが打てる人は、練習しています。

なのでいきなり結果を望むのではなく、「少しずつうまくなる」ということを意識して練習しましょう。

1回1日を大事にして「考えながら打つ」ですね。

基本的な立ち位置

恐怖心がない場合は、ベースの前に立つのが基本になります。初心者からプロ野球選手まで同じです。

しかしバッティングセンターでは、遅くてボールがストライクゾーンまで届かないといったこともあります。ですので、ボールが届いていない場合は、投手よりに立つ位置を変えます。

その際は前に出すぎると、人のボールが当たる可能性があるので注意してください。

立つ位置で大切なことは、ボールによってキャッチャーより、投手よりに立つ位置を変えて構いません。

バッティングセンターや球速によって変わるので、自分で微調整しましょう。

構え

構えはどんな構えでもOKです。
自分が振りやすい構えです。

プロ野球選手でも色々な構えの選手がいるように、100人いたら100通りの構えがあります。

楽に構えられて、振り出しやすい構えでOKです。

バットの振り方

バットの振り方

バットの振り方です。
ここが最も大切です。

バットの振り方の基本

よく上からたたけ、アッパースイングはよくないといった話を聞くと思います。聞いたことがない場合は、無視してください。

まず基本情報として
バットの上にボールが当たればフライ
バットの下にボールが当たればゴロ

物理的に間違いありません。
ですので、アッパースイングだろうがダウンスイングだろうが、バットの下にボールが当たればゴロ。上に当たればフライです。

アッパースイングだからフライになる。ダウンスイングだからゴロになるは、大きな間違いです。

ボールの軌道

そしてバッティングセンター、プロ野球選手の投げるボールは上から下に来ます。仮に150km/hのボールでも重力があるので、上から下にボールがきます。

ボールの軌道

バットの軌道

ですので、このボールを確率よくとらえるスイングは、ボールの軌道に対して、平行なスイング軌道が正解です。イメージとしては、緩やかなアッパースイングです。

バットの軌道

これは、バッティングセンター、プロ野球選手ともに同じです。
ボールが遅くなればなるほど、角度が大きくなります。

感覚と実際の動きは別物

ではなぜダウインスイング(上からたたけ)がいいと言われるのでしょう?

これは理由がありまして、感覚と実際の動きがごちゃまぜになっています。

打った感覚として、上からたたけは正解です。
しかし実際のスイングは、緩やかなアッパースイングが正解です。

感覚と実際の動きが違うということです。

ではどのようにして、正しいスイングを身につけるのでしょうか?

それは、自分のスイングを動画などで確認するしかありません。自分がたたく感覚でアッパースイングになっていたら正解です。

実際に大根切りのようなスイングをしていたら、下から上に振る意識で問題ありません。極端に言えば、ゴルフみたいなスイングを意識してもOKです。

こんな感じで自分のスイングから正解を導く必要があります。

全てのバッティグにおいて大切な考え方で、ネットや友達、プロ野球選手が言っていたからではなく、自分にとって必要かを考えることが大切です。

目線のブレや体重移動

目線がぶれている、体が前に行き過ぎている

このようなこともよく言われますが、あまり気にする必要はありません。

頭が動くとミート率が下がると言われますが、あまり関係ありません。

なぜかというと、イチローのバッティングフォームを見た時、50cmぐらいの体重移動がありそれでも世界一のヒット数です。

むしろ体重移動が大きいから、多くのヒットを打つことができたともいえそうです。
前に行き過ぎている場合は、慣れていなくてタイミングが早すぎるだけなので、何回も打つと自然と後ろに残ってきます。

バットにボールが当たらない理由は、目線のブレや体重移動ではありません。したがってバットの振り方などを意識してください。

タイミングの合わせ方

タイミングは、バッティングで一番悩むことですね。

まず大切な考え方として、100%タイミング合うことはほぼありません。バッティングセンターの打席でも、100%タイミングが合うのは、6割ぐらいでしょうか。

プロ野球選手の打率も3割ぐらいですからね。

したがってタイミングが合わない前提で、バットを振る必要があります。

バット軌道

これを実践するには、先ほど説明したバットの振り方が重要です。先ほど説明した、緩やかなアッパースイングならボールの軌道に対して水平なので、タイミングが合わない時でもボールが当たりやすくなります。

右バッターならタイミングが早いとレフト方向に打球が飛ぶ
タイミングが遅いとライト方向に飛ぶ

このようなイメージです。
左なら逆です。

まず軌道を意識しましょう。
次にタイミングのコツです。

タイミングのコツ

タイミングについては、人それぞれであり正解がありません。

ですので、自分でボールを打つためにピッチングマシーンのアームが下に来たときに足を上げるや、早めに足を上げて待っているといった具合に自分のタイミングを探します。

ボールの当たるタイミングから逆算して、タイミングのとり方を工夫しましょう。

ボールに当たる場合は、「今のはタイミングが早かった」「今のはタイミングが遅かった」と分かると思うので、そこから微調整します。

バットにボールが当たらない場合は、もう少し読み進めてみてください。

最後までボールをよく見る

「最後までボールをよく見る」これもよく言われることですが、これは嘘です。

プロ野球選手でもボールを打つインパクトの瞬間は、見えません。

要するに打つ瞬間は勘で振っています。
したがって、打てない原因は「最後までボールを見る」ではないのです。

ではどうしたら打てるのかと言われると、今まで話してきた内容を実践して数をこなすしかありません。

いろいろ試してみたけど打てない時の対処方法

いろいろ試してみたけど打てない時の対処方法

ここで説明した方法を試したけど打てなかった時の対処方法を説明します。

自分を客観的みる

まずは自分のバッティングフォームを確認します。

打てない理由が振り遅れていると自分では思っていても、実際はバットの振り方が悪いのかもしれません。

このように打てない理由を間違えると、一生打てません。

対処方法は繰り返しになりますが、動画で自分の打ちかたを確認します。確認すると、打てない理由が分かるはずです。

  • ボールの下を空振りしているのか?
  • ボールの上を空振りしているのか?
  • タイミングが悪いのか?
  • ボールが怖いのか?

等です。

・ボールの下を空振りしていたら「少し上を振ってみる」
・タイミングが早かったら「少し遅くしてみる」

のような感じです。

このように、1球1球どうして空振りしたのか、フライになったのか等を考えながら、練習する必要があります。

動画をとることによって、実際の動きと感覚のズレを認識することができます。

それでも打てない場合

ボールに当てにいく

バットにボールを当てる感覚をつかみます。
そのためにバントのような形で、バットにボールを当てます。

バントは怖いと思うので、普通にバットを持ってベースの上に差し出します。当然ファールボールになりますが、何球かすると必ず当たり感覚は分かります。

そこから少しずつスイングをします。やや捕手よりにバットを置き、30cmぐらいバットを振るイメージです。

これを繰り返して、最後にバットを肩に構えて普通のスイングを行います。

時間はかかりますが、この方法で必ず打てるはずです。
ちなみに当たらなくても、恥ずかしいとか思う必要はないですよ。

バットを軽くする

バットを軽くすると、ミート率が上がります。

力がない女性などにおすすめで、重いバットはミート率が下がります。ですので、軽いバットなら力がなくても扱うことができます。

バッティングセンターにおいてあるバットで1番軽いバットにすると、打ちやすくなります。

またそれでもバットが重く感じる場合は、短く持ってみるのもおすすめです。
バットを短く持つことで、振りやすくなりミート率が上がるはずです。

バッティングセンター以外での練習方法

バッティングセンター以外での練習方法

具体的な練習方法を説明します。

初心者ということで、バットを持っていなくてもできる練習方法を紹介します。

イメージトレーニング

1度バッティングセンターに行くと、球筋やボールのスピードが分かると思います。

その球筋と軌道を頭の中でイメージします。
会心の当たりが打てた所までイメージできれば、100点満点です。

この方法だと、家にいる時も練習できます。ですが、すぐに飽きそうだし「効果的な練習か」と言われると、微妙ですね。

そこで

バットを買う

安い中古のバットなら、1000円以内で買うことができます。

バットを買うと素振りができるので、上達のスピードが速くなります。逆に言うと、バットがないと、バッティングセンター以外で練習する方法は、ほぼないです。

どうしても打ちたいと思ったら、安いバットでいいのでバットを買いましょう

その他

いろいろ考えたのですが、おすすめは思いつきませんでした。実際、バッティングセンターに通って慣れることが1番大切です。

1球、1球考えながら打つことによって、少しずつですが、必ず打てるようになります。

【番外編】ホームランの打ち方

【番外編】ホームランの打ち方

バッティングセンターによりますが、ホームランの的があります。
※当たると1ゲーム無料等の特典がある場合があります。

狙い方は?

狙って打つのは、プロでも難しい。
有名ユーチューバーで野球実績がすごい人でも、なかなか当たりません。

ホームランの打ち方

難しいですけど、確率を上げる方法ならあります。

コンパクトに打つ

正直バッティングセンターのホームランは、実際のホームランと違います。
女性や小さい子供でも、バッティングセンターでホームランは可能です。

極端に言えば、内野フライでもホームランになります。場所によっては、バントでホームランを狙うことも可能です。

したがって、狙ったところに打てる、コンパクトなスイングがおすすめです。ミートを意識してコンパクトにフライを打ちましょう。

打席・球種を選ぶ

ホームランの的は1~2か所が一般的なので、自分が狙いやすい打席選びが重要です。自分の得意な速度や打球方向から打席を選びます。

右方向法の打球が多いなら的の左側、左方向の打球が多い場合は的の右側といった感じです。

球速ですが、自分の狙いやすい速度でOKです。
個人的には、遅い球の方がバットコントロールはつきやすいのでおすすめです。

100km/h前後が打ちやすいです。

靴や手袋をつける

ホームランを狙うなら、ある程度の回数が必要です。
慣れていないと、3ゲームぐらいで手の皮がむけます。

したがって、素手でバットを振るより手袋をした方がいいです。バッティングセンターで貸し出している軍手でもいいですが、バッティング用の手袋なら2,000円前後で買えるものもあります。

手袋をつけると、恐ろしいほどグリップ力がましてバットが振りやすくなります。バッティングが楽しくなったら、自前の手袋を持つことをおすすめします。

アマゾンで手袋を探す
楽天で手袋を探す

また靴もスニーカーがあると、足の裏のグリップ力が増して打ちやすくなります。

仕事帰りとかだとめんどくさいですが、1足あるといいですね。

打てるとストレス解消になる!

バッティングセンターで打てると、ストレス解消になりますし何よりバッティングが楽しくなります。

しかし初めがつらいです。ある程度打てるようになると楽しいですが、バットにボールが当たる前につまらなくて、やめてしまう人がほとんどです。

ですから最初の10回ぐらいは、修行と思う必要があります。
打てない場合は、本記事の内容を少しずつ試してほしいです。

あとは数をこなせば打てるはずです!

バッティングの参考になればと思います。
バッティングセンターで、打てることを願っています。