【無料あり】都市対抗野球のチケット購入方法を社会人野球好きが解説

悩んでいる人
・2022年の都市対抗野球を見にいきたいけど、チケットの購入方法が分かりません
・都市対抗野球を無料で観戦する方法が知りたい

このような疑問を解決します。

たっけー

この記事を書いている私は、社会人野球好きで毎年、都市対抗野球を東京ドームで観戦しています。

観戦者の目線で詳しくチケットの入手方法について解説します。

本記事を読むと、最新(2022年)の都市対抗野球のチケット購入方法について詳しく分かる内容となっています。

【都市対抗野球関連】
日程や開催方式などは【2022年】都市対抗野球の完全ガイド!この記事を読めば都市対抗の全てが分かるでまとめています。

球場に行けない方はネット中継で都市対抗野球を楽しみましょう。
【2022年】都市対抗野球のテレビ・ネット中継(ライブ)サービスまとめ

それでは、本題に入ります。

【無料あり】都市対抗野球のチケット購入方法

【無料あり】都市対抗野球のチケット購入方法

2022年は、東京ドームの収容人数フルで行われます。
※公式確認済み

都市対抗野球のチケットは主に2種類に分かれます。

  • 無料チケット(各チームから無料で配られる)
  • 有料チケット(野球連盟が販売)

詳細を解説していきます。

無料チケット

都市対抗野球には応援席(チーム券)というものがあり、試合を無料で観戦できます。

2022年も各チームに販売されています。
※公式確認済み

なので、チーム券で都市対抗野球は無料観戦できます。

ただし、コロナの影響によりチームごとに取得方法が異なります。

以前は、試合当日に東京ドーム内にある企業・クラブの応援席ブース受付で無料取得できました。

2022年の全チームを調べるのは不可能でした。

観戦する試合が決まっている場合は、事前にチーム券の配布状況を各チーム公式サイトで確認しましょう。

分からない場合は、電話などで問い合わせた方が無難。

取得の流れや、注意点などを以前の情報を元に解説していきます。

  • チームの特設ブースに並ぶ
  • 応援団(会社)の指示に従う
  • 長蛇の列に並ぶ可能性がある
  • 試合ごとの入れ替え制

チームの特設ブースに並ぶ

無料で観戦するには通常のチケット販売窓口ではなく、企業やクラブチームの応援席ブースの受付にいきます。

当日、東京ドームにいけばブースは分かります。
プロ野球の販売窓口は、有料チケット販売です。

会社やクラブが配っているチケットになりますが、その会社に関係ない人でも入場可能です。

会社によっては、かんたんな氏名の記入や来場理由を書く場合もあります。

関係ない人でも「チームを応援したいので」と言えば、嫌な顔をする係員はいないでしょう。

「有料かも?」と一瞬思ったりしますが、企業やクラブチームの受付に並ぶとお金はかかりません。

会社によって、従業員や後援会に入ってないと入場できない場合もあるので、受付で確認ください。

応援団(会社)の指示に従う

チーム券の場合、応援団(会社)の指示に従わなければなりません。

したがって、席を勝手に移動したり、席の場所を選ぶことができません。

「応援団の目の前」や「吹奏楽の前でうるさすぎる」といったこともありますので、注意ですね。

そんな時は、一旦外に出てもう一度並びなおせば問題ありません。

長蛇の列に並ぶこともある

人気の企業や東京近辺の企業の場合は、行列になることもあります。

入場できないことはありませんが、人気企業や東京近辺の企業の場合は、並ぶことも覚悟して早めに行くことをおすすめします。

また準決勝、決勝あたりはかなりの人が入ります。

長蛇の列で試合が始まっても、入場できないなんてことが以前ありました。

試合ごとの入れ替え制

試合ごとの入れ替え制になります。

1日、1~3試合ありますが、全ての試合を見る場合は一旦外に出て、違う企業の受付に並ばなければなりません。

めんどくさいですが、無料となると文句は言えないですね。

また会社によって、応援グッズやタオル等もらえるのでお得に観戦することができます。

有料チケットの料金と席種

2022年の有料チケット概要は、以下のとおり。

  • 事前申し込み(ネット)と当日券の販売で全席指定
  • 1試合ごとの入れ替え制(1試合のみ観戦できる)
    2試合以上の場合は、試合ごとにチケットが必要
    特別席は通し券あり
  • 来場するには来場者情報の提出が必要

チケットの購入は公式サイトから購入できます。

入場券に関する注意事項

入場券は1試合ごとに必要です。

以前は、チーム券以外1日有効でしたが、2021年より試合ごとにチケットが必要です。

また2020年は前売り発売のみでしたが、2021年より当日券も販売されます。

座席間隔を空けて販売されます。
一般発売の申し込みは、10枚まで指定可能。

e+公式サイトから申し込みできますが、支払い方法、受け取りの仕方によって、手数料がかかるので注意が必要です。

クレジット払い、QRチケットなら手数料がかかりません。

席の値段(1試合の料金)

都市対抗野球の有料チケット(席種)
引用 https://www.jaba.or.jp/93cityopposition/

 

一般スタンダードゴールド
プレミアム席(当日・前売)3,000円3,000円3,000円
特別席S券2,500円2,200円2,000円
特別席券(当日)2,400円2,000円1,600円
特別席券(前売)2,200円1,800円1,400円
都市対抗1日通し券(特別席)前売3,800円3,000円
エキサイトシート5,000円4,000円4,000円
バルコニーA席券(当日)2,200円1,800円1,800円
バルコニーA席券(前売)2,000円1,600円1,600円
バルコニーB席券(当日)2,000円1,600円1,600円
バルコニーB席券(前売)1,800円1,400円1,400円
外野指定席(当日)950円950円950円
外野指定席(前売)850円850円850円
グループボックス席(5人席)23,000円23,000円23,000円
グループボックス席(7人席)29,400円29,400円29,400円
グループボックス席(9人席)36,000円36,00036,000
グループボックス席(10人席)38,000円38,00038,000
グループテラス席(4人席)18,000円18,000円18,000円
グループテラス席(6人席)23,400円23,400円23,400円
グループテラス席(8人席)28,000円28,00028,000
グループシート席10,000円10,000円10,000円

チケットの発売開始は以下の通りです。

ゴールド会員:6月20日18時~
スタンダード会員:6月22日18時~
一般:6月27日10時~

購入はJABA公式サイトから

【まとめ】【無料あり】都市対抗野球のチケット購入方法

都市対抗野球は無料で観戦できるので、飲みながら野球観戦なんて最高です。

無料ですので、1度行ってみることをおすすめします。

【都市対抗野球関連】
日程や開催方式などは【2022年】都市対抗野球の完全ガイド!この記事を読めば都市対抗の全てが分かるでまとめています。

球場に行けない方はネット中継で都市対抗野球を楽しみましょう。
【2022年】都市対抗野球のテレビ・ネット中継(ライブ)サービスまとめ

ぜひご覧ください。