さいたまクリテリウムの無料放送・配信サイトまとめ

2022年11月6日に行われるサイクルレース「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」。

本記事では、さいたまクリテリウムをテレビ放送、ネット配信サービスをまとめています。

無料で視聴できるサービスもありますので、最後までチェックしてみてください。

世界最高峰のサイクルロードレースを生中継で見るチャンス。

この機会をお見逃しなく!

2022年の詳細は未定
分かり次第、記事を更新します。

サイクルレースは、J SPORTSがネット配信・テレビ放送しているため、中継の可能性が高いです。

それでは、本題に入ります。

さいたまクリテリウムの無料放送・配信サイト

さいたまクリテリウムの無料放送・配信サイト

詳細は未定。

さいたまクリテリウムの配信・放送サービスが分かり次第、更新します。

なおサイクルレースを多く放送している、J SPORTSのサービスを以下に記載しておきます。

J SPORTSオンデマンド(Amazonプライム)

料金2,178円
無料期間14日間無料
配信内容未定
見逃し
視聴方法スマホ
パソコン
タブレット
テレビ
特徴無料体験期間あり

J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録することで、さいたまクリテリウムを無料視聴できます。

さいたまクリテリウムの配信内容は、J SPORTSオンデマンド公式サイトと同じです。

利用にはAmazonプライム会員(30日間無料・月額500円)とJ SPORTSチャンネル(14日間無料・月額2,178円)が必要になります。

どちらも無料期間の解約が可能。

お試しでさいたまクリテリウムを見たい方は、こちらがおすすめです。

ちなみにツールドフランス・ブエルタエスパーニャ・ジロデイタリアなども見放題となるため、サイクルレースファンにとっては十分楽しめる内容となっています。

まずは無料期間をお試しで利用してみましょう。

さいたまクリテリウムを14日間無料視聴!

配信日程

詳細が分かり次第、更新します。

J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

料金サイクルスポーツパック:1,980円
無料期間なし
配信内容全試合
見逃し
視聴方法スマホ
パソコン
タブレット
テレビ
特徴オリジナル番組もあり

J SPORTSオンデマンド公式サイトでは、さいたまクリテリウムをライブ配信、見逃し配信しています。

さいたまクリテリウムの配信内容はAmazonと同じです。

無料期間はありませんが、ツールドフランス、ブエルタアエスパーニャなども見放題になります。

さいたまクリテリウムの他、多くのサイクルロードレースを見ることができます。

サイクルロードレース=J SPORTSオンデマンドと言っても過言ではありません。

Amazonプライムの無料期間がなくなったら、こちらを利用しましょう。

さいたまクリテリウムをネット配信!

【加入月無料】J SPORTS【CSテレビ放送】



※下記はスカパーから登録した場合の料金

料金(税込)2,515円+429円
無料期間加入月
※加入月の解約は不可
視聴方法テレビ
支払い方法クレジットカード
口座引き落とし
アプリ×

テレビでさいたまクリテリウムを視聴するなら、J SPORTSになります。

J SPORTSをテレビ視聴するなら、加入月無料で料金の安いスカパーがおすすめ。

こちらも多くのサイクルロードレースを見ることができます。

録画ができ、大画面で迫力のレースを楽しみたい方におすすめのサービスです。

BS放送が映れば視聴できるので、利用しやすいです。
とは言え、アンテナの設置料金は高めです。

BS放送が映らない場合、ネット配信で視聴する方法がよいでしょう。

スカパーの詳細はこちら(加入月無料)

J SPORTSをスカパーから視聴する詳細はJ SPORTS(ジェイスポーツ)を無料で見る方法5選【確実にスポーツが見れます】でまとめています。

地上波テレビ

地上波テレビで放送される可能性もあります。

詳細が分かり次第、随時更新していきます。

さいたまクリテリウムの概要

さいたまクリテリウムの概要

名称J:COM presents 2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム
(J:COM presents 2022 Tour de France SAITAMA Criterium)
主催一般社団法人さいたまスポーツコミッション
共催埼玉県、さいたま市、 A.S.O.(Amaury Sport Organisation)
特別協力さいたまクリテリウム推進委員会
競技主管公益財団法人日本自転車競技連盟
2022 年 11 月 6 日(日)さいたま新都心駅周辺

選ばれし男たちが真夏のフランスを一周する自転車レース、ツール・ド・フランスは2013年に記念すべき第100回大会が開催された。

同年10月に「ツール・ド・フランスの名を冠した世界初の大会」として始まったのが、ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムだ。

その年のツール・ド・フランスでの総合優勝者を含む各賞ジャージ獲得者やステージ優勝選手らが、さいたまのスタートラインに勢揃いする。

そのため、さいたまクリテリウムの歴代優勝者リストには、第1回大会のクリス・フルーム(英国)をはじめとして自転車競技界のスーパースターだけが名を連ねる。

大会公式サイト

【まとめ】さいたまクリテリウムの無料放送・配信サイト

さいたまクリテリウムは、世界レベルのサイクルロードレースとなっています。

マーク・カヴェンディッシュが参加することでも、俄然注目されてきました。

ぜひその目に焼き付けましょう!

会場に行けない方は、ネット配信・テレビ放送で楽しみましょう。

さいたまクリテリウムを14日間無料視聴!

スカパーの詳細はこちら(加入月無料)