【必見】野球のWARについて超分かりやすく解説【目安と計算方法は?】

こんにちはたっけーです。

悩んでいる人
・野球の「WAR」って何?
・WARの読み方は?
・WARの算出方法は?
・どのくらいの数値だとすごいの?
・2020年のWARランキングが知りたい

このような疑問を解決していきます。

本記事の内容

  • 野球のWARとは何か?なぜWARが大切なのか?
  • WARの基準や算出方法
  • 2020年のWARランキング、2019年のランキング、過去の名選手のWAR
  • WARの問題点

以上の内容をそれぞれ解説します。

本記事の信頼性

野球歴30年のたっけーが解説します。
現在も毎日野球観戦しています。

ネット情報、本、データを総合的にまとめて記事を作成しました。

この記事を読むと、野球におけるWARとはどんな成績を表しているのか分かります。

かんたに「野球のWARって何?」ってところから、難しい計算方法や過去のランキングの話もしますので、ぜひチェックしてみてください。

それではさっそく本題に入りましょう。

野球におけるWARとは?

野球におけるWARとは

WAR(Wins Above Replacement)の略。
ウィンズ アボーブ リプレイスメント

読み方は「ワー」、「ウォー」
「わら、わり(笑)」じゃないですよ(^^)/

読み方は、聞こえ方によって変わるので、完璧な正解はないですね。

セイバーメトリクスによる打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標です。

セイバーメトリクス(数値の指標)とは、その選手がチームの勝ちに対してどれだけ貢献したかを測る指標。「勝ちに貢献」が大切で、従来の成績(打率や勝ち数)では「チームの勝ち」との関連が低いため、セイバーメトリクスが近年注目されています。

※セイバーメトリクスが分からないという方は「セイバーメトリクスの基本」をご覧ください。

悩んでいる人
なんか難しそうですね

WARをかんたんに説明すると、チームの控え選手に比べて、「1年間で何勝分貢献したのか」を測る指標です。

控え選手は、「2軍からすぐに昇格させたりできる」「年俸が最低水準の選手」のことをいいます。

数値が高ければ、優秀な選手ということです。
数値の目安は後ほど説明します。

【例】
「WARが+2」だと、その選手が出場すると「控え選手が出場するより、チームが2勝分多く勝てた」ということです。

ちなみに-(マイナス)も存在していて、マイナスになるとその選手が出場すると、2勝分の勝ちを逃したことになります。

WARの特徴と大切な理由

WARが大切な理由は、2点あります。

  1. 誰でもかんたんに、優秀な選手が分かる
  2. ポジションの違う選手を、比べることができる

詳しくみていきましょう

①誰でもかんたんに、優秀な選手が分かる

選手の優秀さが誰でも分かります。

仮に全く野球が分からない人でも、WARの数値を比べることによって、選手の能力を知ることができます。

また選手のチームへの本当の貢献度が分かります。3割5分打った打者でも、守備面のマイナスが大きければWARの数字は低くなり、チームへの貢献度が低い選手とみなされます。

②ポジションの違う選手を、比べることができる

投手と野手は、従来の成績では同じ土俵で測ることは難しかったのですが、さまざまな要素(数値の補正)を追加することによって、WARで同時に評価できるようになりました。

たっけー
「菅野と丸」や「千賀と柳田」のように、異なるポジションの選手を比べる事ができます

誰でもかんたんに、選手の能力が分かるようになりました。

WARの計算方法

WAR=攻撃指標+走塁指標+守備指標+投手指標
悩んでいる人
これも難しそうですね

かんたんに言えば、全ての能力を数値化して足した数字ですね。

たっけー
パワプロの能力値のイメージです。能力ごとに数値化して、その数字を全部足します。

数値の補正

全ての選手を比べるために、守備位置によって補正を行います。以下は、日本のデータ会社DELTAが公表しているポジションごとの補正値です。

例えば捕手として150試合に出場すると、+18.1点の補正が得られることになります。

守備位置 補正値
捕手   +18.1
一塁手  -14.1
二塁手  +3.4
三塁手  -4.8
遊撃手  +10.3
左翼手  -12.0
中堅手  +4.2
右翼手  -5.0
指名打者 -15.1

この他にも球場や走塁、打撃などあらゆる数値を補正します。

【例】具体的な計算方法

例えば打撃の評価では、wOBAという指標が使われ以下の計算式で求められます。

【wOBA】
wOBA = {0.69×(四球-敬遠)+0.73×死球+0.92×失策出塁+0.87×単打+1.29×二塁打+1.74×三塁打+2.07×本塁打}÷(打数 + 四球 – 敬遠 + 犠飛 + 死球)

マジ意味不明ですよね。
打撃だけでも、この他にいくつもあります。

またこのような算出方法ですが、実際の細かい算出方法が定義されているわけではありません。
数値もデータ会社や個人によって変わります。したがって、こんな感じと思うぐらいでちょうどいいです。ここから先は相当な勉強と、知識が必要な分野になります。

細かい計算式は、WAR計算式をご覧ください。

ちなみに日本のデータ会社で有名なのは、DELTAデータスタジアムBaseball Geeksの3社です。

他にも色々な数値がありますので、気になる方は「セイバーメトリクス用語集」をどうぞ

WARの基準(目安)

数値は、データ会社やサイトによって変わります。
目安として、覚えておくのがイイです。

ちなみにWARは、データ会社が公表している数値になります。
NPB(日本野球機構)の公式データはありません。

「数値が高ければよい選手」で、逆に低い選手は「貢献度が低い」ということになります。

WAR
MVP級6.0
オールスター級5.0
レギュラー級2.0
代替レベル(控え)級0
2軍クラス0未満

WARが2あれば、平均的なレギュラー野手、投手ということになります。仮にWARが0ならその選手は「代替可能(控え)」なレベルになります。

マイナスの選手が出塁していたら、WARからみると育成目的と言えそうです。

後程ランキングも紹介しますが「主力選手=WARが高い」ということで、ほぼ間違いありません。

WARは本当に正しいのか?問題点は?

WARの問題点

いろいろ説明してきましたが

悩んでいる人
WARってほんとうに信頼できるの?

こういった質問に、答えていきたいと思います。

WARに関する論文をみつけたので、掲載しておきます。

”従来の評価指標との比較によるセイバーメトリクスの有効性に関する考察”

【要約】
チームの投手陣の平均WARと、野手のレギュラー選手の個人WARを合わせたものを合計したものをチーム全体のWARとし、勝利関係との相関関係を調べた。その結果0.92という相関関係を示した。1に近いほど相関関係があり、0に近いほど相関関係がない。
まとめると、チーム全体のWARが高いほど、勝利が多くなるというデータです。

また本でも説明されています。
分かりやすい本で、おすすめです。

以上のことからもWARは、「ある程度、信頼できる数値」ということが分かります。

WARの問題点

悩んでいる人
ある程度信頼できる数値であることは、分かったけど
・問題点はないの?
・100%信用していいの?

ここからは、こんな疑問に答えていきます。
実際、問題点もあります。

問題点は3点で、以下のとおりです。

  1. 打撃面で優れていても、守備が悪いとWARの評価が低くなる
  2. 投手(特に中継ぎ、抑え)の評価が低い
  3. 補正数値に課題がある

①全ての数値がよくないと評価されない

打撃が良くても守備や走塁が悪いと、WARの評価が低くなる。

全ての面で高いレベルで優れていないと、いい評価を受けません。
【例】
バレンティンや山川選手は、打撃で物凄い数値をだす反面、守備での数値が悪くWARの評価が低いです。

1芸に優れた選手は、評価されない指標になっています。チームへの貢献度と考えると、数値と実際の活躍の差を感じます。

②投手(特に中継ぎ、抑え)の評価が低い

投手(特に中継ぎや抑え)が低く評価されることが多く、野手とのバランスがとれていません。

原因は試合登板数が少ないことですが、現代野球において中継ぎや抑えは、重要な役割でもっと評価されてもいいはずです。

2017年のサファテ投手は防御率1.09、54SでWARが3.6というのはあまりにも低すぎます。

投手(特に中継ぎ、抑え)の成績がWARで評価されにくいことは、詳しい人でも意見が分かれるところです。

中継ぎや先発は現代野球では重要な役割を担っています。詳しくは»現代野球におけるリリーフ投手(中継ぎ、抑え)の役割で解説しているのでよかったらご覧ください。

③補正数値に問題がある

球場やポジションごとに数字を足したり、引いたりしています。この数字が合っているか、分かりません。

ちまたに出回っている数字は、データ会社が独自に出している数値です。

NPBから、公式データは出ていませんので「100%合っている」と思うのは、危険です。個人的には「プロ野球を楽しむ一つの要素」と思うくらいでちょうどいいです。

ここからは、WARに関するランキングをみていきましょう。

WARに関するランキング

WARに関するランキング

【最新】WARランキング

現在のWARランキングは、こちらのサイトに詳しくのっています

ESSENCE of BASEALL

ここからは昨年(2019)年と歴代のWAR記録を紹介します。

【2020年】WARランキング

セ・パ両リーグ

順位名前WAR
1柳田悠岐8.4
2坂本勇人5.8
3浅村栄斗5.7
4青木宣親5.4
5岡本和真5.4
6村上宗隆5.3
7近本光司5.2
8鈴木誠也5.2
9丸佳浩4.9
10源田壮亮4.8
11梶谷隆之4.8
12マーティン4.1
13外崎修汰3.9
14近藤健介3.8
15吉田正尚3.6
16西川遥輝3.6
17大山悠輔3.3
18菊池涼介3.3
19小深田大翔3.2
20大島洋平3.1

歴代WARランキング

こちらは歴代のシーズンランキングです。

順位名前WAR
1山田哲人(2015)12.9
2長嶋茂雄(1961)12.8
3王貞治(1973)12.3
4長嶋茂雄(1963)11.9
9長嶋茂雄(1959)11.2

ここからは、打率や防御率、勝ち数でシーズンMVPが決まるので、WARとの関連性を調べてみました。

WARの数値と印象の違い

WARが「控え選手に比べて、その選手がどれだけ活躍したか?」を表す指標だといってきましたが、

「数値と印象の違いは?」
「数値が高い選手がMVPに選ばれているの?」

ということで過去6年間のMVP選手と、WARの数値を比べてみたいと思います。
比べる際は「WARの基準」も合わせてみていただくと、分かりやすいです。

パリーグ

選手名チームポジション打率or防御率成績WAR
2019森友哉西武捕手.32923本塁打7.8
2018山川穂高西武内野手.28147本塁打5.4
2017サファテソフトバンク投手1.092勝2敗54S3.6
2016大谷翔平日本ハム投手1.86(投手成績のみ)10勝4敗10.3
2015柳田悠岐ソフトバンク外野手.36334本塁打10.5
2014金子千尋オリックス投手1.9816勝5敗7.4

セリーグ

選手名チームポジション打率or防御率成績WAR
2019坂本勇人巨人内野手.31240本塁打7.2
2018丸佳浩広島外野手.30639本塁打7.5
2017丸佳浩広島外野手.30823本塁打9.2
2016新井貴浩広島内野手.30019本塁打2.7
2015山田哲人ヤクルト内野手.32938本塁打12.2
2014菅野智之巨人投手2.2312勝5敗5.1

MVPとWARの関係をみてみました。

2017年のサファテと2016年の新井は、WARがだいぶ低い結果になっています。
基準でみてもオールスター級からスタメンクラスレベルです。

このようにみると、WARでは抑え投手の評価が低いことと、守備面のマイナスが大きいようです。

2020年度のタイトル表彰者は»プロ野球の表彰式(NPB AWADS)の概要、表彰者、予想は?で紹介しています。

イチローのWAR

日本最高のバッターと言われる、イチロー選手のWARです。

1位 9.2 イチロー(2004年/マリナーズ/30歳)
2位 7.7 イチロー(2001年/マリナーズ/27歳)
3位 5.8 イチロー(2007年/マリナーズ/33歳)
4位 5.6 イチロー(2003年/マリナーズ/29歳)
5位 5.4 イチロー(2008年/マリナーズ/34歳)

こんな感じで2004年の成績は凄まじいですが、「全体的には評価が低いのでは」と思ったりします。セイバーメトリクスでは、単打が評価されないことに、関係がありそうです。

「数値では測れないすごさ」があると思っています。

まあ参考程度なのであしからず。

勝手に天才打者のランキングをプロ野球の歴代最高打率TOP10と天才打者ランキングでまとめています。昔の選手を成績とともに振り返っています。

WARを知って野球をもっと楽しもう

WARとはチームの控え選手に比べて、「1年間で何勝分勝ちに貢献したのか」を測る指標です。

セイバーメトリクスの考え方も大切ですが、数字に表れない選手の気持ちや貢献度も大切です。

大きな声やキャプテンシー等はセイバーメトリクスでは、測れません。こういったことも、チームの勝利に貢献しているのではないでしょうか。

したがってセイバーメトリクスで、全てが決まると思ってはいけません。セイバーメトリクスに注目しつつ、数値に表れない成績に注目してみるのもいいかもしれません。

自分なりの野球の楽しみ方が見つかるといいですよね。
野球ライフの参考になればと思います。

他にもセイバーメトリクスには多くの指標があります。【保存版】セイバーメトリクス指標一覧【基本から分かりやすく解説】で分かりやすくまとめているのでよかったらご覧ください。