高校野球で白スパイク、白グローブ解禁!規定と理由、選手の感想は?

こんにちはたっけーです。

高校野球の公式戦を見ていると、白いスパイク、白いグローブを使っている高校が増えました。

そこで

悩んでいる人
・白色スパイクが使えるようになった理由は?
・詳しい規定が知りたい。
・ポイントスパイクの使用は、可能?
・選手やネットの反応が知りたい
・白いグローブの規定、導入理由は?
・白色スパイクの売れ筋商品を知りたい

このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 白色スパイクが使えるようになった理由
  • 今まで黒色スパイクしか使えなかった理由
  • 詳しい規定と変更点
  • 使ってみた選手の感想、ネットの反応
  • 白グローブの規定、導入理由
  • 白スパイクのデメリット、メリット
  • 白スパイクの売れ筋商品ランキング

以上をそれぞれ解説します。

本記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します

本記事は、日本高校野球連盟、ネット、楽天、アマゾンの情報をもとに作られています。

信頼性向上のため各サイトのURLも貼っておきます。気になったところは、クリック(タップ)してみてください。

本記事を読むことによって、なぜ白色のスパイク、グローブが解禁されたのか。高野連の規定。選手の感想。白スパイクの売れ筋商品が分かる内容となっています。

選手目線と観戦者目線で解説していきます。

前半はスパイクについて、後半はグローブについて解説します。

それでは、さっそく本題に入ります。

高校野球での白色スパイク導入の理由

白スパイク導入の理由

熱中症対策

熱中症対策として、白色のスパイクが使えることになりました。

異常な夏の暑さを考えると「少しでも暑さを軽減させよう」ということです。

実際、メーカーの調査でも黒色のスパイクに比べ、白色スパイクは内部表面温度ともに10度近く低くなっていたという。

日本の暑さは年ごとに挙がっている印象があるので、今後は白スパイクが主流になっていくのは、間違いなさそうです。

ここからは、詳しく規定をみていきましょう。

スパイクについての規定

全てのスパイクが、高校野球で使えるわけではありません。白スパイクについて規定(ルール)があります。

スパイクの表面の色に関する部分のみです。

高校野球連盟のホームページには、以下のとおり記載されています。

<甲被>(表面)

商標
・商標はベロ部に1箇所のみ入れることが可能であるが、その大きさは(縦)3センチ×(横)5センチ以内とする。
・靴底部には 10 平方センチ以内の大きさで1箇所表示することができる。その色は靴底と同系色とする。

■カラーおよび、その他
<甲被>
・表面カラーはブラックまたはホワイト一色とする。
・表面がブラックの場合、エナメル及び光沢のある素材は使用できない。
ただし、天然皮革素材の自然な光沢感は可とする。
・表面がホワイトの場合、履口およびベロ裏のカラーは防汚のためブラック・シルバーの使用を可とする。
・校名・校章・氏名・番号などの表記はできない。

<ライン>
・ラインを両サイドにそれぞれ1箇所、本体と同色で入れることができる。
ライン部の表現方法は、本体素材と同一素材あるいは異素材による取り付け、型押し加工、プリント等を認めるが、光沢あるラインは認めない。

<靴底>
・甲被カラーがブラックの場合
靴底本体のカラーはブラックを基調とし、その他に使用できるカラーはホワイト・ゴールド・シルバーとする。ただし、その面積は 50%を超えてはならない。(レッド・ブルー・グリーンなどの際立った配色は使用できない。)
・甲被カラーがホワイトの場合
靴底本体のカラーはホワイト・ブラック・シルバーを基調とし、その他に使用できるカラーはホワイト・ブラック・ゴールド・シルバーとする。
ただし、その面積は 50%を超えてはならない。(レッド・ブルー・グリーンなどの際立った配色は使用できない。)
・靴底のクッション材(ミッドソール)カラーは、甲被のカラーと同色とする。
・革底の場合、靴底の本体カラーはブラックに加え、ブラウン系も使用できる。

※ なお、チーム内での甲被カラーのホワイト、ブラックの混在については、2年間(2020 年、2021 年)は可とする(指導者も 含めて)。チーム内で統一するか否かについては、2022 年シーズンへ向け 2021 年度中に検討することとする。

引用 »高校野球用具の使用制限

要約すると

  • スパイクの表面は、白か黒の単色のみ
  • 履口とベロ裏はブラックorシルバーはOK
  • ベロのロゴはOK
  • 白スパイクの場合、靴底はブラック、ホワイト、シルバーをメインにする
  • 2021年まではチームで指示がなければ、各自、白か黒を選べる。2022年からは、統一する可能性がある

また監督・コーチ、部長も選手同様に黒、白のスパイクは使用可能です。だだし審判は黒のみとなります。

ちなみにトレーニングシューズについても規定がありますが、スパイクとほぼ同じと、とらえて間違いないです。

ポイントスパイクについての規定はないので、ポイントスパイクの使用は可能です。
※念のため各自、確認をお願いします。

詳しい疑問や規定は»高校野球用具の使用制限をご覧ください。

白スパイクを使った選手の感想

選手の感想を紹介します。

選手
・黒色のスパイクは熱を持つが、白色は涼しい感覚があった
・もう黒色のスパイクに戻れない
・白色は、スパイクの中が涼しく感じる
・蒸れなくてよい

など好印象の意見が多く聞かれた。

選手にとっても熱中症を予防でき、視聴者も涼しく感じることができたので、これからは白スパイクが増えてきそうです。

実際、秋の大会では、白色スパイクのチームが多かった気がします。色もチームで統一されていました。

黒色スパイクしか使えなかった理由

理由は定かではないが

  • アメリカから伝わった時に黒色だった
  • 昔は技術が未発達で黒色しか作れなかった
  • 所説ある

「ほんとか」と思うような理由ばかりですが、「伝統」や「イメージ」でずっと続いてきたのでしょう。

これからは、スパイク以外も徐々に変わっていきそうですね。

個人的に、リストバンドの使用は認めてもいいのかなと思います。目を守る意味でもサングラスや、アイブラックの使用率が上がればと思います。

白スパイクのデメリット

デメリットと呼べるものは、ほとんどないかなと思いました。

しいてあげるなら「汚れが目立つ」ぐらいでしょうか。

ネットでの評判

ネットでの評判ですが、好意的な意見がある一方、ダサいといった意見も少なからずありました。

他にも

  • 白スパイクは変
  • アップシューズにしかみえない
  • 足が長く見える

等さまざまな意見がありました。ダサいと思っている方は、見慣れないからと思いますが、皆さんの意見はどうでしょうか?

今後は、白スパイクが増えて「黒スパイクの方が珍しい」といった状況になるのではないでしょうか。

ここからはグローブについて解説していきます。

高校野球での白色グローブの導入

白色グローブの導入

白色のグローブは厳密には白ではなく、ブロンドと呼ばれるクリーム色のことです。

高校野球連盟は白いグローブの使用を禁止しているが、ブロンドはブラウン系の新色として認可され、8月から各メーカーで販売が開始されました。

詳しい規定は、以下のとおりです。

<カラー> ※投手用・捕手用・野手用 共通
・本体カラーは、ブラウン系、オレンジ系、ブラックとする。(指掛けも含む)

引用»高校野球用具の使用制限

ブラウン系に含まれているようです。ただ今回の規定変更について、高野連の道具の規定には詳しく記載されていません。グローブを購入する際は、店員さんに聞いた方がよさそうです。

ネットで買う際も「高校野球対応モデル」と記載されているグローブを買いましょう。

公式戦でも使っている選手がちらほらいました。今後はもっと増えていきそうです。

白スパイク、白グローブのレビューランキングと販売サイト

白スパイク、白グローブのレビューと販売サイト

売れ筋ではなくレビューです。すいません。

ここからは、白スパイク、白グローブのレビューランキングを紹介します。

高校生がスパイク、グローブを買う際は、必ず高校野球対応モデルを購入してください。

  • 分からないことがあったら、お店の人に聞く
  • ネットで注文する場合は、サイズやはきごこちを確かめるため、店で試しばきする

以上の2点に注意してスパイク、グローブを購入しましょう。

【白色スパイク】
・楽天»レビュー評価ランキング
・アマゾン»レビュー評価ランキング
※黒色、高校野球未対応のスパイクも含まれているので、注意してください。

ゼビオでも掘り出し品があるので気になる方は、»ゼビオでスパイクを探すをご覧ください。

グローブに関しては、商品が少ないのでグローブの販売ページに飛びます。

【白色グローブ】
楽天»販売販売ページにいく
アマゾン»販売ページにいく

ゼビオでも掘り出し品があるので気になる方は、»ゼビオでグローブを探すをご覧ください。

かっこいい道具を使って高校野球を楽しもう

見た目もよく選手の評判もいいことから、今後使用率は増えていくでしょう。

かっこいい道具を使うとモチベーションも上がるので、野球の上達につながりますよね。この機会に新しいスパイクやグローブを買ってみては、いかがでしょうか?

レビューや販売サイトをもう一度確認したい方は、»スパイク、グローブの購入をクリックしてください。

見る側としては、違和感もあったりしますが時間が解決しそうです。

野球ライフの参考になればと思います。

スパイク、グローブについて分かったところで、技術も高めていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。