【科学的根拠あり】野球選手が行う球速UPのためのストレッチ5選

こんにちは、たっけーです。

悩んでいる人
・野球選手におすすめのストレッチが知りたい
・球速が上がりません。可動域と球速は、関係がありますか?
・どのくらいの回数や頻度で行えばいいか、知りたい

このような疑問を解決します。

結論から言うと、可動域と球速は関係があります。可動域が広がると、球速が上がります。

特に、股関節、胸郭、胸椎、肩甲骨の柔軟性が大切です。なぜこのようになるのか、実際のストレッチ方法や科学的な根拠を交えて、解説します。

記事の内容

  • 野球選手におすすめのストレッチ
  • なぜ野球選手にストレッチが大切なのか
  • ストレッチを行うタイミングと頻度、回数

以上をそれぞれ解説します。

記事の信頼性

たっけー
野球歴30年のたっけーが解説します
現在も草野球でプレーしています

本記事は、動画や論文、データ、自身の経験を交えて科学的に解説していきます。

本記事を読むと、野球に関するストレッチの考え方、おすすめのストレッチ方法が分かります。

おすすめのストレッチを取り入れて、野球技術の向上を目指しましょう!

それでは、本題に入ります。

なぜ野球選手にストレッチが必要なのか

なぜ野球選手にストレッチが必要なのか

野球選手にストレッチが必要な理由は、以下の2点です。

  1. ケガを防止する
  2. 球速やパフォーマンスが上がる

詳しくみていきましょう。

①ケガを防止する

これについては、ほとんどの方が認識していると思います。

練習前にストレッチを行うことで、ケガの予防につながります。また普段からストレッチを行うことによって、可動域が広がりケガを防止できます。

ケガを防止するためにも、必ずストレッチを行わなければなりません。

②球速が上がる

科学的なデータから可動域が広くなると、球速がアップすることが分かっています。逆に言うと可動域が狭い選手は、球速が出にくいということになります。

単純に体の可動域といってもいろいろありますが、投球において特に重要なのは、以下の2つです。

  • ステップ幅(股関節の柔軟性)
  • 伏臥状態そらし(胸郭、胸椎、肩甲骨の柔軟性)

以上の2つです。

なぜ上記の2つなのか説明します。

ステップ幅(股関節の柔軟性)

ステップ幅が投球速度に影響しています。

ステップ幅と球速に関係がある

投球動作の踏み出し幅の広さが投球の速度および正確性に与える影響より抜粋です。

長いので要約すると

  • 踏み出した足を狭くすると、投球速度が低下する傾向にある
  • 最大の投球速度を記録した踏み出し幅は、身長の 86%、開脚幅の 87%、スパイクでは 6.5 足分

かんたんにまとめると、股関節の可動域が一定以上ないと、投球速度が遅くなる。一定以上の股関節の柔軟性が、野球選手には必要ということです。

後ほどストレッチ方法を紹介します。

伏臥状態そらし(胸郭、胸椎、肩甲骨)

胸郭、胸椎
引用 アレックス脊椎クリニック
【胸郭とは】
胸椎 (きょうつい) ・肋骨 (ろっこつ) および胸骨で囲われた部分です。

ここでは、胸の柔軟性と覚えておくと、いいですね。

胸郭、胸椎の数値を測る、伏臥状態そらしも、球速と関係があると言われています。

野球トレーナーの殖栗さんが、以下のように話しています。

ウエイトトレーニングや瞬発力を鍛えるトレーニングと並んで、伏臥状態そらしも大切です。

関連記事 »球速アップのための筋力トレーニング

投球動作と胸郭の柔軟性

投球動作の例をみると、以下の場面で胸郭、胸椎、肩甲骨の柔軟性が大切です。

投球と胸郭、胸椎、肩甲骨

画像をみていただくと、胸郭、胸椎、肩甲骨の柔軟性の大切さが分かると思います。

野球選手におすすめのストレッチ

野球選手におすすめのストレッチ

大切な個所が分かったところで、股関節、胸郭、胸椎、肩甲骨を広げるストレッチの方法をみていきましょう。

股関節を広げるストレッチ

分かりやすく誰でもできる種目です。私自身もこれを取り入れて、今では地面に頭がつくぐらいまで、できるようになりました。

Mac’s Trainer Roomは、野球専門のトレーニングジムで、プロ野球選手から子供までトレーニングをしているジムです。

Mac股割メソッドとして、股関節のストレッチ方法を紹介しています。

胸郭、胸椎、肩甲骨の可動域を広げるストレッチ

胸郭、胸椎の可動域を広げるストレッチ

塩ビ管がないという方は、アマゾンで売っているヨガリングで代用できそうです。

幅が狭い場合は、2個をつなげるといいですね!

ヨガリング

こういったものを使うと、胸郭と胸椎を伸ばせそうです。

肩甲骨を広げるストレッチ

肩甲骨は、一般的なストレッチを、毎日行うイメージでいいですね。

スリーパーストレッチ

スリーパーストレッチも肩や、肩甲骨の柔軟性につながります。

ブリッジも可動域UPにおすすめ

これはオリックスバファローズのトレーナーさんの投稿です。

ブリッジが球速に関係があると、言っているように感じます。

ブリッジは、胸郭、胸椎、肩甲骨、股関節等、体の総合的な柔軟性が求められます。他のストレッチと合わせて取り組みたい種目ですね。

ストレッチを行う頻度と回数、強度

ストレッチは毎日行うべき

結論から言うと、ストレッチは毎日、むしろまめに行うべき。

東洋経済の要約です。

筋トレについては、毎日行ってはいけませんが、ストレッチは毎日行う必要があります。逆に毎日できない人は、効果が期待できないと思っていた方がいいです。

少しのすき間時間でもコツコツと、取り組む必要があります。

1日の中で行う回数

1日の中でも、こまめに行う必要があります。

仕事や勉強の合間に10分間ストレッチをする。

「動かないと体が硬くなる」と思っていてた方が、いいですね。

実際、私の実感でも、毎日最低30分以上で現状維持。
1時間以上行って、少し可動域が広がるイメージです。

個人的におすすめは、30分のストレッチを朝と夜に分けて行うのがおすすめです。

風呂上りと就寝前はゴールデンタイム

風呂上りと就寝前は、体が温まっているのでおすすすめです。比較的伸びやすいので、効率よくストレッチを行いたい方は、風呂上がりと寝る前がおすすめです。

ストレッチを行う上での注意点

  • 無理をしない
  • いた気持ちいいところで伸ばす
  • 毎日続ける

以上の3点です。詳しくみていきます。

無理をしない

無理やり伸ばしても、つらいだけで続きません。ケガのリスクもあるので、無理をしないで続けましょう。

いた気持ちいところで伸ばす

無理のない範囲とは、「いた気持ちいいところ」です。伸び感を感じて、そこまで辛くないところで行いましょう。

毎日続ける

これが1番大切なことです。

1日、2日では全く効果を得られません。最低でも1か月、長いと1年ぐらい続けて、効果を得るイメージです。

辛いですが、毎日少しづつ行うことが大切です。この記事を読んだ今から、始めることが大切です。

野球上達のために、共に頑張りましょう。

動的(ダイナミック)ストレッチと静的(スタティック)ストレッチの使い分け

どちらも大切です。両方をタイミングよく合わせて、取り組む必要があります。

「ダイナミックストレッチだけやればいい」ということでは、ありません。

動的(ダイナミック)ストレッチ

【動的ストレッチ】
運動前に行うストレッチで、動きながら行うストレッチです。

心拍数を徐々に上げながら、練習や試合にのぞむ準備のために行います。

動的ストレッチを効率よく行うなら、J-band(Jaeger Sports)がおすすめです。胸郭と体幹を連動させて、動きを出しながら、可動域を広げることができます。

2種類あり、伸び具合が違います。動的ストレッチを行うのであれば、大人でもキッズ用(12歳以下)の軽い負荷のバンドでOKです。

上手く出来るようになったら、2種類あると便利です。

購入する際は、負荷に注意してください。

JBAND
引用 https://www.amazon.co.jp/

»J-band(Jaeger Sports)をアマゾンで確認する

静的ストレッチ

【静的ストレッチ】
リラックス効果や可動域を広げるために行うストレッチのことです。

野球選手の場合、静的ストレッチは可動域を広げるための重要なトレーニングです。

可動域を広げて、野球の動きに合わせていく必要があります。

ストレッチを行いパフォーマンスを上げよう

野球選手である以上、ストレッチは、必ず行わなければいけません。

今、ケガや痛みがなく野球ができている方も、体のケアを怠ると野球ができなくなります。ケガをして後悔する前に、しっかりとケアをしましょう。

ケガ防止とパフォーマンスアップのためにも、ストレッチは重要なトレーニングです。

ストレッチは、地味でつらい種目ですが1、2年後の成果が変わります。将来を見据えて、今から取り組みましょう。

ストレッチと合わせて、他のトレーニングも取り組みましょう。

関連記事 »野球技術が上昇するトレーニング20選とコツを紹介

大変な道のりですがコツコツ取り組んでいきましょう。

半年、1年後には、野球が確実にうまくなっていますよ。