草野球選手におすすめのスパイク10選【選び方や注意点も解説】

こんにちは、たっけーです。

野球ってそろえる道具も多いし、出費が多くて大変。でも無駄な買い物はしたくないなあ。
そんなあなたに本記事がおすすめ。

本記事では、おすすめのスパイクに絞って紹介していきます。

草野球を始めたけど種類が多すぎて、おすすめのスパイクが分かりません。スパイクを選ぶ際の基準やポイントを教えてください。

こういった悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • 草野球初心者におすすめのスパイク
  • スパイクを選ぶ際の基準、選び方、注意点(規定)

本記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが書いています。
現在も草野球をしているので参考なると思います。

信頼性向上のため

アマゾンランキングや楽天ランキングを交えて紹介していきます。

会社等関係なく個人サイトなので、そんたくなくスパイクを紹介していきます。

本記事を読むことによって

おすすめのスパイク。
スパイクを選ぶ際のポイントや、注意点、基準が分かる内容になっています。

スパイクを買う際の1番大事なことは、
買う前にはいてみることです。

ネットで購入

ということがよくあると思います。

野球のスパイクも同じです。

スパイクは、革や合成樹脂でできているので普段の靴より固いです。
より自分の足にフィットするものをおすすめします。

安くおすすめのスパイクを買う方法

がおすすめです。
店に同じスパイクが無い場合は、同じメーカーのスパイクでOK。

それでは本題にはいっていきます。

おすすめのスパイク3選

結論 

初心者がスパイクを買うなら5000円~10000円のポイントスパイクを買うべき

※理由は後で説明します。

おすすめはこちら

【SSK】エスエスケイ ポイントスパイク

3つ紹介しましたが、試しばきしてから購入しましょう。

3点のスパイクを紹介しましたが、なぜ上記のスパイクなのか説明します。

野球のスパイクはどうして必要なのか

そもそもスパイクの役割は

グリップ力の向上です
グリップ力が増える

早く走れる
止まる力が強くなる

動きのパフォーマンスが上がる

踏ん張る力が強くなるので

球が投げやすくなる(球速、コントロールUP)

踏ん張る力が強くなるので

バッティングの際(飛距離、ミート力UP)

総合的なパフォーマンスの向上。
怪我の防止(足首や膝、腰)。
スパイクは、パフォーマンスに直結するのでとても大切です。

スパイクを選ぶ際の基準は

基本的に普段の靴を選ぶ際と同じでOK。
はきごこち、サイズ、値段、デザイン(色)等です。

ですが、
普段の靴と違う、パフォーマンスに直結する基準を紹介していきます。

基準は

  • 機能性(ポイントスパイク、金具スパイク)
  • 値段
  • デザイン(色)

の3点です。

詳しく見ていきます。

機能性

野球のスパイクは大まかに分けて、ポイントスパイクと金具スパイクの2種類です。
※アップシューズは、練習用の靴で最初から買う必要はありません。

大きな違いはソール(靴の裏)の違いです。

ポイントスパイクと金具スパイクの違い

ポイントスパイク金具スパイク
価格安い高い
グリップ力低い高い
安全性安全危険
足の疲れ具合低い高い
重さ軽い重い
グラウンドが土の場合普通良い
グラウンドが天然芝の場合普通良い
グラウンドが人口芝の場合普通使いづらい

ポイントスパイクの特徴

ポイントスパイク

ソール(靴の裏)に樹脂製のイボがついています。
イボイボがグリップ力を高めています。

ポイントのメリットは、安さと安全、負担の少なさです
はきごごちもいいし、どんなグラウンドでも使えるので初心者なら間違いなくポイントです。

最近では、カープの菊池選手がポイントのスパイクを使って大きな注目を集めました。
≫SSK「スターライナー」菊池選手インタビュー

デメリットは

金属スパイクに比べるとグリップ力が弱い
最近は、機能性も金具スパイクに近くなってきている印象です。

金具スパイクの特徴

金属スパイク

ソール(靴の裏)のイボイボが金属製になっている。

金具スパイクの特徴は

圧倒的なグリップ力です。
金属の歯が土にめり込むので、とにかくグリップ力が高いです。
歩いた感触も独特で気持ちいいです。

注意点

①金具スパイク禁止のグラウンドがある。
人工芝や天然芝のグランドで野球をやる場合は、特に注意。

金具スパイクが使えるグラウンドか確認しましょう。
いろいろなグラウンドで使う場合は、ポイントスパイクがおすすめ。

②ソールが金属なので相手に怪我(特にスライディング)をさせてしまうことがある。

アイススケートの歯が靴の裏についているようなイメージです。
プレーの際、注意が必要です。

③ポイントに比べると、足や膝に負担がかかる
金属のため膝、腰、足首への突き上げ感が強いです。

デザイン

デザインも意外と大切ですね。

かっこいい道具はモチベーションや、やる気の向上にもつながりますから、自分の好きなデザインを選びましょう。

注意点

草野球の大会によって、スパイクの色に規定がある場合があります。
「チーム全員同じ」、「黒または白」というように決まっている大会があります。

大会に出ているようなチームに入る(入っている)場合は、色に注意しましょう。

特に「規定がない」、「練習試合だけ」という場合は、自分が「いいな」と思うようなデザインにしましょう。

値段

冒頭でも説明した通り5000円~100,00円の間の商品をおすすめします。

なぜかというと

  • 耐久性がある
  • グリップ力がある
  • フィット感がある
  • デザインがかっこいい

4つの条件を満たしている、最低条件が5000円~100,00円の値段です。

まとめると

5000円~10000円のポイントスパイクがおすすめ。

予算に余裕があるなら、機能性(重さやフィット感)が高いスパイクでも問題はありません。

ただ高ければいいスパイクではないので、自分の足に合うスパイクにしましょう。

おすすめのスパイクを紹介

おすすめのスパイクを紹介

売れ筋ランキングはこちらです

おすすめスパイク10選

まとめ

最後にもう一度確認すると

  • 買う前に必ず1度はいてみる
  • おすすめは5000円から10000円のポイントスパイク
  • どうしても金具スパイクが欲しい場合は、グランドのルールを確認する
  • 自分が好きなデザインのスパイクを買う(大会に出る際は色に注意する)

以上に注意しながらスパイクを選んでいきましょう。

野球ライフの参考になったらさいわいです。

関連記事 »野球用スパイクのお手入れの仕方【めんどくさい人にもおすすめ】

関連記事 »【初心者必見】初めての野球グローブの選び方

最後まで読んでいただきありがとうございました。