長打率は1.000を超える⁉目安と計算方法を分かりやすく解説

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・長打率の意味が知りたい
・長打率の目安や計算方法が知りたい
・長打率の2020年、歴代記録が知りたい

このような疑問を解決します。

記事の内容

  • 長打率とは
  • 長打率の重要性
  • 計算方法と目安
  • 2020年、過去の記録

以上をそれぞれ解説します

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説
現在も毎日、野球観戦しています

この記事は、NPB(日本野球機構)、ネット情報、本の情報を総合的にまとめました。

本記事を読むと、長打率の意味、重要性、計算方法、目安、長打率に関する記録が分かる内容となっています。

長打率が分かると、データからより野球を楽しむことができます。
ぜひ本記事を参考にしてみてください。

それでは本題に入ります。

長打率とは

長打率とは

長打率は英語でSlugging percentage / SLG
成績表にSLGと書かれていたら、長打率のことです。

長打率とは、野球において打者を評価する指標の一つです。
1打席あたりどれぐらいの塁を獲得できたかを表す数値です。

分かりづらいので、もう少しかんたんに説明すると、「1打数あたり何塁までいけるか」を表している数値です。

例えば長打率が3.00なら「1打数で3塁まで進むよ」と言うことになります。

勘違いしやすいのが、安打数に対する長打の割合ではありません。仮にヒットが全て単打でも、0になることはありません。

表彰対象ではありませんが、NPBから年間最高長打率者は、発表されます。

長打率が大切な理由

野球において最も重要なことは、「得点を増やす」と「失点を減らす」です。

得点が多くなると、勝つ確率が上がります。
誰でも理解できると思います。

ヒットを打つなら単打より、長打の方が得点の確率が高いですよね。したがって、効率よく点をとる長打力が、注目されるようになりました。

従来の打率や打点は、得点との関連性が低いことから、出塁率や長打率が注目されるようになりました。

関連記事 »出塁率の重要性、計算の仕方と2020年、歴代ランキングを紹介

長打率の計算方法

計算方法

計算方法は、以下のとおりです。

長打率=塁打÷打数

言葉にすると「1打数あたりの塁打」です。

塁打とは、稼いだ進塁数のことです。
打者が1打席で稼ぐことができる進塁数は、必ず0~4となっています。

0=アウト
1=単打
2=二塁打
3=三塁打
4=本塁打

となっています。

塁打の計算

塁打=単打×1+二塁打×2+三塁打×3+本塁打×4

ちょっと分かりづらいので、実際の例をみてみましょう。

【例】長打率の計算方法

例題で説明します。

10打数2安打(単打2)の選手がいたとします。

この選手の長打率です。
1×2÷10=0.2

この選手の長打率は.200となります。

もう一例です。

【2020年セリーグ長打率1位 村上宗隆】
424打数130安打(単打70、二塁打30、三塁打2、本塁打28)
【計算式】
長打率(.5849)=塁打(1×70+2×30+3×2+4×28)÷打数(424)

小数点第4位は四捨五入して.585
村上宗隆の2020年の長打率は.585となります。

打率と違い、上限が1を超える場合もあります。最高は、全打席ホームランの4.000(40割)です。逆に計算式のとおりで単打のみでも、長打率が0になることはありません。

長打率は、NPBのホームページにのっているので計算しなくても分かる数値です。

長打率の目安

目安

数値の目安は、以下のとおりです。

サイトや会社によって、微妙に数値が変わりますが、大体このようになっています。

SLG
非常に優秀.500
優秀.440
平均.380
問題あり.320
かなり問題あり.260
ちなみに2020年の日本プロ野球全体の平均が.384です。
パリーグの平均が.377
セリーグの平均が.391

となっています。
2020年の最高値は、次の項目に記載しています。

ここからは、長打率に関する成績をみてみましょう。

長打率に関するランキング

長打率に関するランキング

【2020年】セリーグ

選手チーム長打率
1村上宗隆ヤクルト.585
2大山悠輔阪神.560
3青木宣親ヤクルト.557
4丸佳浩巨人.553
5岡本和真巨人.545
6鈴木誠也広島.544
7佐野恵太横浜.532
8梶谷隆之横浜.527
9坂本勇人巨人.500
10ソト横浜.470

ちなみに規定打席到達者で1番低かったのは、エスコバー(ヤクルト)の.329です。

【2020年】パリーグ

選手チーム長打率
1柳田悠岐ソフトバンク.623
2浅村栄斗楽天.560
3ロメロ楽天.539
4吉田正尚オリックス.512
5中田翔日本ハム.491
6マーティンロッテ.485
7スパンジェンバーグ西武.482
8近藤健介日本ハム.469
9T-岡田オリックス.457
10山川穂高西武.450

規定打席到達者で最も低かったのは、安田尚憲(ロッテ)の.321です。

【歴代】長打率ランキング

シーズン記録

規定打席以上
選手チーム出塁率
1バレンティンヤクルト.7792013年
2バース阪神.7771986年
3落合博満ロッテ.7631985年
4王貞治巨人.7611974年
5カブレラ西武.7562002年
6王貞治巨人.7551973年
7落合博満ロッテ.7461986年
8小鶴誠松竹.7291950年
9王貞治巨人.7251976年
10王貞治巨人.7231967年

バレンティンの.779はとんでもない数字です。

通算記録

選手長打率
1王貞治.634
2カブレラ.592
3松井秀喜.582
4落合博満.564
5ローズ.559
6ブーマー.555
7中西太.533
8リー.5419
9山本浩二.5416
10小笠原道大.5399

長打率が分かると野球が楽しくなる

長打率は、効率よく点をとるための有効な数値です。テレビ中継で注目されることは少ないですが、セイバーメトリクスの観点から重要な数値となっています。

打率が低くても長打率が高い打者は、効率よく進塁を稼いでいることが分かります。その結果チームに貢献していることも分かります。

長打率が分かるとOPSの理解もさらにすすみますね。

関連記事 »OPSが分かると野球が楽しくなる!

データを理解して野球をより楽しみましょう。

関連記事 »セイバーメトリクス一覧