サッカーに関連する仕事26選・就職する方法や仕事内容を詳細解説

悩んでいる人
・サッカーに関連した仕事が知りたい
・サッカーに関連した仕事に就職したい

このような疑問を解決します。

本記事を読めば、サッカーに関連した仕事26種類が分かります。

就職する方法やなり方も掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

サッカーに関連した仕事

サッカーに関連した仕事

「好きな仕事で生きていける時代」と言われるようになりました。

人気スポーツであるサッカーの場合、関連した仕事も多くなっています。

本記事では少しでも関連のある仕事を多く紹介していきます。

サッカー選手

サッカー選手

サッカー関連の仕事で一番初めに思いつくのが、プロサッカー選手です。

サッカー選手になるためには、大学や高校で活躍してJリーグのスカウト担当に声をかけてもらうのが、一番の近道です。

ただし才能と努力が必要で、高校生なら10,000人のうち15人、アカデミーに所属していれば、5.6人に一人、大学生なら100人のうち1人がプロサッカー選手になれる計算です。

引用 Archive of Yone

上記のことからも、ほとんどの方がなれないことが現実です。

最も夢のある仕事ですが、20歳を過ぎてからプロサッカー選手を目指すのは難しそうです。

コーチ・監督

コーチ・監督

サッカーに関連したコーチや監督と言っても、年代やカテゴリーによって変わりますが、ここではJリーグについて解説します。

監督や指導者になるためには、全てJFA(日本サッカー協会)が定める資格制度に基づいたライセンスを取得する必要があります。

詳細は省きますが、Jリーグで指導を行うためには、公認S級ライセンスが必要になります。

そして、このS級を取得するのは、一般人では不可能なレベル(日程や指導レベル)でして、サッカー経験がない方は、ほぼ不可能と言えるでしょう。

ヨーロッパのサッカークラブには「プロ未経験の監督」もいますが、「サッカー未経験」ではないので注意しましょう。

フィジカルコーチ

フィジカルコーチは、異なるコンディションの選手を試合の時にピークにしたり、選手の身体能力を上げる、専属のコーチです。

日本では少ないですが、ヨーロッパなどで重要性が認識されていることから、徐々に浸透してきています。

日本で目指す方は少ないようですが、フィジカルが大切なスポーツであるサッカーにおいてとても大切な仕事です。

なるには、専門学校でアスレティックトレーナー資格などを取りながら目指すようです。

一部専門学校では、フィジカルコーチ専門のコースがあります。

JAPANサッカーカレッジ

ゴールキーパーコーチ

ゴールキーパーを教えるのも、ライセンス制になります。

ゴールキーパー専用のライセンスになるので、より専門性が増します。

またゴールキーパーコーチは人材が不足していると言われ、成りたい方が少なくなっています。

裏を返せば、ゴールキーパー経験者であれば、チャンスがあるということ。

かんたんではありませんが、ゴールキーパーレベル2、3を取得できればアマチュア年代を指導できるチャンスが広がります。

高校や大学の監督・指導者

高校や大学の監督・指導者

こちらもライセンスが必要で、選手としてそれなりの実績を残し、B級以上のライセンスを取得してなければなりません。

高校の指導者の場合、教員の資格を持っている方や、外部指導員としてとして部活に携わっているようです。

Jリーグクラブ傘下であれば、A級ライセンスは必須でしょう。

育成年代を指導するので、覚悟と責任が必要で、なおかつライセンスの取得も必要です。

専門学校や大学、短大を出た後に資格や講習を受けて、徐々にステップアップしていきます。

トレーナー

トレーナー

トレーナーの仕事は、コーチや医者と連携、協力し、出場する選手がベストな状態でプレーできるように、健康管理やコンディション調整を行う仕事です。

トレーナーと言っても、アスレチックトレーナー、ストレングストレーナー、メディカルトレーナー、フィジカルトレーナーなどさまざまな呼び方があり役割も違います。

日本ではトレーナーに資格は必要ありませんが、Jリーグで採用されるようなトレーナーは、スポーツトレーナーで実績を残している方がほとんどです。

また理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あん摩、マッサージ師などの資格を持っている方も多くいます。

トレーナーを目指すのであれば、専門学校などで資格や知識を学び、その後育成カテゴリーや地域クラブ、JFLなどで実績を残した方が、Jリーグのトレーナーになれます。

熱意、実績、運などさまざまなことが必要になります。

栄養士

栄養士

栄養士は、食事の大切さが見直され、注目されている仕事です。

トレーナーや監督、コーチとなると女性はほとんどいませんが、栄養士はほとんどの方が女性です。

大学や専門学校に通い管理栄養士の資格を取得後、他のスポーツや職場で実績を残すとJリーグチームに採用されるようです。

Jリーグではチームごとに栄養士を雇っていますが、各チーム1名程度なようで、狭き門になっています。

求人などは、ほとんどありませんので、他のスポーツで実績を残した方や自分からのアピール+実績で道が開けるかもしれません。

まずは専門学校で管理栄養士を目指すところから始めましょう。

審判

審判

サッカーの審判の場合、通常主審1人、副審2人で行われることが多いです。

またこれ以外に第4の審判、追加副審、ビデオ審判員を配置する場合もあります。

試合中のプレーやあらゆる行為に対して権限を持ち、試合が適切に行われるために「最も大切な仕事」と言っても過言ではありません。

サッカーの公式試合の審判を務めるためには、日本サッカー協会(JFA)が管轄する審判員資格認定講習会を受講し、サッカー公認審判員として認定してもらうことが必要です。

Jリーグで審判員になるには、公認審判員の1級(1~4級まであり)を取得し推薦された方のみなることができます。

代理人

代理人

代理人は2015年に大きな変更があり、仲介人と呼ばれるようになりました。

名称は変わりましたが、基本的には選手の代わりに、他のクラブへの移籍を仲介する仕事です。

一部、クラブ側の仲介人として働く方もいます。

仕事内容は選手にとって「多くのお金を得る」「より良い環境でサッカーをする」「チームに必要な選手を探す」といった仲介業務を行います。

2015年以前は弁護士もしくは、FIFA後任の代理人のみとされていたましたが、現在はJFAに登録することで仲介人になることができます。

※条件は複数あり

現在の制度では手数料の支払いや法人に所属していれば、誰でもなれます。

しかし仲介人として仕事を得るには、外国語の知識、法律、FIFA、各サッカー協会のルール、契約締結に関する知識、交渉のスキルなど幅広い技能が必要になります。

通訳

通訳

Jリーグには日本人だけでなく、外国人選手や監督、コーチがいます。

地域を見れば、南米、ヨーロッパ、アジアなどさまざまなです。

このような選手や監督、コーチをサポートするのが通訳です。

通訳はコミュニケーションだけでなく、生活面のサポートを行う場合もあります。

その選手や監督、コーチが活躍するのにとても大切な仕事。
むしろ活躍のカギを握っていると言っても過言ではありません。

通訳に資格は必要ありません。

しかしサッカークラブで働くには、英語やポルトガル語、スペイン語、フランス語、イタリア語など、その国の言語を話せることが必要です。

またサッカーの専門知識も必要になります。

クラブスタッフ

クラブスタッフ

サッカークラブのスタッフは、職種によってさまざまな役割があります。

  • 社長・GM
  • 強化担当
  • スポンサー営業
  • 広報
  • チケット・グッズ
  • スクール・育成課
  • アナリスト
  • スカウト

上記のように多くの仕事があります。
他にも上げればキリがありません。

専門的な知識が必要な部署からサラリーマン的な働き方の部署まであります。

こちらはホームページや転職サイト、新規採用などで募集を行っています。

転職であれば無料で登録できる求人サイトや、転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

スタジアム管理・運営

スタジアム管理・運営

グラウンドキーパーは、サッカー場の芝生や設備を管理、維持する仕事です。

芝生をきれいにしたり、ラインを引いたり選手が安全に最高のパフォーマンスを出せるようにします。

チームや競技場、公園によって委託された専門の業者、または自治体の職員が多く、給料の相場も一般的な会社員と同じと言われています。

スタジアムの管理会社や、公園の管理会社に就職すると、なることができます。

なかなか採用の情報はありませんが、スタジアムごとにどんな人がグラウンド整備をしているか調べ、それぞれの採用情報をチェックするのがおすすめです。

サッカーショップ

サッカーショップ

サッカー好きにとってサッカー用品を扱える仕事は、魅力的です。

サッカーショップは、一般的な高校や大学を卒業した後に就職するのが一般的です。

アルバイト的な仕事から社員として働くなど働き方もさまざまです。

会社の運営から商品の販売、スポーツイベントに関わるなどさまざまな仕事があります。

資格や学歴などの制限がないので、サッカー好きにおすすめの仕事です。

また転職サイトや求人票を見ても一覧で表示されます。

転職できる可能性もありますので、無料の求人サイトや転職サイトに登録する方法もあります。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

スポーツメーカー

スポーツメーカー

スポーツメーカーは、スポーツを支えるさまざまな道具の企画、デザイン、販売を行います。

一般向けの店頭販売からトップアスリート向けのスポーツ用具の設計を行うこともあります。

夢が広がる仕事ですが、その分倍率は厳しめ。

有名なメーカーであれば、学歴がないと就職できない可能性もあります。

また就職できたとしてもサッカー以外の場所で働く可能性もあります。

スポーツへの情熱があり、ものづくりをしたい方にはおすすめの職業。

こちらも転職サイトに求人がのっていることもあるので、無料の求人サイトや転職エージェントに登録する方法もあります。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

サッカースクール

サッカースクール

こちらもライセンスが最低条件で必要になります。

仕事内容は、子供に練習を教えるだけでなく練習試合の調整、練習スケジュールの作成、保護者への連絡、集金、お金の管理なども行う場合があります。

地域密着のクラブやJリーグクラブによって、仕事内容が変わります。

Jリーグチームのサッカースクールでは、冬から春先にかけて採用に関する情報が出ます。

ホームページに掲載される場合もあるので、チェックしておきましょう。

Jリーグのクラブ以外は求人サイト、ハローワーク、チームのホームページなどで案内を募集しているところがあります。

実際調べると求人が出てきます。

求人票を見ると経験不問と記載されているところもありますが、ラインセンスを持っていた方が採用はされやすいでしょう。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらも大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

実況・解説者・ピッチリポーター

実況・解説者・ピッチリポーター

実況や解説者は、テレビやラジオ、インターネットなどのスポーツ中継で試合の状況をリアルタイムで伝える職業です。

実況はサッカーを中継するテレビ局や、ラジオ局に所属している場合が多いですが、独立してフリーランスとして活躍している人も多くいます。

ただし実況になるには、アナウンサーとしてテレビ局やラジオ局に採用された方しか、難しいでしょう。

また解説者も、サッカー選手として一定以上の成績を残した方しかできない仕事です。

したがって、一般的な方が就くには難しい仕事です。

カメラマン

カメラマン

カメラマンは、サッカーの特徴的なシーンを写真撮影する仕事です。

また試合だけでなく、サッカー用品や選手の顔写真など、さまざまなカメラマンがいます。

カメラマンになるには学歴や資格はありません。

専門学校に通って写真史や理論を学んだり、自分で技術や表現方法を学んで活躍している方などさまざまです。

一般的には大学や短大、専門学校を卒業後、新聞社、出版社、スタジオに採用されアシスタント後、サッカーなどのカメラマンとして働きます。

その後フリーランスとして活躍していくなど、さまざまな働き方があります。

また、さまざまな写真賞などに公募し、評価されてプロとして活躍する方もいます。

写真撮影+スポーツが好きな方におすすめの職業です。

サッカー雑誌

サッカー雑誌

サッカー雑誌の編集者は、サッカーに関する記事を書いたり、考察する仕事です。

サッカー雑誌は複数ありますが、求人は大手出版社がほとんどです。

目当てのサッカー雑誌の出版社で働くとなると、相当な経験と文章力、独特な視点が必要になります。

一部、欠員が出た際にホームページや求人サイト、雑誌に掲載されます。

大手出版社に就職して、他の分野でスキルを磨きながら転職するか、アルバイトなどからコツコツスキルを上げて採用される方もいます。

現代的な可能性で言えば、SNSなどで多くのフォロワーがいる場合、文章力や視点が評価されコラムなどを書ける可能性もあります。

編集者ではなくライターであれば、アウトソーシングサイト(クラウドワークス など)を利用してみるの手だと思います。

個人ブログなどが多いですが、1文字1円程度の単価が一般的です。

まれにサッカー関連の記事募集などあるので、登録して応募を待つという方法があります。

記事の質が高ければ、ライターとしての立場も上がりメディア等で記事を書ける可能性もあります。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

広告代理店

広告代理店

広告代理店はサッカークラブやJリーグと新聞社、テレビ局、ラジオ局、雑誌、Webメディアを仲介する仕事です。

かんたんに言えば、Jリーグクラブなどにおすすめの企業を紹介する仕事。

企業側には「Jリーグチームに広告を出すとこんなメリットがあるよ」的なことを仲介します。

例を挙げると、サッカー中継中に映るスタジアム広告などは、代理店が仲介した広告も含まれています。

大手からマイナーなところまであり、新卒の採用も人気な業界です。

広告代理店業界は、実力社会で中途採用や転職も多くあります。

新卒や転職で目指すなら、このようなサイトをこまめにチェックすることが必要になります。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

ユーチューバー

ユーチューバー

あまり説明はいりませんが、子供のなりたい職業ランキング1位のユーチューバーです。

サッカーの下手な私でもたまに見て楽しんでいます。

今から参入するとなると、戦略や知名度も大切と感じます。

プロサッカー選手も始めるぐらいなので、稼げるようになるまでは、相当な覚悟と戦略が必要です。

ただし映像をまとめて独自の解説を行うなど、人と違った切り口があれば有名になれる可能性もあります。

動画をまとめたYouTubeなどもあるので、必ずサッカーがうまくなければできない仕事ではありません。

eスポーツ

eスポーツ

現代ではサッカーをプレーするだけが仕事ではありません。

ゲームのウイニングイレブンや、FIFAなどをプレーして収入を得ている方もいます。

プロとして活動している方や、会社員のかたわら、副業ゲーマーとして活躍している方など様々です。

eスポーツの日本代表があるように今後、より市場規模が拡大していくと言われています。

実際のサッカーがうまくなくても、ゲームの世界では才能があるかもしれません。

オリンピックの種目に含まれる可能性もある、夢のある職業です。

日本サッカー協会

日本サッカー協会

日本サッカー協会は、日本サッカー界を統括し代表する国際競技連盟です。

サッカー競技の普及や振興を目的として、国民の健康に寄与することを目的としています。

仕事内容は、多岐に渡るのでかんたんに説明するは難しいですが、日本のサッカー技術の向上、地位向上、サッカーを通して国民の幸福度を上げるなど崇高な目的があります。

採用されるには、学歴、社会的な常識はもちろんのこと、情熱、外国語を話せるなど多岐にわたります。

「サラリーマン的なスキル」と「サッカーへの情熱」が必要な仕事です。

過去には転職サイトや、求人情報が掲載されていました。

サッカー経験者なら、サッカー経験を仕事に生かせる可能性もあります。

またスポーツ業界専門の転職サイトもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

サッカーゲーム制作

サッカーゲーム制作

サッカーゲームを制作することで、サッカーに関わることができます。

サッカーゲームと言っても多岐にわたりますが、一般ゲームからアプリまであります。

プログラミングのスキルは必須になりますが、技術を身につければ誰でもつける仕事です。

専門的な知識を身につければ新規採用から転職まで、さまざまな道があります。

スポンサー

スポンサー

スポンサーとしてサッカーと関わる方法があります。

ただし、サッカーに関する仕事からは、少し離れるかもしれません。

サッカー関連の会社に就職すると、接する機会があるかもしれません。

フットサルコート・サッカーコート

フットサルコート・サッカーコート

フットサルコートや、サッカーコートを運営することを仕事にしている方もいます。

ただし、サッカーだけではなく、さまざまな事業を運営する中でサッカーコートなども運営しているようです。

ネットで調べると、フットサルコートを開業して収益を上げるまでをコンサルタントしてくれる会社もあります。

サッカーコートやフットサルコートを作って、サッカーに貢献したい方に向いている仕事です。

ただし経営者になるので、お金と総合的なマネージメント力が必要です。

旅行会社

旅行会社

サッカー観戦専門の旅行会社に就職する方法があります。

数が少ないので就職するのは難しいですが、ホームページや転職サイトを確認することで、就職できる可能性があります。

また大手旅行会社でもサッカー観戦ツアーなどあるので、旅行会社に就職することでサッカーに関われる可能性があります。

こちらは、サッカー以外の旅行にも関われるので、旅行が好きな方に向いている仕事です。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

フットサル

フットサル

Jリーガーと並んで、Fリーガー(フットサルのプロ)もあります。

ただし、こちらは「Fリーガーの年収」によると、平均年収は125万円という結果に。

Jリーガーに比べると、金銭環境はかなり厳しくなります。

フットサル人口は増えていますが、プロとして生活をしていくのは大変な状況です。

また、運営スタッフなどもいるので、フットサルに関わる仕事もあります。

ビーチサッカー

ビーチサッカー

ビーチサッカーは、サッカーの一種で砂浜で行います。

オーバーヘッドキックなどのダイナミック、アクロバティックでスピーディーなプレーが特徴のサッカーです。

試合中は音楽が流れていて、エンターテイメント性にあふれているので、一般的なサッカーとは少し違います。

人口は少ないですが、プロとして活躍している方もいます。

人口が少ないからこそチャンスがあるかもしれません。

FIFA

FIFA

FIFAはサッカー国際連盟のことで、世界のサッカーを統括している連盟です。

FIFAワールドカップや、FIFA女子サッカーワールドカップを主催しています。

そこでは多くの方が働いています。

募集は、公式サイトで応募しているようです。

職種は複数ありますが、資格は必要ありません。

ただし、どの業種も豊富な経験が必要で、一般の方が応募するのはハードルが高そうです。

英語はもちろんのこと、スペイン語も必要になります。

FIFAだけでなく、AFCやUEFAも同じようにかなり厳しい採用基準です。

ただし少ない人数ですが、働いている日本人もいるようです。

女性が関われるサッカーの仕事

女性が関われるサッカーの仕事

基本的には、ここで紹介した仕事は女性でも就ける仕事です。

むしろサッカークラブチームの広報などであれば、女性を多く採用しているクラブもあります。

男女雇用機会均等法で男女平等の時代ですから、「女性だからあきらめるのではなく」好きこそ積極的にアピールすることで、チャンスが広がります。

むしろ女性らしい気配りや、女性特有の感などが仕事に生きる可能性もあります。

「女性だから」「男性だから」ではなく、チャレンジしていきましょう。

サッカーに関係した仕事に就職する方法

サッカーに関係した仕事に就職する方法

ここからは、サッカーに関連した仕事に就職する方法をみていきましょう。

ポイントは以下の3つです。

  1. ライセンス
  2. 転職サイト
  3. サッカーへの情熱と深い知識

①ライセンスの取得

サッカーを教える仕事を目指すのであれば、ライセンスの習得は必須です。

求人を見ると、ラインセンス不問の求人もありましたが、信頼性を高めるならライセンスは必須です。

また中学生や高校生など、よりハイレベルな選手を教えるならB級ライセンスの取得は必須です。

逆に考えるとライセンスがあると、採用される確率が上がります。

B級以上になれば、取得のハードルは上がりますが・・。

②求人サイト

運営部門や関連会社、スポーツショップ、メーカーなどを目指すのあれば、求人サイトや新規採用をめざすのがおすすめです。

転職サイトによっては、非公開求人やスポーツ経験者のみ応募できる求人もあります。

したがって、スポーツ専門の求人サイトに登録してみるのも一つの手です。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

アスリートエージェント
スポーツ経験者なら求人、就職支援実績豊富なこちらがおすすめ。スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

スポナビキャリア
こちらもスポーツ経験者におすすめの転職サイト。コンサルタントは全員体育会出身で、スポーツをしてきた経験を仕事に生かせます。

リクナビNEXT
こちらは大手転職サイト。豊富な求人でサッカー関連の求人もあります。登録して求人を見てみましょう

③深い知識

全く求人がない職種については、専門性を高めていくしかありません。

初めはバイトほどの給料しか得られないかもしれませんが、専門的な知識や経験が増えると仕事として成り立ちます。

なるのは厳しいですが、経験や知識が高まれば唯一無二の存在になります。

特に指導者やトレーナーで有名な方でも初めは、無名です。

コツコツ取り組むことで、数年後、数十年後は有名な存在になるかもしれません。

【まとめ】サッカーに関係した仕事

サッカーに関連した仕事について解説しました。

やはり人気のスポーツだけ合って、職種は無限大と言っても過言ではありません。

ただし人気の職種については、倍率も高く資格など必要です。

ですが失敗しても、コツコツ行動していた方が最終的に成功する業界です。

気になる職種について、調べることから初めてコツコツ行動しましょう。

今から少しづつ動くことで将来が変わってきますよ。