ラリージャパンの無料ライブ配信・放送まとめ

2022年は11/10~13日に行われるラリージャパン。

本記事では、ラリージャパンを無料ネット配信、テレビ放送で視聴する方法をまとめています。

ラリージャパンの無料視聴方法をかんたんに説明すると以下のようになります。

シェイクダウン(練習・テスト)
WRC公式YouTube(アクセスするだけ)

ハイライト
Red Bull TV(英語解説・アクセスするだけ)

ハイライト
J SPORTS・Amazon(日本語解説・14日間無料)

以上のようなイメージです。

日本で開催するWRCのため、J SPORTSの配信日程が増えるかもしれません。
詳細が分かり次第、追記します。

有料・他のサービス、詳細を解説しながら深堀していきます。

ラリージャパンを日本語解説で14日間無料視聴!

ラリージャパンの無料ライブ配信・放送まとめ

ラリージャパンの無料ライブ配信・放送まとめ

もう一度、ラリージャパンの無料視聴方法(ライブ)をまとめます。

※有料サービスについては後程。

シェイクダウン(練習・テスト)
WRC公式YouTube(アクセスするだけ)

ハイライト
Red Bull TV(英語解説・アクセスするだけ)

ハイライト
J SPORTS・Amazon(日本語解説・14日間無料)

シェイクダウンは、WRC公式YouTubeで無料視聴できます。
アクセスするだけで視聴可能。

Red Bull TVはSS・PSハイライトを英語解説で視聴できます。
20~30分ほどで結構長めです。
アクセスするだけで視聴。

ラリージャパンの日本語解説は、J SPORTSをAmazonプライムから登録することで、無料視聴できます。

Amazonプライム会員(月額500・30日間無料)とJ SPORTSチャンネル(月額2,178円・14日間無料)の登録が必要。

どちらも解約が可能です。

日本語解説でラリージャパンを無料視聴したい方は、J SPORTSをAmazonプライムから登録しましょう。

J SPORTSオンデマンド公式サイトに無料体験期間はないので、注意しましょう。

ラリージャパンを日本語解説で14日間無料視聴!

YouTube

YouTubeのWRC公式サイト、TOYOTAのモータースポーツチャンネルで、一部SS・シェイクダウン映像を無料配信しています。

FIA World Rally Championship

こちらはダイジェスト動画と、一部シェイクダウンが無料ライブ配信されています。

全ステージを視聴できるわけではありませんが、ダイジェストなどを無料で見たい方はこちらがおすすめ。

TOYOTA GAZOO Racing

こちらはトヨタのモータスポ―ツチャンネルです。

トヨタ車しかありませんが、ハイライトでサックとレース映像を確認したい方はこちらもおすすめです。

スーパーGTやWECのハイライト動画もあります。

Red Bull TV

Red Bull TV
https://www.redbull.com/
料金無料
無料期間
配信内容ライブ配信
ハイライト
見逃しあり
特徴公式サイトにアクセスするだけ
解説は英語のみ

Red Bull TVは、レッドブルが運営している動画配信サービスです。

2022年のWRCは、全レースを無料ハイライトライブ配信しています。

したがって、ラリージャパンも無料視聴できます。

ただし、解説は英語のみになります。
英語が分からない方は、聞きづらいかしれません。

利用方法はシンプルで、公式サイトにアクセスすると視聴できます。

またサイトも使いづらいですが無料視聴可能です。

配信日程

詳細が分かり次第、追記します。

【無料】J SPORTSオンデマンド(Amazonプライム)

料金2,178円
無料期間14日間無料
配信内容DAY1+ライブステージ
DAY2
SS
PS
見逃し
視聴方法スマホ
パソコン
タブレット
テレビ
特徴無料体験期間あり

J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録することで、WRC中継を無料視聴できます。

ラリージャパンの配信内容は、J SPORTSオンデマンド公式サイトと同じです。

利用にはAmazonプライム会員(30日間無料・月額500円)とJ SPORTSチャンネル(14日間無料・月額2,178円)が必要になります。

どちらも無料期間の解約が可能。

日本語解説にも対応していて、ライブ配信・見逃し配信ともに無料視聴できます。

※一部ステージはハイライト。

日本語解説付きで、初心者の方にも分かりやすいです。
まずは無料期間をお試しで利用してみましょう。

ラリージャパンを日本語解説で14日間無料視聴!

配信日程

詳細が分かり次第、更新します。

J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

料金1,980円
無料期間なし
配信内容DAY1+ライブステージ
DAY2
SS
PS
見逃し
視聴方法スマホ
パソコン
タブレット
テレビ
特徴オリジナル番組もあり

J SPORTSオンデマンド公式サイトでは、WRCをライブ配信、見逃し配信しています。

ラリージャパンの配信内容はAmazonと同じです。

無料期間はありませんが、WRC以外のスーパーGT、スーパーフォーミュラ、WECなども見放題になります。

解説も日本語実況で、ダイジェスト番組もあり非常に分かりやすいです。

ラリージャパンの配信内容は、SSやPSが日本語解説でライブ配信されるイメージです。

モータースポーツ=J SPORTSオンデマンドと言っても過言ではありません。

Amazonプライムの無料期間がなくなったら、こちらを利用しましょう。

【無料期間なし】WRC+

【無料期間なし】WRC+
https://www.wrc.com/en/
料金月額:1,280円
年間:9,200円
無料期間なし
配信内容DAY1
DAY2
SS
PSなど全て
見逃し
視聴方法スマホ
パソコン
タブレット
特徴公式サービス
解説は英語のみ

WRC+はWRC公式サービスで、定額料金制です。

無料期間はありませんが、月額料金を払うことで、WRCで行われる全てのステージをライブ配信で楽しむことができます。

ラリージャパンを全ステージ見たい方は、こちらがおすすすめです。

また見逃し配信にも対応しているので、後から見返すことも可能。

ただし、サイトは英語のみで解説も英語です。
その分利用しづらいかもしれません。

地上波・BS放送

地上波テレビでは「EXITのモータースポーツ応援宣言」でラリージャパンを無料視聴できます。

ただし、関東ローカル(一部愛知)のため、関東に住んでいる方のみ。

またNHK-BSでも、WRCのダイジェスト番組が不定期で放送されます。

こちらでもラリージャパンを無料視聴できます。

ラリージャパンの概要

ラリージャパンの概要

FIA世界ラリー選手権(FIA World Rally Championship)、WRCはラリーが盛んな欧州や南米では、F1に勝るとも劣らない人気を誇っている。

WRCは、SS(スペシャルステージ)と呼ばれる、交通が遮断された一般道を市販車ベースのマシンで走りタイムを競う。

サーキットレースとは違いSSでは1台ずつ走行し、1〜3分の間を置いてスタートする。SSは3〜4日間に渡り何本も行われ、各SSの合計タイムによって、競技最終日の日曜日に勝敗が決まる。

SSはターマック(舗装路)、グラベル(未舗装路)、スノーなど様々なコンディションの道で行われ、ラリーごとにコースは大きく異なる。

SSとSSの間は公道を走行して移動し、その移動区間(リエゾン)では他の一般車と同様交通にルールを守らなければならない。

また、ドライバーと、コ・ドライバーのふたりがペアを組んで戦うのもラリーならではの特徴である。

J SPORTS

開催日
11/10(木)~13(日)

【まとめ】ラリージャパンの無料ライブ配信・放送まとめ

最後にもう一度まとめます。

シェイクダウン(練習・テスト)
WRC公式YouTube(アクセスするだけ)

ハイライト
Red Bull TV(英語解説・アクセスするだけ)

ハイライト
J SPORTS・Amazon(日本語解説・14日間無料)

愛知・岐阜県(恵那市・中津川市)で開催されるラリージャパン。

世界最高峰のカーレースを無料視聴する絶好のチャンスとなっています。

グラベル(砂利・砂)、ターマック(舗装路)走行やジャンプシーン、激しいドリフトなど他のモータースポーツにない魅力のつまったWRC(ラリージャパン)。

現地で観戦できない方は、日本語解説の実況で楽しんでみてはいかがでしょうか?

一般道で開催されるため、興奮すること間違いなし!

ラリージャパンを日本語解説で14日間無料視聴!