野球の犠牲バントとは⁉野球歴30年の私が誰にでも分かりやすく解説

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・野球の犠牲バントってどんなプレー?

このような疑問を解決します。

記事の内容

犠牲バントの公式ルールや例題を出して分かりやすく解説

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します
現在も毎日野球観戦しています

この記事は、ネット情報、NPB(日本野球機構)、公認野球規則(野球のルールブック)の情報を総合的にまとめています。

難しい犠牲バントの考え方について、例題を使って分かりやすく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

それでは、本題に入ります。

犠牲バントとは

犠牲バントとは

プロ野球のルールブック(公認野球規則)には、以下のように記載されています。

0アウトまたは1アウトで、打者のバントで1人または数人の走者が進塁し、打者は一塁でアウトになるか、または失策がなければ一塁でアウトになったと思われる場合は、犠牲バントを記録する

公認野球規則9.08

このように記載されています。

ちょっと分かりづらいですが、ざっくり打者はアウトになりランナーが進塁したら犠牲バントとなります。

英語では、Sacrifice buntと呼ばれます。
sacrifice=犠牲
bunt=バント

英語の直訳通りで「犠牲バント」と呼ばれます。

またランナーを次の塁に送ることから、送りバントとも呼ばれます。
基本、ランナー1塁の場合は、1塁側、ランナー2塁の場合は3塁側にボールを転がします。

犠牲バントの場合は、ピッチャーが投げる前から「バントの構え」をするのが一般的です。守備側の選手は、バントに備えて前寄りに守り、バントを成功させないようにします。

技術的な話をすると、「打つ」と「バント」では全く違う技術が必要で、バントのみの代打選手もいます。

犠牲バントの具体的な例は、後ほど説明します。

スリーバント失敗

普段のバッティングはファールボール=ストライクとなります。

2ストライク後はカウントされず打ち直しが可能です。しかしバントの場合は特別なルールで、2ストライク後のファールボールは、三振となりバッターアウトとなります。

リスクの少ない作戦とみられますが、うまく決まらなければかんたんにアウトになる戦術と言えます。

セーフティーバント・犠牲バント・スクイズの成績

セーフティーバント・犠牲バント・スクイズの成績

ここは、ちょっと難しいです。

【ルールブックの解釈】
ランナーが1塁にいる場面、明らかにセーフティーバントと分かるバントをし、結果、バッターはアウト。ランナーは進塁しても記録は、内野ゴロになります。

しかし打者の行ったバントをみて、「絶対にセーフティーバントだ!」と分からなければ、公式記録員の判断で犠打になります。

【ポイント】
・バントに関する全てのプレーが公式記録員の判断になります。
・犠牲バントかセーフティーバントか分からない時は、打者に有利な記録がつきます。

ここは難しいので基本的に

バントをする

走者は進塁
打者はアウト

この場合は犠牲バント

バントをする

走者は進塁
打者もセーフ

この場合は守備側のミスがなければ安打

このように覚えればOKです。

スクイズ

スクイズの記録は、打者が構えるのは遅くなりますが、セーフティーバントと考えず、成功すると犠牲バントと打点が記録されます。

相手にエラーや野手選択(FC)がなければ、1塁にバッターが出塁すると安打になります。

例題を使って犠牲バントについて解説

例題を使って犠牲バントについて解説

例題を使って分かりやすく解説します。

ランナーが複数いる場合

ランナーが一人以上いる場合、進塁するランナーが一人だけであっても犠牲バントになります。

【例】
ランナー 一・三塁でバント

三塁ランナーは動かず、一塁ランナーが二塁に進塁

この場合でも犠牲バントになります。
進塁できるランナーを進塁させると、犠牲バントになります。

【例】
ランナー 一・ニ塁でバント

三塁はセーフ
二塁はアウト
バッターはアウト

この場合は犠牲バントにはなりません。
進める走者が全て進塁しないと、犠牲バントになりません。

バントした打者がセーフになった場合

ランナーが進塁し、バッターも1塁セーフになった場合を考えます。

野手選択(フィルダースチョイス)+犠打

バントをしたバッターをアウトにできるにもかかわらず、守備側がランナーをアウトにしようと試みて失敗し、誰もアウトにならなかった場合には、犠牲バントと野手選択(FC)が記録されます。

分かりづらいので、例題です。

【例】
①ノーアウトランナー1塁
②バッターはバントをし、ピッチャー前へゴロ打球
③投手はセカンドに送球したが、1塁ランナーの足が速くセーフ
④バッターも1塁出塁

一塁に投げたらアウトになったと記録員が判定したら、犠牲バント+野手選択(FC)がつきます。

エラー+犠打

守備側がエラーし、誰もアウトにならなかった場合、エラーがなくてもランナーが進塁できたと記録員が判断すれば、犠牲バントとエラーが記録されます。
【例】
①ノーアウトランナー1塁
②バッターはバントをし、ピッチャ前へゴロ打球
③投手がそのボールをエラーし送球できず
④バッターは出塁し、ランナーは2塁へ

エラーがなくても走者が進塁できたと記録員が判断したら、犠牲バント+エラーの記録がつきます。

逆に明らかな失敗バントの場合、エラーのみが記録されることもあります。

内安打になる場合

エラーや野手選択(FC)に頼らずに出塁した場合は、バントヒット(内野安打)となり、安打が記録されます。

【例】
①ノーアウトランナー1塁。
②バッターはバントをし、ピッチャー手前へゴロ打球
③投手は迷わずファーストに送球
④しかしバッターの足が早くセーフで1塁出塁。1塁ランナーも2塁へ進塁

エラーや野手選択(FC)がなくバッターが出塁したら、バントヒット(打数1、出塁1)の記録がつきます

以上となります。もし分からない場合についてはコメントをもらえればと思います。

犠牲バントのまとめ

犠牲バントは、セイバーメトリクスの進化により、意味がないと言われる時代になりました。実際MLBでのバント数は、かなりの減少傾向にあります。

今後日本のプロ野球でも、減っていくのでしょうか。バントは日本人の伝統芸能のような気もするので、個人的には残ってほしいなと思います。

時代は回ると言うので、何十年後には再評価される時代が来るかもしれません。

今後のバントはどうなっていくのかに注目しつつ、プロ野球を楽しんでいきましょう。

セイバーメトリクスについては【保存版】セイバーメトリクス指標一覧【基本から分かりやすく解説】でまとめているので見ると、野球観戦がより楽しくなりますよ!