阪神タイガースファンにおすすめのクレジットカード3選【理由も詳しく解説】

この記事で分かること

阪神タイガースに関するクレジットカード3種類の比較

  • JCBタイガースカード(一般カード)
  • JCBタイガースカード(ゴールドカード)
  • 阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード

以上の3種類のカード機能と特典、デメリットを解説します。

たっけー
この記事を書いている私は野球歴30年で、JCBタイガースカードを持っています。野球好きの視点、使用者の視点からタイプ別におすすめのクレジットカードを解説します。
どのカードに入ったらいいか分からない方必見の内容となっていますので、ぜひチェックしてみてください。

記事の前半では、クレジットカード機能についての比較、後半は阪神ファン向けの特典について解説しています。

それでは、本題に入ります。

クレジットカード機能に関する3種類のカード比較

阪神タイガースに関するクレジットカードは、以下の3種類です。

JCBタイガースカード(一般)JCBタイガースカード(ゴールド)阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード
JCBタイガースカード(一般) JCBタイガースカード(ゴールド)阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード
ブランドJCBJCBJCB
年会費本人会員2,200円(税込)本人会員11,825円(税込)1,650円(税込)初年度無料
家族会員440円(税込)1人無料・2人目より1人につき1,100円(税込)1,650円(税込)初年度無料
入会条件18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人(学生も可)20歳以上で安定継続収入のある方18歳以上で、本人または配偶者に安定収入がある方。または高校生を除く18歳以上の学生
旅行傷害保険(国内・海外)なし海外最高1億円
国内最高5,000万円
なし
ショッピングカード保険海外最高100万円海外・国内最高500万円海外最高100万円まで
国内なし
ETCカード
QUICPAY
全てのカードで年会費がかかり、ブランドはJCBです。
クレジット機能についてお得な部分は少ないですが、阪神タイガースファンにとってはどのカードもお得な要素があります。

カード内容を深堀しつつ、項目ごとに詳しく比べていきます。

【JCBタイガースカード】会員限定特典あり

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード

年会費

全てのカードで年会費がかかりますが、JCBタイガースについてはキャンペーン期間中(2021年4月1日~2022年3月31日)に入会すると、キャッシュバックされるので実質1年目の年会費はありません。

また阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードについても、初年度年会費が無料になります。

したがってどのカードも初年度の年会費は無料になります。

入会条件

基本的な入会条件は、全てのカードで同じです。
18歳以上の方で、本人または配偶者に一定の収入があることが条件になります。

JCBタイガースカードの、ゴールド会員のみ資格条件が厳しくなっています。

旅行傷害保険

旅行傷害保険とは、旅行中に事故やケガ、盗難などの被害にあった場合に保証してくれる保険です。

この保証はJCBタイガースカードのゴールド会員のみになります。したがってゴールド会員以外は、海外旅行に行く時に使うカードとしては、適していません。

またブランドもJCBなので、そもそも海外旅行では、使いづらいかもです。海外旅行ではVISAやMastercardがおすすめですので、この記事で紹介するカードは向いていません。

「阪神戦をお得にみるためのカード」「2枚目、3枚目のクレジットカード」といったイメージです。

ショッピングカード保険

【ショッピングカード保険】
カードで購入した品物が破損や盗難にあった際に保証される保険です。

JCBタイガースカード(一般)と阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードでは、海外での買い物100万円まで。JCBタイガースカード(ゴールド)では、海外、国内500万円まで補償されます。

海外や国内で多くの買い物をする方はゴールド会員がおすすめですが、買い物をする機会が少ない一般的な方であれば、JCBタイガースカード(一般カード)または阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードで十分です。

付属サービス

全てのカードでETCカード、QUICPAY、家族カードが追加可能です。

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードは、1年間に1回以上、PiTaPaの交通機能、ショッピング機能を使わないと、PiTaPa維持管理費(1,100円)がかかります。PiTaPaの機能を使う予定がない場合は、おおすすめできません。

阪神タイガースに関する特典の比較

阪神タイガースに関する特典の比較

ここからは、阪神タイガースに関する特典やメリットを説明します。

JCBタイガースカードの基本情報

JCBタイガースカードには、2種類のカードがあります。ちなみにJCBタイガースカードの他に、セリーグは球団ごとにクレジットカードがあります。

例えばヤクルトならJCBスワローズカードという名称になります。

一般カードゴールドカード
JCBタイガースカード(一般) JCBタイガースカード(ゴールド)
ブランドJCBJCB
年会費本人会員2,200円(税込)本人会員11,825円(税込)
家族会員440円(税込)1人無料・2人目より1人につき1,100円(税込)
入会条件18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人(学生も可)20歳以上で安定継続収入のある方
旅行傷害保険(国内・海外)なし海外最高1億円
国内最高5,000万円
ショッピングカード保険海外最高100万円海外・国内最高500万円
ETCカード
QUICPAY
発行スピード最短3営業日

JCBタイガースカードの最大のメリットは、先行チケット販売と抽選で当たるサイン色紙、ファン感謝デーへの招待でしょう。

【ポイント】
特にJCBカード枠による先行チケット販売が大きな利点です。手に入りずらい阪神戦のチケットが優先的に購入可能です。他球団の主催試合も購入可能。またJCBカードのチケット購入手数料は、330円(税込)です。他のプレイガイドの手数料(550~880円)より安いので、チケットを4枚ほど買うと年会費の元をとることが可能です。

その他のカードとしての特典は低く、カード特典の機能なら阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードの方が多くの使い道があります。

したがってJCBタイガースカードは、阪神の主催試合の先行販売チケットを手に入れたい方におすすめです。また他球団(巨人以外のセリーグ)の主催試合のチケット先行販売にも申し込めます。サイン色紙やファン感謝デーのチケットについては、運が良ければ当たるといったぐらいでしょう。

【JCBタイガースカード】会員限定特典あり

特典を深堀します。

JCBタイガースカードの特典

JCBタイガースカードでは以下のような特典があります。

  1. 入会費キャッシュバックキャンペーン
  2. 先行チケット販売
  3. 公式戦またはJCB協賛試合に抽選で招待
  4. 球団選手直筆サイン色紙プレゼント
  5. 球団主催のイベント(ファン感謝デーなど)に抽選で招待

特典①入会費キャッシュバックキャンペーン

2021年4月1日(木)~2022年3月31日(木)の期間に 入会申し込みで、キャッシュバックされます。この期間中に入会すると、実質年会費がかからなくなります。

特典②先行チケット販売

JCBタイガースカードには、会員向けのチケットが用意されています。取り扱い枚数に制限がありますが優先的にチケットがとれます。

阪神は人気球団でチケットもなかなかとれませんし、貴重な席をとれる可能性もありますのでお得ですね。

先ほども説明した通り、阪神の主催試合だけでなく他球団(巨人を除くセリーグ)の試合も購入可能です。例えばベイスターズの先行販売に阪神戦が含まれていれば、購入可能で横浜スタジアムの阪神戦も観戦できます。

ちなみに2021年はコロナの影響もあり先行チケット販売の発売状況が大幅に変更になっています。購入できるチケットはE+公式サイトで確認できます。

特典③公式戦またはJCB協賛試合に抽選でご招待

毎年5月16日~翌年5月15日の期間中にJCBセントラルリーグオフィシャルカードを合計12万円(税込)以上利用された方のなかから、抽選で各球団の公式戦またはJCB協賛試合に招待されます。

公共料金の支払いや買い物をクレジットカードで行えば、それほど難しくありません。抽選ですが試合を観戦できるかもしれないので、嬉しい特典です。

特典④球団選手直筆サイン色紙プレゼント

毎年5月16日~翌年5月15日の期間中にJCBセントラルリーグオフィシャルカードを合計12万円(税込)以上利用された方のなかから、抽選でサイン色紙をプレゼント!

またゴールド会員なら当選確率が2倍になります。
もしかしたら、佐藤や藤浪のサイン色紙が当たるかもしれません。

有名選手のサインが手に入ると考えると、入会したくなりますね。

特典⑤球団主催のイベント(ファン感謝デーなど)に抽選で招待

ファンなら参加したい球団主催のイベント(ファン感謝デーなど)に抽選で当たると、参加することができます。

阪神のファン感謝祭は、なかなか当たらないイベントですので、少しでも当たる確率が上がるなら嬉しいですね。

一般会員とゴールド会員の違い

以下の点が上げられます。

  • 旅行傷害保険の額
  • ショッピング保険の額
  • 公式戦のチケットプレゼントの当選確率が2倍
  • サイン色紙の当選確率が2倍

ゴールド会員の方がいずれも手厚くなっています。

最後にJCBタイガースカードについてまとめると、「特別な枠が設けてあるチケット先行販売に申し込める」ことが最大の特典になります。お得に阪神戦を観戦したい方は、以下をタップして公式サイトから登録してみてください。

【JCBタイガースカード】会員限定特典あり

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードの基本情報

次に阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードについて詳しく解説します。

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード
阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード
ブランドJCB
年会費1,650円(税込)初年度無料
家族会員1,650円(税込)初年度無料
入会条件18歳以上で、本人または配偶者に安定収入がある方。または高校生を除く18歳以上の学生
旅行傷害保険(国内・海外)なし
ショッピングカード保険海外最高100万円まで
国内なし
ETCカード
QUICPAY

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードは株式会社阪急、阪神カードが発行するSTACIAカードの中の1枚です。

クレジット機能の他に共通で以下の機能がついています。

  • PiTaPaによる決済
  • ポイント還元システム
  • 各種優待特典

この共通の機能の他に、阪神ファンには嬉しい特典がついています。

カードに入会したからといって、阪神の試合を必ず見にいけるわけではありません。しかしSポイントで阪神戦のチケットと交換することもできるので、うまく使うとお得に使えます。

また阪神タイガースのグッズを買う方は、ポイントが多くつくのでお得に感じるかもしれません。

ずばり阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードをおすすめする方は、関西圏に住んでいて、電車やバスによく乗る、阪神、阪急のデパートで多くの買い物をする、甲子園で野球を観戦する方におすすめのカードです。

こちらのカードの方がカードとしての特典が多いので、関西圏に住んでいる方はお得になります。他にもSTACIAポイントのSポイントをためることによって、そのポイントをショッピングや施設の優待として使うことも可能です。

生活面では阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードの方がお得が多いカードです。

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード

特典について深堀します。

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードの特典

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードでは、以下のような特典があります。

  1. 入会記念オリジナルグッズプレゼント
  2. 阪神タイガース公式戦チケットが毎試合抽選でプレゼント
  3. 阪神タイガース公式戦観戦ペアチケットが当たる
  4. タイガースショップでのカード利用でSポイント10倍

特典①入会記念オリジナルグッズプレゼント

入会した方全員に、STACIA特製のオリジナルハンドタオルがもらえます。入会月の翌月に登録した住所へ発送されます。

特典②阪神タイガース公式戦チケットが毎試合抽選でプレゼント

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードの会員限定で、阪神甲子園球場で開催される阪神タイガース公式戦観戦チケットを毎試合2組(4名)様に抽選でプレゼントされます。

特典③阪神タイガース公式戦観戦ペアチケットが当たる

毎年3月16日~7月15日、11月16日~翌年3月15日の各4か月間を対象に、クレジットカードの利用額合計金額50,000円を1口として抽選を行います。それぞれ100組200名に、阪神甲子園球場で開催される、阪神タイガース公式戦アルプス席の観戦ペアチケットが当たります。

1年に2回観戦チケットが当たる可能性があります。カードでの支払い金額が多くなると、試合観戦できる確率が上がります。

特典④タイガースショップでのカード利用でSポイント10倍

阪神甲子園球場内タイガースショップ(一部店舗を除く)・入場券売り場、タイガースショップアルプスでの支払いに阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードを利用すると、基本ポイントの10倍(利用金額の5%相当)のSポイントが進呈されます。

※入場券は、プロ野球の試合のみ利用できます。

年間3万円以上阪神タイガースグッズをクレジットカードで購入すると、年会費の元がとれます。

甲子園に行って試合を観戦する場合は、お得になるので必ず持っていたいカードですね。

阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード

メリットばかり説明しましたが、デメリットもあります。

全てのカードに共通するデメリット

全てのカードに共通するデメリット

全てのカードにデメリットがあります。
以下は共通のデメリットです。

  • 2年目以降年会費がかかる
  • 旅行傷害保険が付帯しない(JCBタイガースカードゴールドを除く)
  • ブランドがJCBしか選べない

このようなデメリットがあります。
しかし阪神タイガースの試合をお得に観戦するためのカードと考えると、デメリットも気にならなくなります。

・年会費はチケット購入(販売手数料が安い)で元がとれる
・旅行傷害保険は、違うカードの保険を使う
・チケットをとるためのカードなので、ブランドは関係ない

このように考え、2枚目、3枚目のクレジットカードと考えるとよいかと思います。

【まとめ】阪神タイガースに関するクレジットカード3種類を徹底比較

阪神タイガースに関するクレジットカードについて詳しく説明してきました。

かんたんにもう一度まとめると
どうしてもシーズンチケットを手に入れたい方→JCBタイガースカード

【JCBタイガースカード】会員限定特典あり

関西圏に住んでいる方で、阪神ファンで電車やバスに乗る、デパートで買い物をする方は阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカードがおすすめです。

阪神ファンであれば2種類持っていてもいいかなと思います。

ぜひ本記事を参考にしてみてください。