プロ野球合同トライアウトと入団テストの違いとは?開催方式、合格者まとめ

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・2020年プロ野球合同トライアウトの概要(日程や放送予定、内容、開催意義)について知りたい
・2020年プロ野球合同トライアウトの参加資格や参加者、合格者が知りたい

このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 2020年プロ野球合同トライアウトの概要(日程、放送予定、内容、存在意義)
  • 2020年プロ野球合同トライアウトの参加資格や参加者一覧
  • 過去のプロ野球合同トライアウト合格者

以上をそれぞれ解説します。

本記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します
現在もネット配信やCS、BS放送で毎日野球観戦しています

NPB公式情報、ネットの情報、動画配信サービスの内容を総合的にまとめました

本記事を読むと2020年プロ野球合同トライアウトの概要、ライブ配信の有無、トライアウトの開催意義が分かる内容となっています。

またFAや自由契約、参加資格なども説明しますので、ぜひチェックしてみてください。

それでは、さっそく本題に入ります。

プロ野球合同トライアウトとは

プロ野球合同トライアウトとは

12球団合同トライアウトは、日本野球機構(NPB)に所属する全12球団が合同で行う自由契約選手を対象としたトライアウトです。2001年から開始されています。

速い話、言葉が悪いですが、解雇した選手を違う球団が品定めする場です。

従来は、各球団がバラバラに入団テストを行っていました。しかし日本シリーズやCSに進む球団とそうでない球団で編成スケジュールの公平性に欠けるため、選手会の要請で合同で行われるようになりました。

しかしトライアウトのみで合否が決まるわけではなく、その後に球団の個別テストを受けて契約されることもあります。

ここら辺は合同トライアウトの存在意義にもなりますが、自由競争等の法律にも関わってくるので問題のあるイベントともいえそうです。

一般のファンも見学できるので、多くのファンが詰めかけテレビでも放送されるようになったことで、より注目の集まるイベントになっています。

2020年のトライアウト概要

日本野球機構(NPB)からの公式ニュースは、ありませんでした。

2019年の公式発表は以下のとおりでした。
»2019年プロ野球合同トライアウト概要

2020年の公式ニュースはありませんでしたが、ネット情報は以下のとおりです。

【開催日時】

2020年12月7日(月)10時から開催

【開催場所】

非公開(放送を見ると神宮球場で開催)

2020年は、非公開で行われるようです。例年ですと、スタンドでの観戦が可能でした。今年はネット、CS放送で観戦可能です。

【ネット、テレビ中継】

プロ野球合同トライアウトの放送予定

【フジテレビONE】
日程:2020年12月7日(月)
10時~15時(再放送18時~23時)

ネット配信「フジテレビONEsmart」、CS放送「フジテレビONE」で視聴可能です。

・スマホやPCで見る→フジテレビONEsmartに登録(月額1,000円)
・テレビ(CS放送)で見る→スカパー(月額1,100円+390円)加入月無料

※地上波でのライブ中継は、予定されていません。

関連する番組は、後日放送されます。

【地上波TV放送①】
日程:12月29日(火)23:10~
TBS:戦力外通告クビを宣告された男達
【地上波TV放送②】
日程:12月12日(土)16:30~17:30
TBS:新庄剛志48歳本気の挑戦に密着

映像ではありませんが、文字で当日の内容を知りたい方は»スポナビより
全選手の試合内容が分かります。

【参加資格】

プロ球団から戦力外通告を受け、自由契約選手となった選手が参加可能です。年齢制限などは無し。今年は新庄選手の参加が、話題になっています。

新庄選手以外にも、過去に自由契約となった選手も参加しています。

【今季の戦力外通告の流れ】
11月2日(月)から日本シリーズ終了翌日までに通告される

自由契約選手が12月2日(水)に公示

トライアウト

終了後から入団交渉が解禁

»2020年の自由契約選手一覧はこちらから

参加しない選手は、移籍先がある程度決まっているか、引退のどちらかです。

テスト方式

以前はシーズンに2回開催でしたが、2015年から1回限りの実施となりました。テスト方式も雨で中止になった場合は、室内練習場で行うこともありました。

雨で中止とはならずに、室内練習場で行うのは公平性に欠けるとも言われています。守備や走塁が売りの選手に厳しい条件ですね。

テスト方式は以下のとおりです。

  1. ウォーミングアップ、シートノック
  2. シート打撃方式でテスト

ウォーミングアップ、シートノック後、シート打撃方式でテストを行います。

投手は1人につき打者3人、打者は1人につき投手7人と対戦。2020年、打者は4打席でした。

カウントは0-0から行われたり、時間の都合上1-1から行われたり、3アウト制でなかったり等様々です。2020年は、0アウト1ボール1ストライクから開始されました。

関係者の要望があれば、ランナーをつけることもあります。完全な試合ではないので、ケースによって色々なパターンがあります。

トライアウトを見てみると、結構アバウトで緩いルールで行っています。審判がいなかったり守備の選手が少ないこともあるので、成績もヒット性のあたりぐらいのイメージで行っています。

トライアウト後の選手獲得方法

参加した選手に興味を示した球団は、一定期間内に翌年の契約や入団テストへの招待を電話で通知しています。

よくテレビで出てくる場面ですね。2018年までは開催日から1週間以内に通知していたようですが、2019年からは開催日から5日以内に短縮しています。

また翌年の初頭や春季キャンプ中の入団テストを経て、獲得する場合もあります。

なぜプロ野球合同トライアウトが大切なのか

文字通りプロ野球選手が、現役続行への最後の望みをかける場になります。また独立リーグ、社会人野球、他の一般企業関係者も観戦に訪れます。

そのためセカンドキャリアを決めるうえでも、近年は重要なイベントになっています。

テレビでも取り上げられ、注目度も毎年上がっているイベントです。参加する選手、家族を追いかけるバースデーも有名になりました。

トライアウトについては「トライアウト前に結果が決まっている」と言われることもありますが、選手は一生懸命プレーしています。球団にとっても、最後の確認といった意味なのでしょうか。

そして「トライアウトは儀式化されていて、意味がない」と言った意見もありますが、選手の区切りや心の整理の場として最後の真剣勝負が与えられていると思います。

最後まで必死な選手を応援したいですね。

ここからは、合同トライアウトの疑問について話します。

2020年度の参加者

巨人

  • 田原誠次
  • 高井俊
  • 山上信吾
  • 宮國椋丞
  • 藤岡貴裕
  • 広畑塁
  • 小山翔平
  • 吉川大幾
  • 折下光輝
  • 村上海斗
  • 加藤脩平

阪神

  • 福永春吾
  • 高野圭佑
  • 伊藤隼太

中日

  • 小熊凌祐
  • 伊藤準規
  • 大藏彰人

DeNA

  • 濱矢廣大
  • 古村徹
  • 飛雄馬

広島

  • 藤井皓哉
  • 平岡敬人

ヤクルト

  • 山田大樹
  • 風張蓮:横浜が支配下で獲得
  • 田川賢吾
  • 近藤一樹
  • ジュリアス
  • 藤井亮太
  • 田代将太郎

ソフトバンク

  • 小澤怜史:ヤクルトが育成で獲得
  • 野澤佑斗
  • 渡辺健史
  • 松田遼馬
  • 堀内汰門
  • 大本将吾
  • 田城飛翔:オリックス育成
  • 日暮矢麻人

ロッテ

  • 内竜也
  • 渡邉啓太

西武

  • 野田昇吾
  • 永江恭平

楽天

  • 由規
  • 木村敏靖
  • 山下斐紹:中日が育成で獲得
  • 松本京志郎
  • フェルナンド
  • 耀飛
  • 中村和希

日本ハム

  • 宮台康平:ヤクルトが支配下で獲得
  • 吉田侑樹

オリックス

  • 東明大貴
  • 白崎浩之

今季NPB所属以外の参加選手

  • 坂田将人(元ソフトバンク)
  • 山本雅士(元中日)
  • 新庄剛志(元日本ハム)
  • 田上健一(元阪神)

プロ野球合同トライアウト歴代合格者

プロ野球選手として契約した選手です。

他にも社会人野球や、独立リーグに進んだ選手もいます。

過去のトライアウト合格者
選手名年齢前所属再契約先
2019卓丸22楽天巨人(育成)
田中豊樹25日本ハム巨人(育成)
森越祐人31阪神西武
2018中井大介28巨人横浜
リャオ・リンレイ25巨人西武
山下亜文22ソフトバンク巨人(育成)
成瀬善久33ヤクルトオリックス
2017田代将太郎27西武ヤクルト
山崎憲晴30横浜阪神
武藤佑太28中日横浜
2016榎本葵24楽天ヤクルト
柴田講平30阪神ロッテ
久保裕也36横浜楽天
2015山内壮馬30中日楽天
金伏ウーゴ28ヤクルト巨人
鵜久森淳志30日本ハムヤクルト
白根尚貴22ソフトバンク横浜

自由契約とFAの違い

かんたんに説明にします。

選手の権利→FA宣言
球団から宣告→自由契約

FAとはプロ野球球団に所属する選手で一定の年数に達すると、選手自身の選択で他の球団に移籍することができます。

自由契約とは、球団の判断で「来期の契約を結ばない」と言われた選手のことです。

たっけー
全く別物ということですね
勘違いしやすいのは、メージャーリーグと比べた時ですね。メジャーリーグでは契約が切れた選手を、FA選手と呼びます。したがって球団が契約を結ばないといった選手と、契約満了等で自らの意思でFAになるのと同じ扱いになります。

そして、日本ではFA宣言しないといけませんが、メジャーリーグではFA宣言がありません。
厳密に言うとメジャーリーグでもいろいろ違いがあります。

FAについて詳しく知りたい方は、»プロ野球のFAとはをご覧ください

プロ野球合同トライアウトと入団テストの違い

プロ野球合同トライアウトは、プロ野球選手で自由契約となった選手が対象です。ですので元プロ野球選手しか参加できません。

これに対して、入団テストは8月~9月にかけて、プロ野球の各球団が実施します。参加資格、選考基準は、各球団ごとに違います。

一例でオリックスの入団テストの参加資格です。

  • 18歳から24歳
  • 大学か高校卒業見込みで、プロ志望届提出者
  • 社会人、クラブチーム在籍者で、チームの許可を得ている
  • 硬式野球経験者、男性

かんたんに言うと、18歳から24歳の男性で硬式野球経験者なら誰でも参加できます。

ちなみにテスト基準は、以下のとおりです。

【1次テスト】
50m走→6.3秒以内、遠投95m以上
【2次テスト】
実技、実践形式(ブルペン投球、シートノック)

少し話がそれましたが、このようになっています。

どの選手にも頑張ってほしい

ほとんどの選手が最後のプロ野球になりますから、最後まで応援したいですね。

トライアウトの放送は、ネット配信の「フジテレビONEsmart」、テレビはCS放送の「フジテレビONE」で放送されます。

テレビでみる方は、以下の番組が後日放送されます。

【地上波TV放送①】
日程:12月29日(火)23:10~
TBS:戦力外通告クビを宣告された男達
【地上波TV放送②】
日程:12月12日(土)16:30~17:30
TBS:新庄剛志48歳本気の挑戦に密着

地上波で見る方は、こちらを忘れずに視聴しましょう。

今年のプロ野球は、ほぼ終わりですが12月17日にNPBアワードの表彰式があります。JSPORTSで放送されるので、チェックしたいですね。

»プロ野球の表彰式(NPB AWADS)の概要、予想はこちらをご覧ください