WRC世界ラリーの視聴方法(配信・テレビ放送まとめ)

悩んでいる人
・WRCのライブ中継を無料ネット配信、テレビ放送で見る方法が知りたい!
・WRCを見逃し配信で見る方法が知りたい!
・WRCを配信しているサービスの違いが知りたい!

このような疑問を解決します。

WRCと言えば、市街地や雪道の走行など、他のモータースポーツにない魅力がありますよね。

筆者も大好きなモータースポーツの一つです。

本記事ではWRCを無料ネット配信・テレビ放送・見逃し配信で見る方法、サービスの違いなどをまとめています。

14日間無料で解約も可能!

WRC世界ラリーの視聴方法(配信・テレビ放送まとめ)

WRC世界ラリーの視聴方法(配信・テレビ放送まとめ)

WRC中継は、非常に多くのサービスで見ることができます。

そのため、一覧でまとめています。
※右にスクロールできます。

料金無料期間配信内容見逃し特徴
Red Bull TV無料ハイライト配信ありアクセスするだけ
解説は英語
J SPORTSオンデマンド
(Amazonプライム)
2,178円14日間DAY1+ライブステージ
DAY2
パワーステージ
あり無料視聴可能
YouTube無料ダイジェスト
一部シェイクダウン
ありアクセスするだけ
J SPORTSオンデマンド
(公式サイト)
1,980円なしDAY1+ライブステージ
DAY2
パワーステージ
ありスーパーGT
スーパーフォーミュラなども見放題
WRC+月額:1,280円
年間:12,800円
なし全てのステージあり公式サイト
全て英語

多くのサービスで見ることができますが、無料配信で視聴する方法は限られています。

無料視聴できるのは、実質以下の3つ

Red Bull TVはハイライト動画
公式YouTubeチャンネルはシェイクダウンのみ。

したがって、DAY1、DAY2、SS、パワーステージ全てがっつり見たい方は、J SPORTSオンデマンドをAmazonプライム(14日間無料・月額2,178円)から登録するのがいいでしょう。

日本語解説もあり分かりやすいです。

サービスを紹介しながら、配信内容を解説していきます。

【ハイライト無料】Red Bull TV

Red Bull TV
https://www.redbull.com/
料金無料
無料期間
配信内容ライブ配信
ハイライト
見逃しあり
特徴公式サイトにアクセスするだけ
解説は英語のみ

Red Bull TVは、レッドブルが運営している動画配信サービスです。

2022年のWRCは、全レースを無料ハイライトライブ配信しています。

ただし、解説は英語のみになります。
英語が分からない方は、聞きづらいかしれません。

利用方法は、シンプルで公式サイトにアクセスすると視聴できます。
WRCを無料で視聴できますが、英語が分からない方は使いづらいです。

またサイトも使いづらいです。

【無料】J SPORTSオンデマンド(Amazonプライム)

料金2,178円
無料期間14日間無料
配信内容DAY1+ライブステージ
DAY2
SS
PS
見逃し
特徴無料体験期間あり

J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録することで、WRC中継を無料視聴できます。

利用にはAmazonプライム会員(30日間無料・月額500円)とJ SPORTSチャンネル(14日間無料・月額2,178円)が必要になります。

どちらも無料期間の解約が可能。

日本語解説にも対応していて、ライブ配信・見逃し配信ともに無料で視聴できます。

※一部ステージはハイライト。

日本語解説付きで、初心者の方にも分かりやすいです。
まずは無料期間をお試しで利用してみましょう。

14日間無料で解約も可能!

【無料】YouTube

YouTubeのWRC公式サイト、TOYOTAのモータースポーツチャンネルで一部ステージ映像を無料配信しています。

FIA World Rally Championship

こちらはダイジェスト動画と、一部シェイクダウンが無料ライブ配信されています。

全ステージを視聴できるわけではありませんが、ダイジェストなどを無料で見たい方はこちらがおすすめ。

TOYOTA GAZOO Racing

こちらはトヨタのモータスポ―ツチャンネルです。

トヨタ車しかありませんが、ハイライトでサックとレース映像を確認したい方はこちらもおすすめです。

スーパーGTやWECのハイライト動画もあります。

【無料期間なし】WRC+

【無料期間なし】WRC+
https://www.wrc.com/en/
料金月額:1,280円
年間:12,800円
無料期間なし
配信内容DAY1
DAY2
SS
PSなど全て
見逃し
特徴公式サービス
解説は英語のみ

WRC+はWRC公式サービスで、定額料金制です。

無料期間はありませんが、月額料金を払うことで、WRCで行われる全てのステージをライブ配信で楽しむことができます。

また見逃し配信にも対応しているので、後から見返すことも可能。

ただし、サイトは英語のみで解説も英語です。
その分利用しづらいかもしれません。

英語が分かる方にはおすすめですよ。

【無料期間なし】J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

【無料期間なし】J SPORTSオンデマンド(公式サイト)

料金1,980円
無料期間なし
配信内容DAY1+ライブステージ
DAY2
SS
PS
見逃し
特徴オリジナル番組もあり

J SPORTSオンデマンド公式サイトでは、WRCをライブ配信、見逃し配信しています。

無料期間はありませんが、WRC以外のスーパーGT、スーパーフォーミュラ、WECなども見放題になります。

解説も日本語実況で、ダイジェスト番組もあり非常に分かりやすいです。

モータースポーツ=J SPORTSオンデマンドと言っても過言ではありません。

Amazonプライムの無料期間がなくなったら、こちらを利用しましょう。

【加入月無料】J SPORTS(BS放送)

料金2,515円+429円
無料期間加入月無料
※加入月の解約は不可
配信内容DAY1+ライブステージ
DAY2
SS
PS
見逃し再放送あり
特徴BS放送で視聴可能

※上記はスカパーから登録した場合の情報。

J SPORTSではDAY1+ライブステージ、DAY2、パワーステージなどをライブ中継、再放送を行っています。

テレビの大画面でWRCを見たい方は、J SPORTSに登録を行いましょう。

J SPORTSの登録は、加入月無料で料金の安いスカパーがおすすめ。

BS放送が映れば、テレビでWRCを見ることができます。

スカパーの詳細はこちら(加入月無料)

J SPORTSをスカパーから視聴する詳細はJ SPORTS(ジェイスポーツ)を無料で見る方法5選【確実にスポーツが見れます】でまとめています。

地上波テレビ

wrc-net-free-5
https://www.tv-asahi.co.jp/wr/
番組名EXITのモータースポーツ応援宣言
日時毎週日曜
22:55~23:00
チャンネルテレビ朝日
メーテレ
出演者EXIT(りんたろう―、兼近大樹)
柴田阿弥
放送地域東京、神奈川、群馬、茨城、千葉、栃木、埼玉
愛知

地上波テレビでWRCに関する唯一の番組は「EXITのモータスポーツ応援宣言」です。

関東ローカルのため視聴できるのは、関東に住んでいる方のみ。

一部愛知でも視聴可能。

放送時間は5分(CMを含む)です。

かなり短く、WRCが必ず放送されるわけでありません。
とは言え、地上波で唯一見れるWRCの番組です。

NHK-BS(BS放送)

NHK-BSではWRCに関するダイジェスト番組が放送されます。

番組名ダイジェスト番組
日時3月27日23:00~24:40
4月3日11:00~再放送
5月3日8:20~再放送
チャンネルNHK-BS
出演者古賀啓介
豊原謙二郎

NHK-BSではレース終了後、数カ月に1回WRCのダイジェスト番組が放送されます。

1時間以上、数戦をまとめた内容が放送。
2021年は4回放送。

番組は不定期で放送されるため、詳細は不明。
また2021年度は年末に一挙放送。

NHK-BSが見れる方は、ライブ視聴はできませんが、こちらもチェックしておきましょう。

見逃し配信

見逃し配信

WRCについては紹介した全てのサービスで見逃し配信に対応しています。

まずはYouTubeや、Red Bull TVなど無料で利用できる方法から試しましょう。

満足できなければ、J SPORTSオンデマンドをAmazonプライムから登録すれば、J SPORTSをお試しで利用できます。

2022年のWRC(世界ラリー)の概要

2022年のWRCの概要

WRCは今年で開催50周年を迎えます。今シーズンは車両規定が大幅に変更となり、100kWの電気モーターと100%持続可能燃料を使用するエンジンを組み合わせた、ハイブリッド・パワートレインを搭載する全く新しい「ラリー1規定マシン」が誕生しました。

節目の年にハイブリッドマシン誕生という大きな変革を敢行したWRCに多くのモータースポーツファンの注目が集まっています。

J SPORTSでは変革のシーズン初戦のSS1を生中継・ライブ配信し、新たなWRCと現地の雰囲気をみなさまにいち早くお届けいたします。

また、昨シーズン覇者で6連覇を含む通算8度王者に輝いた、セバスチャン・オジェ選手がフル参戦終了を発表したことにより、ドライバーズタイトル争いも例年にない激戦が予想されます。

優勝候補筆頭になるのは、昨シーズンを2位で終えたトヨタのエルフィン・エバンス選手。同僚で参戦2年目のカッレ・ロバンペラ選手、ヒュンダイからは3シーズンぶりに王者を狙うオィット・タナック選手、通算5度の2位獲得ティエリー・ヌービル選手たちも頂点を狙います。

かつてないほどの注目を集める今シーズンですが、伝統のラリー・モンテカルロ(モナコ)から始まり、11月のフォーラムエイト・ラリージャパン2022まで全13戦に渡って世界中のあらゆる道を走破する戦いが繰り広げられます。

新時代に突入するWRCの全戦を今シーズンもJ SPORTSでお楽しみください。

J SPORTS

日程

日程場所
ラウンド11/20(木)~23(日)モンテカルロ
ラウンド22/24(木)~27(日)スウェーデン
ラウンド34/21(木)~24(日)クロアチア
ラウンド45/19(木)~22(日)ポルトガル
ラウンド56/2(木)~5(日)イタリア・サルディーニャ
ラウンド66/23(木)~26(日)サファリ・ケニア
ラウンド77/14(木)~17(日)エストニア
ラウンド88/4(木)~7(日)フィンランド
ラウンド98/18(木)~21(日)イープル・ベルギー
ラウンド109/8(木)~11(日)アクロポリス・ギリシャ
ラウンド119/29(木)~10/2(日)ニュージーランド
ラウンド1210/20(木)~23(日)スペイン
ラウンド1311/10(木)~13(日)日本

【まとめ】WRC世界ラリーの視聴方法(配信・テレビ放送まとめ)

WRCは他の市街地や実際の公道を走るため、他のモータースポーツにはない魅力があります。

車がジャンプ、ドリフトするシーンや雪道を軽快に走るシーンを一度見ると、純粋に「かっこいい」ですよね。

筆者の注目は復活したS・ローブ、勝田貴元。
伝説的なドライバーと日本人ドライバーに注目です。

まずは、動画サービスの無料体験やハイライト動画から視聴してみてはいかがでしょうか?

ハイライト動画は以下のサービスで視聴できます。

実際のレース(ステージ)を生で観戦したい方は、J SPORTSをAmazonプライム(14日間無料)から登録しましょう。

それでは、日ごろのストレスをWRC観戦で吹き飛ばしましょう。
よい週末をお過ごしください。

14日間無料!